【弓道部女子】 主将山口、有終の美を飾る

 10月21日、関西学生女子2部リーグ対佛教大(於・佛教大学弓道場)が行われた。4年生にとっては引退試合となるこの試合。負けはしたものの、全員が一つになれた試合だった。

試合後のコメント
主将・山口恵理子(経4)「試合に出る人も応援する人も仕事をする人も、今出来ることを全部出来た試合だった。(痛めている腕について)痛かったが、自分だけの矢じゃないと思えば頑張れた。4年間やってきて実感したことは、一人では勝てないということ。後輩たちには自分のためだけに弓を引くのではなく、自分の頑張りが仲間の為になることを考えていってほしい」

投稿者 kangaku : 21:54 | コメント (0)

【弓道部男子】 リーグ最終戦勝利

 10月14日に行われた関西学生弓道2部リーグ戦最終節(於・関西学院大学)。関学は関大を相手に両校譲らぬ接戦の末、134対133で勝利を収めた。

投稿者 kangaku : 00:19 | コメント (0)

【弓道部女子】 無念の敗北

 10月14日、関西学生弓道女子2部リーグ対京橘大(於・京都工業繊維大学弓道場)が行われた。序盤、不調が目立った関学。挽回を試みるも、追いつけず43―57で無念の敗北となった。

試合後のコメント
主将・山口恵理子(経4)「今までの試合では、みんなが結果に囚われてしまっていた。勝ちたい気持ちが強すぎて、焦りが出ていたと思う。前回の試合後、思えば思うほど勝利は遠のくということをみんなに伝え、わかりあうことが出来た。今日の試合では前回や前々回より中身のある試合が出来たと思います」

投稿者 kangaku : 19:51 | コメント (0)

【弓道部男子】 大産大を圧倒!

 10月7日、関西学生弓道2部リーグ戦対大産大(於・大阪産業大学弓道場)が行われた。高い集中力を見せた関学は、136―106で見事勝利した。

試合後のコメント
主将・藤本亮(法4)「前回は練習通りの結果が出せたが、今回はさらにチーム力で勝てるようになった。来週のリーグ最終戦は、今日を上回るチーム力で勝ちたい」

前立・大前 松前翔太郎(文3)「仲間の応援のおかげで良い結果を残せました」

投稿者 kangaku : 00:02 | コメント (1)

【弓道部男子】 リーグ戦初白星

 9月30日、関西学生弓道2部リーグ戦対姫獨大(於・姫路獨協大学弓道場)が行われた。終始リードを保った関学は、136―96と姫獨大に大きく差をつけ勝利した。

試合後のコメント
主将・藤本亮(法4)「初めて練習通りの結果が出せた。残りの試合も、相手を意識せず普段通りやっていきたい」
前立・弐的 鷲山一樹(経2)「(全て皆中という好成績について)1週間、『冷静沈着に引く』というテーマを決めてやってきました。今後も、1試合1試合全力で仲間のために引いていきたいです」

投稿者 kangaku : 21:47 | コメント (0)

【弓道部女子】 リーグ連勝!

 9月30日、関学弓道場に於いて行われた関西学生弓道リーグ対大経大戦。関学は序盤からのリードを守りきり、50-48で勝利した。

投稿者 kangaku : 15:37 | コメント (0)

【弓道部男子】 悔しい初戦黒星

 9月16日、関西学生弓道2部リーグ対甲南大(於・関西学院大学弓道場)が行われた。126中の甲南大に対し、関学は120中という結果で惜しくも敗れた。

試合後のコメント
主将・藤本亮(法4)「負けたがへこんでいる場合ではない。集中すればもっと的中が出るはず」

投稿者 kangaku : 19:05 | コメント (0)

【弓道部女子】 初戦、快勝!

 9月16日、関西学生弓道2部リーグ対京工繊大(於・天理大)が行われた。試合は関学57中、京工繊45中という結果で関学が快勝した。

投稿者 kangaku : 19:00 | コメント (0)

【弓道部】 新人戦優勝!!

 4月22日、平成19年度新人戦決勝トーナメントが行われた(於・同志社大学弓道場)。 ベストメンバーで臨んだ関学は実力を見せつけ、88中。立命大と大府大を抑え、見事優勝した。

試合後のコメント
河田裕右(文2)「緊張しましたが、主将や監督の言葉で集中できました。(個人の19中という好成績よりも)全員で88中で優勝できたのが嬉しいです」

中村友聡(商3)「この新人戦優勝の勢いで、これから選手権・全日・リーグ戦をチーム一丸となって頑張っていきます。目指すのは日本一です」

投稿者 kangaku : 21:43 | コメント (0)

【弓道部女子】 1中差で勝利

 10月15日、京都橘大学弓道場にて行われた関西学生2部リーグ戦第4戦。関学は神戸学院大学と対戦し、48対47で勝利した。

 関学勢は前半実力を発揮できず苦戦したものの、後半持ち直し最後は1中差で勝利。4回生は今日が引退試合だったが、有終の美を飾ることが出来た。

試合後のコメント
女子主将・村井真理子(社4)「今日の試合に悔いはなく、4年間やってきて良かったと思えた。同回生や後輩すべてに対して感謝しています」
副将・大江香織(社4)「みんながみんなのために弓を引くことが出来た。今までにない試合が出来たと思う」
高吉恵里華(社2)「全く負ける気がしなかった。この試合のために一年間やってきた気分です」

投稿者 kangaku : 20:26 | コメント (1)

【弓道部男子】 最終戦快勝!!

 10月15日、関西学生弓道2部リーグ対姫路獨協大戦(於・関西学院大学弓道場)が行われた。関学は力の差を見せつけ、126-96で圧勝。リーグ戦2位が確定した。

試合後のコメント
男子主将・永田亮佑(経4)「リーグ戦2位で1部昇格できなかったことは残念です。これで引退となりますが、後輩たちには関学のため、みんなのためという気持ちを持って努力してもらいたいです」

投稿者 kangaku : 18:55 | コメント (1)

【弓道部男子】 1中差で敗北

 10月8日、関西学生弓道2部リーグ第4節対関大戦(於・関西大学弓道場)が行われた。最後まで勝敗のわからない接戦だったが、1中を追いつけず、128-129で惜敗した。

試合後のコメント
男子主将・永田亮祐(経4)「今日の試合、勝敗はやってみないとわからないと思っていました。来週の姫路獨協大には勝ちます。意識を下げずに、力を爆発させて、自分たちとして最高の試合をします。日本一と言えるような結果を出します」

投稿者 kangaku : 18:49 | コメント (1)

【弓道部】 1中差の惜敗

 10月1日、関西学生弓道秋季リーグ対京都橘大戦(於・関西学院大学弓道場)が行われた。
 試合はもつれ、両校58中となり、一手競射での勝敗決定へ。その結果、京都橘大が4中、関学が3中と、わずか1中差で敗れた。

試合後のコメント
 女子主将・村井真理子(社4)「実力は同じぐらい。相手が前半調子を崩してい
たので、油断した部分もあった。道具は鹿の革などを使っているので、雨の中だ
と湿気を含み、影響を受けてしまった。選手はいかにいつも通りにリラックスで
きるか、応援者はいかに選手を信じるか、が大切」

投稿者 kangaku : 15:26 | コメント (1)

【弓道部】 男子団体は予選落ち/全日

 8月18日、愛知県体育館にて全日本学生弓道選手権大会(8月18~20日)が幕を開けた。大会第1日目の今日行われたのは、各大学ごとの的中数で競われる男子団体予選。全国という大舞台で、彼ら本来の実力を発揮できなかった関学は、20射中12中という結果で予選落ちに終わった。翌日には、同ルールで女子団体予選が行われる。

投稿者 kangaku : 21:29 | コメント (1)

【弓道部】 関関戦男子の部でも勝利!

 6月4日、関大弓道場に於いて関関戦前哨戦が行われた。2日目の今日は男子の部の戦いとなり、135-107で昨日同様、関学が圧勝。新人・女子の部で勝ちは決定していたが、男子の部での白星で、関関戦勝利をより確実なものとした。

 初戦は新人の部。伝統ある対校戦とあって、場の雰囲気はひときわ緊張感が漂う。そんな中でも関学は終始冷静に挑み、65―44で関大を下した。続く女子の部も、山口恵理子(経3)を筆頭に着実に的を射抜き、60―42で白星を挙げる。勢いそのままに、翌日の男子の部でも終始リードした試合を展開。前立の落前・中西彬(法3)が全射皆中を決めるなど遺憾なく実力を発揮し、135―107で見事3つ目の勝利を飾る。彼らの射に対する想いが1つとなり、関大に勝ち点を許すことなく見事な完封勝利を収めた。

投稿者 kangaku : 20:44 | コメント (1)

【弓道部】 関関戦勝利!

 6月3日、関学弓道場にて行われた関関戦前哨戦。1日目の今日は、新人の部・65-44、女子の部・42-60で見事圧勝した。翌日の男子の部と合わせ3部のうち、既に2勝を果たした関学は、関関戦勝利を決めた。

投稿者 kangaku : 19:39 | コメント (1)

【弓道部】 新人戦3回戦で敗退

4月9日、新人戦トーナメント3回戦が関西学院大学弓道場に於いて行われた。関西の中でも屈指の実力を誇る立命大との対戦。関学は72射中48中、立命大は54中。惜しくも敗れたが、6中差という接戦に持ち込んだ。

投稿者 kangaku : 00:10 | コメント (0)

【弓道部女子】 2部降格決定

11月6日、同志社大学弓道場で行われた関西1部、2部リーグ入替戦。1部残留をかけて臨んだ関学だったが、関学47中-神院大40中-甲南大56中で甲南大に敗北し、2部降格が決定した。

投稿者 kangaku : 00:03 | コメント (0)

【弓道部男子】 無念の2部降格

 11月6日、立命館大学柊野総合グラウンド弓道場にて秋季リーグ入れ替え戦が行われた。1部最下位で本戦出場となった関学の相手は、2部で1位の甲南大・龍谷大の2校。関学は118中、龍谷大105中、甲南大119中とわずか1中差で競り負け、関学は虚しくも2部降格となった。

 序盤、関学は堂々たる射を見せつけ他を引き離すも、甲南大が徐々にその差を縮めていく。そして迎えた最終回・5立目の後立で、関学はまさかの8中。勝負は甲南大の的中数を待つのみとなった。勢いに乗った甲南大は、最後の的中で逆転を果たし10中で締めくくる。合計で関学118中、龍谷大105中、甲南大119中とわずか1中差で競り負け、関学は虚しくも2部降格となった。これまで部を牽引し、最後に皆中を決めた主将・田中悠(社4)は「本当に悔しいが、来年はきっと後輩たちが1部に上がってくれるはず」と語った。今日を最後に引退となる4年生の思いを受け継いだ後輩たちは、来年、必ずや彼らの居るべき1部という場に、再びのし上がってくれるはずだ。

投稿者 kangaku : 23:58 | コメント (0)

【弓道部男子】 リーグ戦、5位に終える

 10月16日、近畿大学弓道場に於いて行われた関西学生男子1部リーグ、最終戦。関学は近大と対戦し、112-129で敗れた。

 勝てば4位か5位の順位決定戦、負ければ1部と2部の入替戦。負けられない状況下で接戦が続く中、安定した近大を前に力及ばず、差は徐々に開く結果に。また、近大のリーグ優勝を見届ける形となった。
 しかし、この敗北にも収穫があった。最後まで諦めないということ。そして20射中18中の梶川真広(商2)など、これからの選手の台頭である。11月6日に行われる入替戦には、主将の田中悠(社4)も「普段の力を出して集大成を見せたい」と気合十分。関学が誇る美しい射形を見せつけ、1部の舞台に立ち続ける。

投稿者 kangaku : 18:32 | コメント (0)

【弓道部】 秋季リーグ、またも黒星

 10月9日に関学弓道場で行われた関西学生1部リーグ戦第4節。男子は立命大と対戦し、128-134で敗れた。
 一方女子は近大と対戦し、51-62で敗れた。

 これまで男子は2戦2敗、女子は3戦3敗と、共に最下位で連敗続きの関学。
 男子は序盤、次々と的を捕らえていく立命大に対し、関学は調子が上がらない。だが主将・田中悠(社4)の途中出場などを機に、中盤からは前立の4人が四射皆中するなど、巻き返しを見せる。最後まで逆転の可能性を残しながらも、序盤に開けられた差を詰めることはできず、6中差で惜敗した。ここまで関学は3戦3敗。10月16日には最終戦、対近大戦を迎える。
 1部リーグ全敗の女子はこの近大戦が最終戦であり、約1ヶ月後に行われる入替戦出場が決定した。女子主将・目黒美帆子(文4)は「最後に最高の試合をしたい」と早くも気持ちを切り替え、入替戦への意気込みを語った。

投稿者 kangaku : 23:15 | コメント (0)

【弓道部】 関関戦前哨戦 男子の部も勝利

 5月29日、前日に続き関学弓道場にて関関戦前哨戦(男子の部)が行われた。前日の新人の部、女子の部の2勝に続き、男子の部でも114-108で勝利し、関関戦を全勝で終えた。

 5月28、29日に関学弓道場で行われた弓道部の試合。関学は男女、新人の部すべてにおいて関大を下し、白星を挙げた。
 新人の部では初立から調子が良く、次々と皆中を決める関学が61-42で快勝。関学にとって明るい幕開けとなった。続く女子の部。昨年は実力の差を見せ勝利した関学だが、相手はこの試合の前週に行われた関西選手権の覇者であるだけに気が抜けない。「挑戦者のつもりで」(目黒美帆子・文4)関学は射場に立った。予想通りの接戦が展開されるも、戦いを制したのは関学。52-51とわずか1中差での貴重な勝利だった。翌日の男子の部。後立では初立から不調にあえぎ不安が見られた。だがその後、落ち着きを取り戻し、徐々に調子を上げていった。試合は長時間に及んだが、結果114-108と関学が勝利した。また田城大二郎(文3)は最多的中賞を獲得。3戦ともに良きライバルとの好試合であった。

投稿者 kangaku : 23:19 | コメント (0)

【弓道部】 関関戦前哨戦で貴重な勝ち星

 5月28日、関学弓道場にて関関戦前哨戦(新人の部・女子の部)が行われた。午前の新人の部では61―42と大差をつけて勝利。午後からの女子の部は、最後まで白熱した競り合いが続き、結果52―51で粘り勝ちした。試合後、女子主将の目黒美帆子(4)は「本当にぎりぎりだったけど、みんなの応援が力になった」と安堵の笑顔を見せた。

 弓道部の関関戦は明日の男子の部を含めた3つの部の勝敗で決定するため、今日の新人・女子の部で既に2勝を上げた関学側の勝利が確定。だが決して気を抜くわけにはいかない。明日の男子の部に向けて「全勝目指して頑張ります」と主将・田中悠(4)は強い意気込みを語った。貴重な勝ち点を加えた関学弓道部。現時点での関関戦の勝敗3勝4敗となっている。

投稿者 kangaku : 23:52 | コメント (0)

弓道部の活動状況

80年を超える伝統をもち、男女ともに関西学生1部リーグに所属。その実力と弓道への姿勢は全国トップレベルだ。近年では男子が関西リーグ完全制覇、35年ぶりの全日本王座決定戦では見事4強入りを果たした。西の名門は遂に完全復活!今年は狙う日本一に向け余念がない。

‘04年度の成績
 ・男子 関西1部リーグ優勝 学生王座決定戦ベスト4
 ・女子 全国大学選抜大会2位

投稿者 kangaku : 18:12 | コメント (1)