2007年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34

【バスケットボール部男子】 ベスト16止まり

 11月29日、国立代々木競技場第二体育館に於いて行われた、第59回全日本学生バスケットボール選手権大会2回戦(対、法政大)。関学は真っ向から攻めていった。だが、関東のオフェンステクニックが上回り88ー69で敗北を喫した。

 インカレ2回戦の相手は関東6位の実力を持つ法大。関東の壁をぶち壊すためには強い気持ちとスタミナ、それぞれが出来ることを精一杯やることだ。関学はまず、応援で観客の度肝を抜かす。会場にKGコールが響く中、試合が開始された。

 第1ピリオド、法大の巧みなゲーム運びに関学は気合の入ったディフェンスで対応するが、ファールを重ねてしまう。中盤に差し掛かかり、点差が少しずつ開けてくる。関学は、SG橋本(経1)のドライブやC秋田(商3)のインサイドでの得点で喰らいつくが15-24の9点ビハインドで終える。

 第2ピリオド、関学はより一層激しいディフェンスで法大のオフェンスにプレッシャーを掛け相手の勢いを崩す。そして、SG稲垣(法1)の3Pシュートが立て続けに決まり関学に流れを引き寄せる。また、前半も残りわずかとなったところで再度SG稲垣が3Pを決め、点差を一気に縮めた。しかし、残り2秒で法大F信平の3Pシュートが決まり35-44。点差を縮められないまま後半へと折り返した。

 第3ピリオド、PG劉(社4)を筆頭に速いパス回しでゴールへと攻めPF松本(経4)の3Pシュートで追い上げをかける。だが、法大の速い展開についていけず関学はファールを連発。更なるリードを許すこととなってしまう。そして、第3ピリオドを55-71で終了。

 第4ピリオド、若さゆえの勢い溢れるSG記(社1)の3Pシュート、ドライブで20点近く開いていた点差を10点差まで縮める。チームに勢いをつけた。また、PG劉がリバウンドを徹底。速いペースでゴールへと攻めるがシュート率が伸び悩み、得点をそれ以上縮めることができない。最後は関東の実力を見せつけられ69-88で敗北を喫した。それと同時に、主将・劉をはじめとする、エースPF松本ら4年生の幕は閉じた。彼らの目にはさまざまな思いのこもった涙が流れていた。だが、これで終わりではない。彼らとともに全日の舞台を戦い抜いた若き立役者たちが彼らの思いを引き継ぎ、更なる飛躍を遂げてくれるだろう。新たな関学バスケットボー部の更なる活躍に期待していきたい。

試合後のコメント
主将・劉「悔しい。勝つつもりでいたし、最後スタミナが切れてしまったから。でも、後悔はない。(インカレを)楽しめた。応援は日本一」

投稿者 kangaku : 17:22 | コメント (2)

【バスケットボール部男子】 全日、1回戦勝利!

 11月27日、国立代々木競技場第二体育館に於いて行われた、第59回全日本学生バスケットボール選手権大会(対、新潟工業短期大)。関学は前半、相手のディフェンスに手こずり、なかなか点差を広げられずにいた。しかし一転、後半関学はインサイド陣の厚いカバーでディフェンスが良くなる。その流れでオフェンスも勢いに乗り、最後は91ー70と大差をつけ勝利した。

 インカレ1回戦の相手は北信越1位の新工短大。第1ピリオド、関学は相手のあたりの強いオールコートのマンツーディフェンスに手こずる。だが、その状態でも関学はいったんボールを手にするとシュートまで持ち込み確実に得点へと結びつけていく。そのまま、24ー23とわずかにリードした。

 第2ピリオド、関学のディフェンスは徐々に本来のねばり強さを見せ相手をゴールへと近づけない。しかし、新工短大に速いターンオーバーで追い上げをかけられる。だが関学は焦ることなく、プレッシャーディフェンスで相手のミスを誘う。そのすきに点差を広げたいところだったが、関学もミスを連発してしまう。両チームともに苦しい時間帯が続いた。そして、41ー40で前半終了。後半へと折り返す。

 第3ピリオド、関学は相手のミスからファーストブレイクにつなげ加点していく。そして、一気に流れを引き寄せた。関学のプレッシャーディフェンスで相手のシュートを封じ込め、徐々に点差が開き始める。そして、61ー50で最終ピリオドへつないだ。

 第4ピリオド、関学は戻りをより速くしディフェンスを徹底、リバウンドを確実に制す。それにより、オフェンスも一層動きが良くなった。また、新工短大のオールディフェンスに慣れ始めた関学はインサイドでも得点を決めていく。関学の勢いは衰えることなく、91ー70と20点差をつけ勝利、2回戦進出を決め
た。


試合後のコメント
主将・劉(社4)「前半は相手に合わせてしまった。後半はインサイド陣が頑張ってくれてディフェンスが良くなった。次もいつも通りのプレーで頑張る」

投稿者 kangaku : 21:46 | コメント (1)

【バスケットボール部女子】 悲願の1部昇格

 10月21日、武庫川女子大学体育館に於いて行われた、平成19年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦・1部下位リーグ第5戦(対大谷大学)。関学は大谷大のゾーンディフェンスに苦戦し、序盤はリードを許す。しかし絶妙なタイミングで関学はT.O.を取り、徐々にリズムをつかんでゆく。そして関学は4年生がチームを引っぱり、逆転に成功。大谷大も粘ったが、関学は67ー61で勝利し、1部昇格を決めた。今試合は4年生にとって引退試合。彼女たちは4年間の集大成を見せ、最高の笑顔で試合を終えた。

投稿者 kangaku : 22:58 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 怒涛の快進撃で準優勝!

 10月20日に行われた平成19年度関西学生バスケットボールリーグ戦第11戦(於・なみはやドーム)。最終戦は天理大との2位争いとなる。関学は持ち味の3Pシュートとインサイドでのプレーで得点を重ね、78-62で勝利。9勝2敗で準優勝という、9年前の優勝以来の快挙を成し遂げた。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「春はどうなるかと思ったが、勝ててよかったです。いろいろありましたが、やらされるんじゃなくてみんなでやろうという気持ちで望めました。リーグ全体を通してインサイドが大きく成長してくれました。目標実現できてうれしいです」

 序盤、関学はリバウンドがまったく取れず、相手の得点を許してしまう。だが、SF松本(経4)の3Pシュートが決まり、リズムが良くなる。関学の本来の調子が出てきたのかリバウンドが取れるようになった。そしてC秋田(商3)のリバウンド後からの連続プレーで逆転。インサイドで安定したプレーを見せ18
-16で第2Qへと試合は進む。関学はスクリーンアウトの甘さから、飛び込みの速い天理大にリバウンドを取られボールを支配されてしまう。関学の劣勢が続いたが、天理大のシュートがことごとくゴールに嫌われ、展開が遅くなる。そんな中、SF橋本(経1)が1人速攻でシュートを決め、再度得点が動き始めた。PF今田(法2)がゴール下で勝負し点差を広げ、32-24で試合を折り返した。第3Q、半ばから個人技が目立つようになる。SF松本のイン・アウト両方からの切れのあるプレーが炸裂、また1年生らの活躍も見られた。50-38と点差を離したまま、最終Qをむかえる。SG記(社1)をはじめとした1年生が
チームに流れを作り出し、関学は20点ほどリードを広げ天理大を突き放す。その一方で、得点王のタイトルがかかるSF松本へボールを集める。SF松本はエースとしてファールを誘うプレーで貫禄を感じさせた。だが、暫定得点王がいる天理大は阻止しようとSF松本を4人でマークし、ボールを遠ざける。SF松本は執拗なマークを振り払うことが出来ないまま得点王へは一歩及ばず、試合終了。78-62で天理大を下す。そして、準優勝という輝かしい成績でリーグ戦を終え、歓喜の思いを爆発させた。だが、1ヵ月後に行われるインカレへと、彼らの戦いはまだ続く。

投稿者 kangaku : 10:13 | コメント (6)

【バスケットボール部女子】 1部昇格へリーチ!

 10月14日、和歌山県立体育館に於いて行われた、平成19年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦・1部下位リーグ第4戦(対天理大学)。関学は序盤から勢い良く攻める。だが、相手の執拗なディフェンスになかなか点差を広げられず、第1Qはリードされてしまう。しかし一転、第2Qの半ばで逆転に成功。その後は関学ペースで試合が運び76-62で勝利した。この勝利により、1部昇格へリーチをかけることとなった。

 昨日とは打って変わり、関学は序盤から迫力のあるプレーで攻めていく。F中野(社4)の3Pシュートで先制を奪う。積極的にカットボールを狙い、インサイドで丁寧に得点を重ねる。しかし、第1Qも残りわずかのところでの天理大のT.O.でリズムを崩され、14-19と追う立場となってしまう。嫌なムードが漂う中、始まった第2Q。はじめはファールを続けざまに犯してしまう。だが、気持ちを切らすことなく攻めのプレーで戦い、相手にプレッシャーを与える。G公文(社2)の3Pシュートで同点に追いつくも、すぐ返され一進一退の攻防が続く。そんな中、F中野の1on1からのシュートでついに逆転。また、F岸良(商4)がインサイドで勝負し得点をあげていく。そして、36-31で前半を終える。続く後半、天理大がゾーンディフェンスで当たってくるも関学は動じることなく、速攻を仕掛け一気に天理大を突き放した。試合終了まで手を抜くことなく全力でプレー、76-62で勝利を収めた。次はリーグ最終戦となる大谷大戦。2部リーグでは負けを喫した大谷大に勝たなければ関学は自力での1部昇格は絶たれる。絶対に勝ちたい一戦だ。

試合後のコメント
主将・井田(文4)「昨日悪かった分、今日は気持ちから入れて出だしも良かった。最後の相手は2部リーグでは負けてしまった大谷大。4回生は最後だから大谷大にリベンジして、笑って終わりたい。気持ちの切れることないように、しっかりと練習して勝つ」

投稿者 kangaku : 01:06 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 8勝2敗で最終戦へ

 10月14日になみはやドームで行われた2007年度関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は第10戦で神戸大学と対戦。3Qに神大の猛チャージを受けるも、4Qに再び突き放し82―65で勝利した。

 序盤、ゲームを動かしたのはSF松本(経4)。3Pラインから2メートルは離れた位置からの超ロングシュートや、ディフェンスと激しく接触しながらのドライブでチームに勢いをもたらす。加えてC秋田(商3)PF今田(法2)らインサイドプレーヤーも力強いポストプレーで活躍。リバウンドもきっちり確保し、ゴール下を完全に支配する。一方インサイドの安定しない神大は外からのシュートも精彩を欠き、自らリズムを崩してしまう。第2Qに入ると関学オフェンスのスピードが更に上がり、速攻を連発。走力を絡めた得点で試合をリードし、前半を42―31で折り返す。
 ところが第3Qに入ると状況は一変。神大ががむしゃらな勢いで関学を猛追する。要所に3Pを交えたテンポのよい攻撃で一時は1点差にまで詰め寄られる。しかし、ここでクラッチシューター・SG記(社1)の3Pが炸裂。沸き立つ神大ベンチを黙らせる一発で、追撃ムードに待ったをかけた。さらに尻上がりに調子を上げてきたSF橋本(社1)が勢いを爆発させる。4Qだけで10得点をあげる活躍で神大を振りきり、82―65でゲームセット。リーグ戦8勝目をあげ、ベストな体勢で最終日・天理大との対戦を迎える事となった。

 成績面では好調な関学だが、チーム状態はベストとは言えなさそうだ。第3Qの追撃を受けた事に対し、主将・劉は「やるべきことを徹底できてない」と苦言を呈する。劉自身も関大戦での負傷が響き、今試合プレータイムはゼロ。「1週間で建て直す」という言葉通り、月曜日からの練習がかなり重要になってきそうだ。

試合後のコメント
SF橋本「昨日はイマイチやったけど、今日は後半から調子がよくなった。来週も勝ちます」

投稿者 kangaku : 14:01 | コメント (2)

【バスケットボール部女子】 大国大に敗れ、リーグ2連敗

 10月13日に行われた平成19年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦・1部下位リーグ第3戦(於・豊島体育館)。関学は大阪国際大と対戦し、60-71で敗戦。リーグ2連敗となり、1部昇格に向けて後がなくなった。

 下位リーグ8位の関学(1勝1敗)と同9位の大国大(0勝2敗)の対戦となったこの日。勝てば、1部昇格【下位リーグ8位以内に入れば昇格】に向けて大きく前進、しかし負ければ、大国大に逆転を許すという非常に意味のなるゲームだった。

 大事なゲームの立ち上がり。関学は精彩を欠いた。リバウンド争いは劣勢、ディフェンスも下がりすぎて、楽にシュートを打たせてしまう。第1Qは16-17の1点ビハインドで終えることができたが、リズムは悪かった。

 第2Qに入っても大国大優位の展開となる。関学はインサイドにボールを収めることができず、外一辺倒の単調なオフェンスになってしまう。これでは簡単に対応され、追い上げられない。結局、第2Q終了時には28-35と、点差は7に広がった。

 後半、関学は完全にリズムを失う。大国大のオフェンスに対応するためにゾーンディフェンスに変更しても、肝心のオフェンスが機能しない。苦しいシュートが目立ち、ついに点差は17まで広がり、第3Q終了を迎えた。

 第4Qは、オールコートディフェンスを敷き、さらにプレッシャーをかける。しかし、懸命な追い上げを図るも、やはり17点差は大きかった。60-71、1部昇格に向けて痛すぎる敗戦となった。残り2戦、落とせないゲームが続く。

試合後のコメント
主将・井田ちあき(文4)「立て直そうとしても、そのままズルズルいってしまったし、コート内で声の掛け合いができていなかった。(明日以降は)勝っていくしか、勝つしかないです」

【1部下位リーグ順位】      勝ち点
 5位 関西外国語大学       15
 6位 園田学園女子大学     15
 7位 天理大学           12
 8位 大阪国際大学        11
 9位 関西学院大学(2部1位)  11
 10位 大阪大谷大学(同2位)  10

※10月13日(土)現在

※1部所属チームの勝点は1次リーグから持ち越し。

※2部1位の関西学院大学に7点、同2位の大阪大谷大学に6点が与えられている。

※ゲームに勝利→勝ち点「2」、ゲームに敗北→勝ち点「1」となっている。

投稿者 kangaku : 18:43 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 大産大に劇的勝利!!

 10月13日、天理大学に於いて行われた平成19年度関西学生バスケットボールリーグ戦1部第9戦。関学は大産大と対戦。両チームともインカレ出場のかかった大事な試合となり、熱い戦いが繰り広げられた。大産大のリードが続いたが、関学は粘り続け、最終Qでスリーポイントが炸裂する。そして見事逆転し、95対92で劇的な勝利を収めた。

 前半戦は、関学は大産大の積極的なディフェンスに押され、ミスが目立つ。大産大は関学のミスを見逃さず、順調に得点を重ねる。しかし関学も速いパス回しで、ペースを取り戻していく。両チームとも、要所で確実に点数を重ね、シーソーゲームが続き38ー41で後半戦へ。

 第3Q、関学は無得点のまま、大産大に大量得点を許してしまう。しかしその流れを変えたのはPF今田(法2)だ。今田はインサイドで気迫のあるプレーを繰り広げた。そしてエースPF松本(経4)の活躍もあり、62-63と関学は大産大のリードを縮めた。そして第4Q開始早々、SG記(社1)の3Pが決ま
る。大産大も激しいプレーですきを見せない。残り15秒、91-90。会場に緊迫した空気がよぎる。そんな中、PG小林(法3)はファールスローを華麗に2本決める。しかし大産大もファールスローを決める。そして残り3秒。再び得たファールスローを松本が丁寧に決め、突き放す。松本はガッツポーズを見せた。そしてそのまま95-92で大産大に劇的勝利を収めた。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「ミスが多かったが、みんな気持ちを切らさずにしっかり集中してプレーできた」

松本「チーム全員で勝てた。心臓がバクバクだった」

記「今日はシュートをはずす気がしなかった」

投稿者 kangaku : 17:47 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 1部昇格へ好発進

 10月7日に本学体育館で行われた平成19年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦。関学は1部下位リーグに参加し、今年の目標としている1部昇格を目指す。序盤先行を許した関学だったが、延長戦の末関西外国語大学に71-66で勝利した。

 序盤から積極的なディフェンスで関外大にプレッシャーをかける関学。しかし関外大はインサイドから強力なプレーで得点を重ねる。関学はシュートタッチが安定せず、関外大にリードを許す展開となった。リバウンドが取れず、攻撃チャンスをなかなか作れない関学。ゴール下の制空権を握られたまま試合は後半戦へ。

 第3Q、ファールやパスミスなど、関外大のミスが目立ち始める。しかし関外大は粘り強いプレーで試合をリードし、得点差を詰めるにはいたらない。第4Q、停滞する流れを変えたのはC高野(社3)。ゴール下で奮起し、オフェンスリバウンドを次々と奪う。オフザボールの動きでディフェンスをほんろうし、自らチャンスを作り出す。さらに2本のインターセプトを決めるなど爆発的な活躍でチームをけん引する。高野のガッツに関外大はあせりを見せはじめ、ファールを連発してしまう。関学はSF岸良(商4)のカットインで得たファールスローでついに同点に追いつく。直後に突き放されるも高野のジャンプシュートで再び同点に。残り時間は5秒。SG井田(文4)の渾身のドライブは惜しくも弾かれ、試合は延長戦・OTへ。

 OTは5分。チームファールは第4Qから継続されるため、関外大のチームファールは5のまま試合が再開される。ファールが得点に直結するというチャンスを逃さず、果敢に攻め立てる関学。圧倒的な勢いと最後まで切れないディフェンスで関外大を封じ込め、71-66で激戦を制した。

試合後のコメント
渡辺彰監督「必死に追いついてのOTだったので、勢いがあった。疲労もあったと思うがみんなよく走ってくれた。今日の結果は忘れて、次もしっかり戦いたい」

主将・井田「1部チームはやはり強い。点差が開く展開でも我慢してプレーできたし、なによりタカ(高野)がリバウンドがんばってくれたのが大きい」

高野「リバウンドを死ぬ気で頑張った。明日の園田女子大もインサイドが強力だけど、リバウンドで貢献していきたい」

投稿者 kangaku : 15:00 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 園女大に痛い一敗

 10月8日、滋賀県立体育館に於いて行われた、平成19年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦・1部下位リーグ第2戦(対園田学園女子大学)。第3Qまで、シーソーゲームが繰り広げられた。だが、第4Qパスミスなどが重なり相手の大量得点を許す。関学は反撃の糸口を見つけられないまま48―69でゲームを終えた。1部昇格にはもう負けられない。

 序盤から、一進一退のシーソーゲームが繰り広げられる。両チームともT.O.を取り、流れを引き寄せようとするが、なかなか引き寄せることが出来ない。関学はシュートを打たれまいと、ディフェンスに力が入ってしまったのか、ファールを重ねてしまう。そんな中、リバウンド後からのG公文(社2)のドライブが
軽快に決まる。だが流れをつかみきれずに、35-36の1得点ビハインドで前半を折り返す。続く第3Q、関学のスピードが一気に速くなる。速攻など仕掛け得点するも、園女大からなかなかリードを奪えないでいた。だが、F井田(文4)が同点となる3Pシュートを華麗に決め、主将の貫禄を見せる。一気に巻き返しをはかりたいところだったが、再度ひっくり返されてしまう。徐々に点差が開き始める。そして、第4Qに突入した途端関学の攻撃が止まる。少しづつ点差が開くのに比例するように、関学に焦りが見え始める。それにより、苦しまぎれなシュート、パスミスが目立ち、ファールの回数も増えてしまう。その後、大量得点を許すことになり48-69で試合を終えた。自力で確実に1部昇格を果たすために、残り3試合は絶対に負けられないものとなった。気の抜けない状況はまだまだ続く。

試合後のコメント
主将・井田「自分らのプレーを最後やれてなかった。相手のあたりがきつくなると対応できなくなって、5点差10点差とそのままズルズルと点差を広げられえてしまった。残り3試合のため、インサイドでのプレーができるように修正していきたい。1部昇格のために、あと3つは負けられない」

投稿者 kangaku : 17:06 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 関大に圧勝!インカレへ出場前進

 10月7日、滋賀県立体育館に於いて行われた、平成19年度関西学生バスケットボールリーグ戦1部第8戦(対関西大学)。立ち上がりから両チームスピーディなバスケットで点を取り合う。第3Qまで気の抜けない展開が続くも第4Q、G橋本(経1)のドライブが炸裂し関学に流れを引き寄せる。そして、一気に突き放し99―74で勝利。最終Qだけでも40得点と凄まじい攻撃を見せつけた。

 試合開始から両チームともスピーディーなプレーで試合が展開していく。そん中、先制点を奪ったのは関大であった。それに負けじとSF松本(経4)が3Pシュートを決め、より展開が速くなっていく。激しい点取り合戦を繰り広げ、関学は着実に得点を決めていく。だが、リバウンドが取れていないせいか、リズムにあまり乗れず点差がなかなか開かない。それでも、前半を40-32と関学リードで試合を折り返す。しかし第3Q、関学のシュートが決まらなくなる。そして少しずつ流れが関大よりになる。関学にとって気の抜けない状況となり、緊張が走る。そんな時、エースSF松本が丁寧にゴールを狙い3Pシュートを決め、ベンチを盛り上げた。そしてなんとかリードを守り第4Qへと突入。早々にSF橋本(経1)のドライブが炸裂し、関学に流れを呼び寄せる。その後PG稲垣(法1)との息のあったプレーも垣間見られた。そのまま、関学は一気に勢いに乗り99-74と関大を突き放して勝利した。この勝利でまた一歩インカレへと近づいた。だが、次の相手はもう後がない大産大、まったく油断の出来ない一戦となる。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「はじめリバウンド取れてなかったけど、後半は取れるようになってて良かった。リバウンド取れるかが大きかった。あと、橋本が相手のリズムを崩してくれた。(今試合は)マジでかい勝利。もうちょっとで目標達成できる」

投稿者 kangaku : 15:44 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 甲南大に圧勝!

 10月6日に滋賀県立体育館で行われた平成19年度関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は甲南大と対戦し、99対77で勝利した。

 試合開始後、なかなか自分たちのリズムに乗れない関学。しかし、SF橋本(経1)が入り関学に勢いが生まれる。橋本の積極的なドライブは、誰にも止めることができず、続々と得点する。橋本はリバウンドにおいても活躍する。また、C秋田(商3)はインサイドの柱として大きな存在感を見せる。どんなボールでも追いかけていく秋田の姿勢は、チームの雰囲気を盛り上げた。関学はインサイド中心の攻撃で甲南大を突き放し43ー30で前半を終了する。
 第3Qでも関学の勢いは止まらない。無駄なプレーがほとんどなく、落ち着いて試合を進める関学。72-49とリードを広げる。しかし第4Q、フルコートプレスであたってくる甲南大に対し、関学に疲れが見え始め、ミスが目立つ。そんななかエースとしての力を見せたSF松本(経4)。気迫のあるプレーで得
点を重ねる。甲南大も粘りを見せるが、関学に追いつくことはできない。関学は99-77で甲南大を破り、白星を重ねた。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「最初の入り方をもっと大事にしていきたい。後半で疲れてきても全員の気持ちが切れないようにしないといけない」

投稿者 kangaku : 22:57 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 リーグ戦4勝目、2位キープ

 9月22日に行われた平成19年度関西学生バスケットボールリーグ戦・1部第5戦(於・岸和田市総合体育館)。序盤戦を3勝1敗の2位で乗り切った関学は、同じく2位の大阪学院大学と対戦。81‐63と大差の勝利を飾り、当面のライバルを敗るとともに、順位を維持した。

 ゲーム前半の主役は、エースPF・松本義久(経4)だった。ゲーム開始時点で、得点ランキング2位と、スコアラーとしての役割をきっちりと果たしていた。この日も、期待通りの活躍を見せ、前半だけで18得点を挙げる。しかし、チームは36-39と3点のビハンドを奪われ、前半は波に乗り切れないゲーム展開となった。

 後半に入ると、主役が入れ替わる。C・秋田和広(商3)とSG・記剣士郎(社1)の2人だ。フットワーク軽やかに、秋田がインサイドを制圧すれば、記は、持ち前のスピードをディフェンスそしてオフェンスに生かし、チームに流れを呼び込む。この2人の活躍もあり、第3Qは大院大の攻撃を7点に抑え込み、一
方で27点を奪取。一気にゲームを決めた。

 第4Qに入っても、この流れは途切れることなく、選手交代を交えながら危なげなく逃げ切った。スコアは81-63、前半の3点ビハインドが18点リードに変わっての快勝だった。

 「(目標のインカレ出場達成のためにも)この勝利はほんまに大きい。秋田を中心にインサイドが頑張ってくれたし、松本も頑張ってくれた。自分たちのやるべきことを徹底することができたのがデカイ」と、同じく2位につけるライバルを倒した試合後だけに、主将・劉$(D1>志(社4)の口も滑らかだった。このゲー
ムを今後も持続できれば、先は明るい。4年ぶりのインカレ出場が見えてきた。

投稿者 kangaku : 23:27 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 春の関西王者・近大に敗北

 9月16日、京都府立体育館に於いて行われた平成19年度関西学生バスケットボールリーグ戦、第4戦。(対、近畿大学)関学は春の王者・近大と接戦を繰り広げたが、最後は圧倒され78―95で敗北
を喫した。

 昨日の勢いを保ったまま、春の王者・近大に臆することなく試合開始から力強く攻めていく関学。両校ともに速いバスケでゲームを繰り広げていくも、先制点を奪ったのは近大だった。速いペースで得点を重ねる近大に、少々押され気味となる。関学はシュートを放つもなかなか得点に結びつかない。そんな状態も一転、関学の反撃が始まる。SG小林(法3)が速攻を仕掛けC秋田(商3)にナイスアシストでシュート。立て続けにC秋田がシュートを決め、勢いづく。そして、PG稲垣(法2)の3Pシュートでついに逆転。それにより、近大の気持ちに火をつけたのか追い上げられる。それでもどうにか踏ん張り2ゴール差の17-21で第1Qを終える。点差を広げたくない関学は戻りを速くするが、なかなか相手の足を止めることが出来ず第2Q開始3分には点差が10点開き、気持ちが途切れてしまうような状態になる。けれども、ベンチの声援の影響か気持ちの切り替えが早く、ナイスディフェンスが見られるようになった。しかし、点差を埋めることが出来ないまま36-47でハーフタイムとなる。そして後半、ナイスアシスト連発で急激に追い上げる。プレーに粘りが出てきて、それと比例するように関学のスピードが加速する。PF今田(法2)がリバウンドを着実に取り、落ち着いてシュート。丁寧に確実にシュートを決めていき、第3Qの半ば3点差まで縮める。この勢いでゲームを進めたかったが、王者・近大は手強かった。関学の持ち味である、3Pシュートをまったく打たせない。それにより、得点が伸び悩み、少しづつ差が開き始める。そして、最終Q。関学はゲームを決してあきらめず、ディフェンスに手を抜くことなく近大にあたってゆく。だが、勝負どころで詰めきれず最後は近大に大きく突き放され78-95で敗北を喫することとなった。


試合後のコメント
主将・劉(社4)「近大はリバウンド面など、やることをしっかりやっていて個人レベルが上だった。目標はインカレ、一敗は想定内。もっと徹底してやるべきことをやり、戻りを速くして勝負どころで粘れるディフェンスをしていく」

投稿者 kangaku : 18:05 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 開幕3連勝!

 9月15日、京都府立体育館に於いて行われた平成19年度関西学生バスケットボールリーグ戦、第3戦(対、京都産業大学)。序盤、京産大に先行を許す。しかし、一転流れをつかんだ関学は逆転に成功。その後、関学は京産大を突き放し84―68で勝利した。

今までにないくらいの大声援の中、試合開始のブザーが鳴った。応援が盛り上がるのと比例するかのように、熱いプレイを繰り広げていく。しかし、先制点を取られ先に京産大にリズムに乗られてしまう。関学も流れをつかもうと速攻を仕掛けるなどしてシュートを決めていくも、なかなかリードを奪うことができない。そして、7点ビハインドで終わろうとしていた1Q。残り4秒というところで関学はリバウンドからの速攻を再び仕掛け、見事にPG稲垣(法1)がブザービートとともに3Pシュートを決める。湧き上がるベンチ、4点差にまで追い上げ関学のターニングポイントとなった。続く2Qは序盤での雰囲気が一転、関学の快進撃の始まりとなった。早々にPG劉(社4)がディフェンスを軽やかに抜きシュート、またSF松本(経4)にナイスパスが通り3Pシュート、続々と得点を重ねていく。そして、関学はPF今田(法2)のシュートでついにリードを奪う。その後もシュートが決まり、41-31で10点差をつけ前半を終える。関学
の勢いが増すばかりの後半戦、3Q。次々と3Pシュートが決まっていき、気づけば20点差までリードを広げていた。気持ちでも勝る関学の勢いはとまらない。京産大には止められない。大量リードで迎えた最終Qであったが、関学は相手の巻き返しに少々失速してしまう。残り約5分、T.O.で仕切り直しをはかり、気持ちをつなぐ。そして、京産大の追い上げをに動じることなく突き放し84-68で試合終了。昨年の王者でもある、強豪・京産大を見事に下した。

試合後のコメント
主将・劉「気持ちも乗ってるし、応援も頑張ってくれてて、モチベーションも上がり、自覚がより出てきた。これからはもっとチームディフェンスを徹底していく。山場は近大戦。インサイドがカギとなるだろう」

投稿者 kangaku : 22:18 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 完璧な試合運びで立大下す

 9月9日に行われた2007年度関西学生バスケットボールリーグ戦。1部第2戦は大阪商業大学で行われ、関学は94―74で立命館大学に快勝した。
活躍の目立った橋本

 前半はアウトサイドから攻撃を展開。SF松本(経4)の3Pと、インサイドでC秋田(商3)のポストプレーで加点。シュートのこぼれ球に対する意識も高く、秋田とPF今田(法2)、さらには外からPG劉(社4)が積極的にリバウンド参加。セカンドチャンスをものにし、関学のリズムを生み出していく。ディフェンスも高い位置からタイトに張り付き、ボール運びを好きなようにさせない。しかし立大もハードなディフェンスを見せる。このため第2Qは互いに得点が伸びず、我慢の時間となった。

 第3Qに入ると立大がファウルを連発。ファウルトラブルを恐れて萎縮するディフェンスの前で、関学は攻撃の手を緩めない。SF橋本(経1)のドライブを中心とし、続々と加点する。これに対し立大SG田中が奮起、連続得点で点差を8点縮めるが、関学の勢いは止まらない。終盤に入っても関学は走力・集中力を高いレベルで維持。立大の甘いパス、ドリブルを逃さずカットし、速攻へ繋げる。気づいてみれば20点のリードを積み上げての勝利となった。

 この日の試合内容は完璧だった。不自然に出来すぎた試合、ではなく、全員が100%の力を出し切った試合。やるべきことをやり、ミスもすぐに修正する。観客席にいる部員の声も止むことはなかった。まさに理想的な戦い方を見せた上での勝利。戦力面だけでなくメンタル面でもかつてない完成度の高さをアピールし、関学はインカレ出場へ向け最高のスタートを切った。

試合後のコメント
主将・劉「気持ちで勝った。ちょっと危ない場面でも勝つ気でやれたのが結果に繋がったと思う。全員が自分の役割をこなしたし、本当に文句のない出来。ただ、ここで調子に乗ると後半崩れてくるので、次からも謙虚にやっていきたい。」

投稿者 kangaku : 20:06 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 リーグ白星スタート

 9月8日に八尾市立総合体育館で行われた2007年度関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は大阪商業大学と対戦し、98対81で勝利した。
2ブロックショットを見せたC秋田この日20得点のPG小林

 序盤からハイペースで攻め続ける関学。なかでもPG橋本(経)とSG記(社)の1年生コンビが圧倒的なスピードで速攻を連発。インサイドの徹底したディフェンスも効果して大量のリードを奪う。しかし2Q残り7分ごろ、4連続のターンノーバーで自らリズムを乱してしまう。TOで軌道修正を図ったものの、なかなか調子を取り戻せないまま前半を終了した。

 後半、リズムを取り戻した関学だが、前半の反動からややペースダウン。そんななか、攻めの中心となったのはエース・松本(経4)。3Pシュートにドライブ、リバウンドと大車輪の活躍を見せる。また、要所でPG稲垣(法1)が3Pシュートで大商大を突き放す。この日4本の3Pを決め、1年生ながら3Pシューターとして存在をアピールした。終盤に入ると大商大はファウルゲームで対抗。激しい当たりにフラストレーションの溜まる展開となったが、ファウルで得たフリースローをしっかりと決め、そのまま勝利した。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「リバウンドが相手に取られすぎた。あと後半に運動量がガクッと落ちてしまったのが反省点。でも気持ちの入ったプレーができてよかった。次の立命は走るチーム。走り負けないようにがんばります」

投稿者 kangaku : 17:30 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 2部1位で、1部下位リーグ進出

 9月6日に行われた平成19年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦、2部上位リーグ第2戦(於・東大阪アリーナ)。関学は大阪教育大と対戦し、84-54の大差で勝利。この結果、関学、大教大、大阪大谷大が勝ち点5で並んだが、ゴールアベレージ(3チーム間の総得点÷総失点)により、関学の2部1位が確定。10月から始まる1部下位リーグ進出を決めた。なお、6チームで争う下位リーグで上位4チーム以内に入ると、悲願の1部昇格となる。

 「気持ち」。気持ちの乗っているときの関学は、素晴らしいバスケットを展開する。逆に、気持ちが下を向くと、5日の大阪大谷大戦のように後手に回ってしまう。しかし、この日の関学は、前者のチームだった。立ち上がりから、攻め続け、危ない場面は数少なかった。

 この日の関学オフェンスはバランスが取れていた。途中投入のF・#5岸良(商4)を含めた6人のプレイヤーのうち、5人のメンバーが二桁得点をマーク。一桁得点だった主将・#4井田(文4)も9得点と、申し分のないオフェンスを展開した。

 前半の関学は、3Pシュートを効果的に、外角から得点を挙げていく。後半に入ると一転、インサイドからの攻めも目立ちはじめ、C・#8高野(社3)の高さを生かしたプレー、この日チームトップの22得点を挙げたF・#6中野(社4)のジャンプシュートなど、攻め手に事欠かなかった。 

 一方のディフェンスにおいても、大教大の裏を狙ったパスによく反応し、カット。そのまま攻撃につなげるなど、積極的な動きが目についた。

 「昨日ダメだったことが、今日はできた」と主将・井田が語るように、気持ちの入ったプレーが随所に見られ、30点差という大差のゲームに表れていた。

 「このままの勢いで、1部昇格を」(主将・井田)。このチームは「気持ち」次第。この日のようなゲームができれば、1部昇格は現実味を帯びてくる。10月の1部下位リーグまでに、どれだけ気持ち作りができるか。そのあたりにチームの命運がかかっていると言っても過言ではない。

投稿者 kangaku : 22:37 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 痛恨の敗北/2部上位リーグ

 9月5日に行われた平成19年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦2部上位リーグ第1戦(於・東大阪アリーナ)。2部Aグループを1位通過した関学は、同Bグループ2位の大阪大谷大と対戦。シーソーゲームの末、61-64で惜敗した。

 実に同点となること9回。この日のゲームは白熱のシーソーゲームとなった。しかしその勝敗を決した要因は、「向こうの方が勝ちたい気持ちが強かった」という主将・#4井田(文4)の言葉に集約される。

 この日は、今秋のリーグ戦から1年ぶりに戦列復帰したF・#5岸良(商4)の活躍が際立った。チームトップの25得点を挙げ、完全復活を印象付ける。しかし、岸良の奮闘とは対照的に、チームは後手に回る場面が目立った。

 立ち上がり、大阪大谷大に0-6と一気に走られると、その後は、同点に追いついてもすぐさま突き放される展開を繰り返す。逆に関学が突き放す場面があっただけに、ストレスの溜まる展開だった。結局、前半は30-30と、5度目の同点でハーフタイムを迎える。

 第3Qに入っても、展開は変わらない。しかし第4Q、岸良がその流れを変えた。この時点で、15得点を稼ぎ出していた岸良は、4連続で得点を挙げ、一人で9点ビハインドを2点ビハインドにする。一気に流れに乗った関学は、残り3分59秒のところで逆転に成功。勝利に向け突き進む。しかし、今日のゲームを象徴するかのように、ここからという場面で、関学はボールを落とすなど、イージーミスを犯してしまう。心に隙が生まれたのかもしれない。一度手放した流れは戻らず、再逆転を許し、61-64とゲームを落としてしまった。

 勝てるゲームを落としたショックはでかい。しかし、ここで下を向いてしまえば、目標の1部昇格は遠退くだけだ。「明日、勝てば1部入れ替え戦にいける」。主将・井田が語るように、明日の大阪教育大戦に勝利すれば道は開ける。関学は悲願達成のための踏ん張り時を迎えた。

投稿者 kangaku : 22:28 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 全勝で2次リーグへ

 9月1日、東大阪アリーナに於いて行われた2007年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦第5戦。関学は常磐会短期大と対戦し、117ー34と大差をつけ勝利した。


 試合開始とともにC高野(社3)がシュート決め、勢いに乗る関学。その後、積極的にリバウンドを取り鋭いパスで相手を欺き、速いペースで得点を決めていく。序盤ですでにゲームを支配していた関学は前半で62-11と大差をつける。ナイスパスなどの魅力あふれる好プレーが輝る後半戦、常磐会がついてこれないほど関学のスピードは加速していった。そして、最後まで圧倒的な強さを見せ117-34という大差で勝利した。今後、強い気持ちを保ったままの2次リーグでの勝利、また1部への返り咲きが期待される。

試合後のコメント
主将・井田(文4)「5・6日(2次リーグ)につなげたかった。気持ちで全然違う、気持ちが入ってたらいいプレーが出来る。1位で入れ替え戦へいけるように頑張りたい」

監督・渡辺彰「比較的に相手に恵まれたリーグだった。昨日の接戦がいい薬となって、今日全員が気合十分だった。鳥肌の立つようなプレーだった。このような良いムードでつなげて2部全勝優勝して入れ替え戦へいきたい」

投稿者 kangaku : 21:24 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 接戦制してリーグ4勝目

 8月31日に東大阪アリーナに於いて行われた2007年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦第4戦。関学は奈良文化女子短期大学と対戦、苦しい展開ながらも73-61で辛勝した。

 強力なインサイドプレーヤーを擁する奈文短を前に、関学はいつものような戦い方ができない。リードはしているものの、PF中野(社4)のファウルトラブルなどで序盤から苦しい戦いを強いられる。PG公文(社2)がDFを切り崩し攻撃を展開する関学。しかし公文がベンチに下がると攻撃の起点を失い、うまくリズムを作れない。一方の奈文短はポストマンを軸としたプレーで攻撃。この形からパスを受けて放たれた3Pが続けて決まり、前半終わって関学のリードはわずか1点。逆転に次ぐ逆転、油断のできない試合展開のなか、SG井田(社4)の3P、C高野(社3)のバスケットカウントなどで再びリード。4Qに入ると奈文短はキープレーヤーの退場などもあってバランスを乱す。そこに中野と井田の連続3Pで突き放しゲームセット。最後は12点差をつけたものの、厳しい試合となった。

試合後のコメント
主将・井田「センターから同じことをくり返しやられ、対応できてなかった。なんとか勝ったが、相手ペースの時間が長すぎた」

投稿者 kangaku : 02:52 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 圧勝で首位キープ!

 8月29日、大阪教育大学に於いて行われた2007年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦、第3戦。関学はびわこ成蹊スポーツ大と対戦し、93-63で勝利した。

 試合開始直後、PF6中野(社4)がシュートを決め、関学に勢いがつく。また、SG斉藤(文4)とPG公文(社2)の3Pシュートが立て続けに決まりさらに関学はリズムに乗る。だが、直後にびわこ大がタイムアウトを取り、関学はペースを乱されたのか点差をつめられてしまう。けれども、何とか気持ちをつなげ1Qを22-17で抑える。続く2Q、関学は気持ちを完全に切り替えたかのように、相手のDFに積極的に突っ込み相手のファールを誘うプレーを行う。それにより、得るフリースローのチャンスを丁寧に次々とシュートしていく。点差を広げていき、49-25で前半を終える。もうびわこ大に関学の勢いを止めることは出来なかった。完全に関学の流れで始まった後半戦、SG井田の3Pシュートが2本連続で決まるなど、シュートがテンポ良く入る関学。相手の追い上げに動揺することもなく、冷静に点差を開いたまま93-63で圧勝した。

試合後のコメント
主将・井田(文4)「今日は出だしが良かったけど、タイムアウトあけにつめられてしまった。びわこ大は元気なチームでがちゃがちゃと来るってわかってたのに、ミスなどをしてしまった。でも、昨日と比べて内容的には良かった」

投稿者 kangaku : 21:40 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 京教大に走り勝ちリーグ2勝目

 8月28日に大阪教育大学で行われた2007年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦。関学は京都教育大学と対戦し、90-70で勝利した。


 序盤から激しい点の取り合いが行われる。関学はシュートの成功率やディフェンスなどで勝るが、リバウンドを確保できず、リードを奪う事ができない。しかし京教大の連続ターンノーバーから得たチャンスを逃さず得点。少しずつ流れを引き寄せていく。岸良(商4)の投入によって、リバウンドの意識が高まった関学。こぼれ玉からのセカンドチャンスをしっかり活かし、得点していく。また、2Q終盤からゾーンDF
の裏をつき井田(文4)の3Pシュートがよく決り、リードを広げる。後半に入ると、関学のスピードに京教大が対応できなくなってくる。そこを突きロングパスでの速攻で一気に突き放し、90-70で勝利した。

試合後のコメント
主将・井田「前の試合と違って出だしが悪かった。私達4回生が集中して試合に臨めば、改善できると思う」

投稿者 kangaku : 00:57 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 リーグ初戦を快勝

 8月26日に佛教大学で行われた2007年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦。関学は同志社女子大学と対戦し、89―48と快勝した。

 昨年の雪辱を晴らすため、一部昇格に燃えるバスケ部女子。気合いの違いを見せつけるかのごとく序盤から試合をリードする。ディフェンスでは厳しいチェックで同女大にシュートチャンスすら与えず、1Qの得点をわずか8点に抑え込む。ブロックショットを連発した高野(社3)はオフェンスでも活躍。粘りのあるインサイドプレーで続々と得点していく。序盤で体勢は決し、2Q以降も危なげのない展開で関学は勝利を収めた。

試合後のコメント
主将・井田(文4)「すごくいいスタートを切れた。ピリオドごとに流れが切れてしまったので、序盤の流れを最後まで維持できるようにしたい」

投稿者 kangaku : 17:48 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 2年ぶり優勝

 7月2日、王子スポーツセンターに於いて行われた兵庫県学生バスケットボール選手権大会決勝戦。関学は108―96で甲南大に勝利し、2年ぶり30回目の優勝を果たした。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「勝って良かった。だが、ずっと一緒の攻めだった。もっとおもいっきり攻めて点差を広げたかった。秋に向けて、変えるとこは変えて前向きにインカレへ行けるよう頑張りたい」

投稿者 kangaku : 23:39 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 強豪・桜花大に敗れ、ベスト16止まり

 5月31日に行われた第56回西日本学生バスケットボール選手権大会4回戦(於・大阪府立体育館)。関学は、桜花学園大学と対戦し、61―81で大敗した。

 この日も上々の立ち上がりとなる。PF中野麻由(社4)とPG公文真衣(社2)が中心となり、ドライブ、そして3Pシュートと得点を重ねていく。第1Qは二人の活躍もあり、21―23と、昨年インカレ準優勝の桜花大と互角の戦いを見せる。

 関西リーグ2部所属の関学が、番狂わせを起こすためにも、このまま付いていきたい。だが、第2Qに入ると、ミスが目立ちはじめ、徐々に放されていく。PF中野、PG公文の踏張りで、得点を挙げていくが、35―42と7点のビハインドを背負って、後半を迎えることになった。

 この日で4連戦目と疲労の色は隠せない。第3Qに入ると、運動量が少なくなり、オフェンスは封じ込まれ、ディフェンスも粘れない。途中タイムアウトを取り、流れを変えようとしても変わらず、45―59と点差を広げられてしまう。第4Qに入っても、第1Q以来の3Pシュート成功をきっかけに波に乗りたかったが、単発に終わってしまう。このまま試合は進み、61―81と、最後は20点差をつけられて敗退となった。

 今大会の関学は創部初のベスト16進出と結果を残した。だが、「ルーズボールの対応、リバウンドと、最後に課題が見つかりました」と、主将・井田ちあき(文4)は、結果に満足せず、桜花大戦で見つかった反省点を次につなげるつもりだ。この後は、総合関関戦、兵庫学生と試合は続く。さらに2ヵ月後には早くもリーグ戦が始まる。2年ぶりの1部昇格を達成するためにも、この大会で得た自信と反省を生かしていきたい。

投稿者 kangaku : 17:21 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 創部初のベスト16進出!

 5月30日に行われた第56回西日本学生バスケットボール選手権大会(於・大阪市立中央体育館)。関学は園田学園女子大学と対戦し、73-60で完勝。全関西選手権(全関)でのリベンジを果たすとともに、創部初のベスト16進出を決めた。

 今大会出足が好調な関学。この日も好スタートを切る。PF中野麻由(社4)、C高野礼子(社3)を中心に攻め立て、19-11と8点リードして第1Qを終了する。

 このまま流れに乗りたい関学は、SG斉藤玲子(文4)の3Pシュートなどで突き放しにかかるが、園女大に制空権を徐々に奪われる。苦しくなった関学はオフェンスのリズムも悪くなり、36-34と2点差まで迫られ、ハーフタイム突入となった。

 全関では後半のシーソーゲームを物にできず、わずか2点差で園女大とのゲームを落とした。このまま逆転を許してしまうのか。それても意地を見せ、試合を制するのか。関学の勝利への気持ちが試される。

 第3Q開始早々、SG斉藤が3Pシュートを沈めれば、第2Q劣勢だったリバウンド争いでも優位に立ち、勢いに乗る。その後も順調に得点を積み重ね、55-45とリードを10点に広げ、最高の形で第4Qを迎えた。

 2分間のインターバルを挟んでも、流れは関学。主将・SG井田ちあき(文4)が外から射抜けば、PF中野が果敢にゴール下に攻め込み加点。流れをがっちりと掴み、決して園女大に渡さない。このまま時計は進み、73-60と内容のある試合運びで、創部初のベスト16進出の勝利を手にした。

 試合終了のブザーと同時に、コート上の選手たち、そしてベンチ・観客席が沸きかえった。選手たちは最高の笑顔を見せ、悔しい負け方となった全関の園女大戦とは、まるっきり違う表情だった。「気持ちを感じます」と主将・井田は、今大会快進撃を見せる関学の勢いを感じ取っている。「技術では相手が上、明日も気持ちを切らさずに、チャレンジャーとして挑みます」と、明日、東海学生リーグ5年連続1位、昨年全国大会準優勝の桜花学園大学に真っ向から挑む構えだ。今の関学には勢いを感じる。果たしてこの勢いは、桜花大に通じるのか。大注目だ。

投稿者 kangaku : 00:02 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 シードで登場も、早くも敗退

 5月30日に行われた第57回西日本学生バスケットボール選手権大会(於・大阪府立体育館)。関学は昨年ベスト8のためシードされ、4回戦から登場。しかし、愛知学泉大に52-70で敗れ、早くも大会から去ることになった。

 この日の対戦相手はここ2年間不振だったものの、第53・54回大会を連覇している愛知学泉大。今年は東海選手権で準優勝と復調の兆しを見せ、関学にとっては侮れない相手だ。

 立ち上がりは順調だった。PF松本義久(経4)を中心にオフェンスを組み立て、18-18で第1Qを終了する。第2Qに入ってもPF松本のカウントワンスローなど、序盤は互角の展開を見せる。しかし、徐々にインサイドを制圧されはじめ、学泉大・CF小林に思いのままに得点を決められれば、リバウンド争い
でも競り負け、点差が広がっていく。気がつけば32-40と、8点ビハインドで前半を折り返すことになった。 

 第3Q、何とか追い上げたい関学は、ゾーンプレスを仕掛ける。ここで相手の動きを封じ、点差を詰めたかったが、効果的に3Pシュートを決められ、流れを呼び込めない。43-54。11点のリードを許して、第4Qを迎えることになる。

 11点の点差を縮めるには、猛攻を仕掛けるしかない。だが、気持ちとは裏腹に、オフェンスは機能せず、逆に要所で学泉大に3Pシュートを連発され、万事休す。52-70と大敗を喫した。

 「リバウンドが取れていれば。セカンドチャンスがなかった」と主将・劉?志(社4)が語ったように、ここ数年の課題であるインサイドの弱さを露呈する結果となった。また秋に向けて、春の経験不足も心配される。今年は関西選手権・西日本選手権合わせて計3試合と、昨年同大会合計10試合と比べて極端に少ない。このあたりの影響が、今後どう響くのか。ただ、今年の夏は、韓国遠征をはじめ、1週間単位で遠征を繰り返すという。秋には、この遠征の経験を生かし、インサイドの弱点を克服した関学バスケットが見られることを願うばかりだ。

投稿者 kangaku : 23:53 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 延長戦制し、3回戦進出

 5月29日に行われた第56回西日本学生バスケットボール選手権大会2回戦(於・大阪市立中央体育館)。関学は西南女学院大学と対戦。延長戦にまで持ち込まれた接戦を制し、66-63で3回戦進出を決めた。

 前日の試合後、「気持ちです」と語った主将・SG井田ちあき(文4)の言葉通り、関学は試合開始から果敢に攻め立て、SG斉藤玲子(文4)が3Pシュートを含む連続得点でチームに勢いをもたらす。しかし、相手は九州の強豪・西南女学院大。簡単にはリードを広げさせてもらえず、互角の展開のまま16-15で第1Q終了となった。

 第2Q。関学の武器・アウトサイドシュートが爆発する。SG井田とSG改發あゆみ(文2)がそれぞれ2本ずつ3Pシュートを沈め、西女大を突き放す。オフェンスが機能すれば、ディフェンスも良くなり、相手の得点を11に押さえ込み、35-26と良い流れのままハーフタイムを迎えた。

 前半の流れのままプレーしたかった第3Q。西女大の猛追を受け、41-36と5点差に詰め寄られる。関学はタイムアウトを取るも、悪い流れを断ち切れない。しかし、この日チーム最多の20得点をマークしたPF中野麻由(社4)の連続得点で何とか持ちこたえ、わずか1点リードの43-42で第4Qに挑むこ
とになった。

 第4Q序盤、SG井田の3Pシュート、PF中野の3連続得点で一気に畳み掛ける。完全にムードは関学のものとなる。しかし、「油断してしまった。ここが悪い所」と主将・井田が試合後に語ったように、関学はリズムを自ら手放してしまう。再び点差は縮まり、60-59と1点リードのところまで詰め寄られてしまう。しかも、試合終了あとわずかのところで、相手にフリースローを与えてしまい、2本とも決められれば逆転という状況に立たされる。フリースロー1本目、ボールはリングに嫌われ、関学は救われるも、2本目をきっちりと決められ、同点。そのまま時間は過ぎ去り、60-60で延長戦となった。

 延長開始早々、西女大にこの日初めての3Pシュートを決められ、嫌な雰囲気がただよい始める。2点を返し、62-63となった延長中盤、関学を救う3Pシュートが決まる。決めたのは、PF中野。ボールがリングに吸い込まれたのを確認し、ガッツポーズ。ベンチも沸きかえった。この後は粘りのディフェンスで
守りきり、PF中野が決めたフリースローの1点を加え、66-63で接戦を制した。

 試合後、主将・井田は「気持ちが入り、良かった。でも、まだ相手のペースに合わせてしまっている。自分らのプレーをもうちょっと出さないと」と気持ちの出た戦い方に喜ぶとともに、反省点を明らかにした。「明日は負けたくない。園田学園には、全関(全関西選手権)で悔しい負け方をしているし、リベンジです。そして気持ちです」と、明日対戦する園田学園女子大戦に向けて強い決意を語った。全関で対戦した園女大とは競り合いになるもわずか2点差で敗れた。明日、関学はこの時の悔しさをぶつける。

投稿者 kangaku : 13:08 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 西日本初戦、快勝

 5月28日に行われた第56回西日本学生バスケットボール選手権大会1回戦(於・大阪市立中央体育館)。関学は浜松大学と対戦し、91-59で快勝した。

 この日の関学は出足から好調だった。リズムに乗ったオフェンスを展開し、早くも23-12と11点リードして第1Qを終えた。第2Qに入っても、リズムよく攻め立て、点差を28までに広げ、心理的に優位に立った。

 51-23で迎えた第3Q。関学はファウルが重なり、前半のようなゲーム展開に持ち込めない。だが、悪い流れのなかでも何とか持ちこたえ、66-39と余裕を保ったまま、第4Qに突入した。ここで関学は、主力選手をベンチに下げ、控え選手を大量に投入する。しかし、交代によるリズムの停滞もなく、順調に加点。最終的に点差は32と、91-59の快勝ゲームだった。

 明日、2回戦の対戦相手は西南女学院大学。九州の強豪校だ。昨年はベスト16に終わるも、一昨年は準優勝に輝くなど、関西学生リーグ2部の関学にっては胸を借りる相手だ。主将・井田ちあき(文4)も「向こうに合わせず、気持ちで。悪い時間を短くして、自分らのプレーをするだけです。気持ちです」と、臆することなく挑む姿勢を強調した。明日の試合の鍵は「気持ち」だ。

投稿者 kangaku : 17:41 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 成長見せた早関戦

 5月13日に行われた第78回早稲田大学・関西学院大学バスケットボール定期戦。前日に引き続きA戦とB戦が行われたが、B戦は同点、A戦は6点差で敗れる結果となった。

 B戦では早大の長身センターを抑えきれずインサイドから得点を許してしまう。しかし速い攻めで早大DFを振り切り、関学も得点を重ねる。大きく差のつかないまま試合は進み、88-88と同点で試合は終了した。

 午後より行われたA戦。開始直後、リバウンドが奪えず早大ペースで試合は進む。しかし新谷(経3)と宇部(商1)の投入で流れが変わり、反撃ムードに。2Qに入ると関学はゾーンDFを展開。これがうまく機能し早大の得点をストップさせる。しかし関学も攻めを欠き、試合はこう着状態に。後半、関学は全員がリバウンドに集中、早大にセカンドチャンスを与えない。ところが早大の3Pが決まりだし、点差は逆に開いてしまう。4Q、フロントコートからプレッシャーをかける強気なDFをみせ、追撃する関学。シュートも連続して成功し、逆転なるかと思われたところでタイムアップ。惜しくも81-87で敗れたが、前日からの成長を見せた試合内容だった。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「3Qのあたまにやられすぎた。でも昨日より粘りあるプレーができたし、成長したと思う。控えの選手もがんばってくれた」

投稿者 kangaku : 17:23 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 早大に苦戦

 5月12日、第78回早稲田大学・関西学院大学バスケットボール定期戦が関学体育館に於いて行われた。 

 一戦目に行われたB戦、関学のC宇部(商1)が先制点を取り、関東の強豪でもある早大に引けを取らないプレーで互角に試合を進めていく。また、根気強いディフェンスを魅せ、42-39で前半をリードした。続く後半も勢いは健在で果敢に攻める。だが、追い上げに遭い残りわずかで同点に持ち込むチャンスをもつかめず82-83で勝利を落とす。

 二戦目に行われたA戦、またしても先制点を奪ったのは関学であったが、早大に圧倒的強さを見せつけられる。瞬く間にシュートを決められ追い上げる立場となるも、集中を切らさず粘り強く攻めていく。だが、なかなか点差は埋まらないまま36-46で前半終了。そして後半、再度点差が開き始める。気持ちをつないで巻き返しを図るも62-103で敗れた。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「早大は強い。最初は走れていなかった、フィジカル面でやられてしまった。一人ひとり強いけど、戦えないことはない。明日は点差が開かないように、粘る」

投稿者 kangaku : 01:16 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 全関8位

 5月6日、なみはやドームに於いて行われた全関西女子学生バスケットボール大会。関学は大谷大と対戦し、47-72で敗北した。そして、今大会を昨年より一つ順位を落とす8位という結果で締めくくった。

先制点を奪われ、大大谷大に流れをつかまれた序盤。関学は体格のよい選手に対し、速いプレーで当たっていくも、気が焦ってしまったのかパスミスなどが目立つ。そんな中、G公文(社2)が3Pシュートを決めた。関学は勢いを取り戻し、追い上げをかける。そして、10点ビハインドで迎えた後半。なかなか点差を埋めることが出来ないまま、47-72で試合終了。昨年よりひとつ順位を落とす結果となってしまった。彼女たちのこれからの成長を信じ、次の西日本選手権を期待したい。

試合後のコメント
主将・井田(文4)「今大会で気持ちの大切さを感じた、これからは気持ちで勝つ。学年として最後だから一つ一つの試合を大切にし、次につなげる。ひとつでも多くの試合を出来るように頑張ります」

投稿者 kangaku : 13:11 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 園女大との激戦落とす

 5月5日になみはやドームで行われた全関西女子学生バスケットボール選手権大会。関学は園女大との大接戦を制することができず、71―73で敗れた。

序盤、主戦場となったインサイドで両校は火花を散らす。C高野(社3)のポストプレーやF中野(社4)のキレのあるドライブで加点する関学。しかしリバウンドが取れずに園女大に先行されてしまう。この流れを引き戻したのはF改發(文3)。2本の3Pを含む連続得点で点差を一気に縮める。DFも機能し始め、勢いにのってきたところで前半終了。

 前半の勢いで攻め立てる関学は、リバウンドからの速攻で続々と加点。リズムの崩れた園女大に詰め寄り3Q残り30秒、ついに勝負を五分に戻す。4Qは園女大も盛り返し、ミスの許されないシーソーゲームとなる。互いに意地を見せあう展開だが、いいタイミングで園女大のシュートが決まる。タイムアウトを取るも状況を立て直せず、71-73とシュート1本の差で勝利を逃した。

試合後のコメント
主将・井田(文4)「全体的に気持ちで負けていた。2点差でも大差でも負けは同じ。7位決定戦では絶対に勝ちます」

投稿者 kangaku : 12:59 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 まさかの敗北

 4月30日、尼崎総合体育館に於いて行われた全関西女子学生バスケットボール大会。関学は武庫女大と対戦し、74-81で敗北した。

 関学は序盤から強豪・武庫女大に果敢に攻めていった。先制点を取られるも、すぐさまカット後のシュートなどDFの隙を見てゴールを挑戦的に狙い、立て続けに得点を決めた関学は流れをつかむ。3点リードでつなげた2Q。関学は速いパス回しで積極的に攻めるも武庫女大の追い上げを受け、前半残りわずかで3Pシュートを決められてしまい、38-40。だが、関学の気持ちは途切れない。後半開始直後、SG斉藤(文4)が3Pシュートを決め関学のペースを作り、リズム良く得点を重ねる。また、カットボールからの速攻で、SG井田(文4)が3Pシュートを決め、勢いに乗った関学60-56で3Qを終えた。このまま、最後まで突っ走るかと思われた、最終Q。一進一退の攻防が続く中、残りわずか関学は気が焦りファールを繰り返してしまい武庫女大に追い上げられてしまう。その後、関学は追い返すことが出来ず74-81で武庫女大に敗れた。

試合後のコメント
主将・井田「カットインやファールを誘うようなプレーが出来ていなかった。チームの質は良くなっているし、試合の内容も悪くはなかったが、結果が全て。5位を目指し勝てるチームになる」

投稿者 kangaku : 19:43 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 天理大に敗れる

 4月29日、なみはやドームにて行われた関西学生男子バスケットボール選手権大会。関学は天理大と対戦し67―51で敗れた。

 序盤、天理大の高さのあるインサイドに先制を許すが、人数でカバーし対抗。C秋田(商3)も相手の前を取ってパスを入れさせない。一方関学も強力な天理大ディフェンスの前に攻め手を欠く。スローペースで均衡する展開。しかし関学は要所でリバウンドを奪うことができず、試合はじりじりと天理大ペースに傾いていく。天理大の息の合った連携攻撃に関学ディフェンスは分断、連続得点を許してしまう。
後半に入っても流れは依然として天理大。その点差も20まで開く。エース松本(経4)らの奮起も追い上げかなわず。一度もリードを奪うことなく51-67でゲームセット。関学は昨年の準優勝校だっただけに、悔しさの残るベスト16での敗退となった。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「インサイドをやられたのは痛かった。だが天理大を67点に抑えるディフェンスはよかった。秋のリーグ戦では同じ結果にはさせません」

投稿者 kangaku : 20:16 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 関西選手権初戦を快勝

 4月28日になみはやドームで行われた全関西学生男子バスケットボール選手権大会。関学は大工大と対戦し、104―69で勝利した。

 1Q、SG石橋(社2)が5つの3Pシュートを決めるなど大車輪の活躍。PF今田(法2)の力強いリバウンドで攻撃チャンスを増やした関学だが、甘いパスを3本もカットされるなどミスも目立つ。2Qに入り、流れを一気に引き寄せたのがC宇部(商1)。どっしりとしたプレーで続々と加点し、55-36で前半を折り返す。

 3Q、関学のリズムが崩れ大工大の追い上げを受けるが大きく開いた得点差を埋めるには至らない。4Qになると不調だったSF松本(経4)のロングシュートが入りだし、大工大を一気に突き放す。スコアが104-69となって試合は終了。強力な新入生と、大きく成長した2年生がチームを勢いづけ勝利したゲームとなった。

試合後のコメント
主将・劉(社4)「悪くない出来。初戦としてはまぁこんなもん。パスがちょっ
と甘かったかな」

投稿者 kangaku : 17:54 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 阪南大に圧勝

 4月15日に近畿大学に於いて行われた強化リーグ最終日。関学は第一戦目は阪南大学に80ー50で快勝。第二戦目は近畿大学に77ー105で敗北した。

投稿者 kangaku : 18:50 | コメント (0)

【バスケ部男子】 流科大に敗れる/新人戦

 12月9日、流通科学大学にて行われた平成18年度関西学生バスケットボール新人戦。関学は流科大と対戦し、75―79で敗れた。

 3日に行われた初戦を127―33と圧勝して、勢いに乗る関学。しかし今回は相手ホームコートでの対戦。序盤からわずかにリードを奪われる展開となる。前半残り3分、連続3Pを決められるが、インサイドとカットインで対抗。#4新谷(経2)のブザービーターでスコアを39―43とし、試合を折り返す。後半、速攻時のミスが続き、流れをつかむ事ができない。しかし第4Qに入ると、流科大のプレーが荒れ始める。相手の乱調に乗じて試合の主導権を握る関学は、連続得点で一気に試合をひっくり返す。ディフェンスでもいい動きを見せるが、流科大のTOで再び試合はこう着状態に。互いにファールをかさね、フリースローのポイントでゲームは二転三転する。#10石橋(社1)がスコアを70―70としたころでブザーが鳴り、試合はまさかの延長戦へ。延長でも点の取り合いは続くが、関学は大事な場面でフリースローをミス。その差を埋めることができず、75―79で試合は終了した。

 観客席で観戦していたエース・松本(経3)は「地力では勝ってるのに、自滅やな」とつぶやいた。ディフェンスや個人能力では勝っていたが、パスミスやフリースローで自らピンチを招いた。まさに自滅と言っていい内容に、メンバーたちは悔しさを残したままコートを去った。

投稿者 kangaku : 12:43 | コメント (0)

【バスケ部女子】 秋季トーナメント決勝進出

11月11日に行われた平成18年度関西女子学生バスケットボール・秋季トーナメント大会(於・本学体育館)。関学は京都教育大学と対戦し、90-74で快勝。決勝進出を果たした。

 今大会には、関西女子学生バスケットボール連盟の2、3部所属チームが参加し、トーナメント形式で優勝を争う。関学は3回戦から登場し、甲南大学に116-46で圧勝。続く準々決勝では、びわこ成蹊スポーツ大学に苦しみながらも73-70で勝利し、本日の準決勝・京教大戦に駒を進めた。
 この日は「、主将・#8井田ちあき(文3)の活躍が目立った。5本の3Pシュートを含む23得点と、オフェンス面でチームを引っ張った。その他にも、インサイドの柱として期待の掛かる#12高野礼子(社2)が確実にシュートを沈め、15得点と自分の役割をしっかりと果たした。
 チーム全体としては、ゲームの出だしが良くなく、またファウルも重なった。しかし第3Qは、リバウンド、スティールとディフェンスが機能し、その効果からオフェンスのリズムも生まれ、面白いようにパスが通り、シュートも決まる。このQだけで、32-7と一気に京教大を突き放し、第4Qは、ベンチメンバー
を大量に投入する余裕の試合運びを見せた。
 明日12日、決勝の相手はリーグ戦・2部3位の大阪大谷大学。リーグ戦・2部5位の関学との実力差は無いに等しい。注目の一戦は、相手のホーム・大阪大谷大学体育館で13時40分開始される。

試合後のコメント
主将・井田
「リーグ戦で結果が出ず、上手くいっていない感じで、建て直しが必要と感じていました。明日の決勝は、最初から第3Qのようないいゲームができるようにしたいと思います」

投稿者 kangaku : 13:18 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 園田学園女子大に勝利

 11月8日に本学体育館で第34回兵庫県学生バスケットボール優勝大会が行われ、関学は園田学園女子大学と対戦した。関学は第1Qに20-25と5点リードを許すも、その後逆転に成功。最後は85-63と圧勝した。
%238ida.jpg %2314kaihatsu.jpg

投稿者 kangaku : 12:50 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 リーグ戦1部・10位で終了

 10月22日に行われた平成18年度関西学生バスケットボールリーグ戦最終日(於・天理大学体育館)。関学は立命館大学と対戦。90-99で黒星を喫し、1部リーグ戦を4勝7敗の10位で終了した。10位は昨年と変わらなかった。

 目標のインカレ出場は今年も叶えることができなかった。開幕3連敗、そしてインカレ出場の望みを完全に絶たれた天理大戦での痛い敗戦。今年もいくつもの黒星を重ねてしまった。「最後は勝って終わりたい」。これが今日の目標だった。
 前半、関学はエース・#7松本義久(経3)そして今季急成長の#15・新谷浩平(経2)の3Pシュートを中心にオフェンスを組み立てる。しかし立命大に、関学を上回る3Pシュートで応戦され、43-51と8点のビハインドを背負って終了する。
 第3Qに突入すると、流れを立命大に持っていかれ、関学が12点を積み上げる間に、立命大に25点を奪われてしまう。「最終戦を勝利で飾りたい」関学と「インカレ出場のわずかの望みに懸ける」立命大。目標の差が第3Qに表れてしまった。
 そして4回生にとって最後の10分間となる第4Q。主将・#4綾部有(社4)と#6井上優司(文4)が持ち味の3Pシュートを連発し、オフェンスを盛り立てれば、#5楠幸司(社4)も華麗なスピンムーブから得点を挙げるなど、4回生は最後の10分間にすべてをぶつけた。そして来年チームの中心となるべき、エース・松本も類まれな得点力を発揮、#9劉?志(社3)もパス・得点とチームに貢献した。一方のディフェンスでは、オールコートディフェンスを敷き、追い上げを図る。ディフェンスを突破され得点を挙げられても、彼らは足を止めようとはしなかった。最後は執念のオフェンスとディフェンスで90-99と9点差にまで追い上げ、第3Qからスコアを12点縮めることに成功した。
 しかし負けは負けである。「90-99」というスコアは、引退する4回生には忘れられない数字となるだろう。今年も悔し涙を流した選手たち。来年はインカレ出場を決め、嬉し涙を流す選手たちを見てみたい。

試合後のコメント
主将・綾部「最後は勝って終わる目標があった。常に向こうに先手を取られてしまった。目標のインカレを達成させてやれなかったのが…これが課題かな」

投稿者 kangaku : 00:06 | コメント (1)

【バスケットボール部男子】 同志社相手に100点ゲームで快勝

 10月21日に近畿大学で行われた関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は同志社大学と対戦し104‐88で快勝した。これで総合成績を4勝6敗とした関学は、1部残留が決定した。

 第1Qは両者競り合う展開。第2Q、関学のシュートがよく決まり、点差を広げていく。同大がタイムアウトを取るも流れは変わらず、#5楠(社4)・#6井上優(文4)・#7松本(経3)・#15新谷(経2)が次々と3Pシュートを決める。一気に15点差をつけ前半を終了した。
 第3Q開始直後から同大が猛追。ややペースを乱した関学に詰め寄るが、#4綾部(社4)の投入が流れを差し戻す。すぐさま3Pを決め、直後のディフェンスではボールをスティール。同大のインテンショナルファウルを誘ったこのプレーで関学サイドは沸き立った。リズムをつかんだ関学は攻守ともにうまく機能し、再び同大を寄せ付けることなく試合終了。終わってみれば久々の100得点以上での勝利だった。
 今季リーグの成績を4勝6敗とした関学は、最終戦を迎える前にリーグ10位以上が確定。1部残留が決定した。

試合後のコメント
主将・綾部「シュートも決まったけど、それ以上に同大の得点源をちゃんと抑えられたのがよかった。明日が4回生は最後の試合やけど、勝って引退したいね」

投稿者 kangaku : 16:24 | コメント (1)

【バスケ部男子】 甲南大に完勝

 10月15日、甲南大学体育館で行われた関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は甲南大学に96ー83で勝利した。

 試合開始と同時に、#6井上優司(文4)・#7松本義久(経3)が立て続けに3Pシュートを決め、関学ペースで試合を進めていく。だが、甲南大はファールを誘うのがうまく、関学は何度もファールをしてしまう。それでも、関学はファールを恐れず果敢に攻めていく。続く第2Qも、速いパス回しでテンポよくシュー
トを決め、前半を56-42と好調に終えた。後半、リバウンドをほとんど甲南大に取られてしまい、流れは甲南大へ傾く。そして、関学はなかなかシュートも決まらず、プレーが乱れてしまう。そんな中、迎えた第4Q、#7松本が積極的にリバウンドを取り関学に流れが戻ってくる。#15新谷浩平(経2)が3Pシュー
トを決めるなど、得点ラッシュは止まらず、96-83で甲南大に完勝した。

試合後のコメント
主将・#4綾部有(社4)
「シュートが決まり、ディフェンスも徹底マークできて良かった。試合前の雰囲気が前回と違って、良い雰囲気で試合に入れた。リバウンドを取るときのミスで苦しくなった。シュート入らない時に、どんだけリバウンド・ディフェンスができるかにかかってくる。あと一週間めっちゃええ練習して、勝つ」

投稿者 kangaku : 20:25 | コメント (1)

【バスケ部男子】
天理大に惜敗、3年連続でインカレ出場権を逃がす

 10月14日に行われた平成18年度関西学生バスケットボール選手権大会8日目(於・甲南大学体育館)。関学は天理大学と対戦。62-63で敗れ、今季の負け越しが決定。この結果、関学はインカレ出場権を得られる4位以内に入る可能性がなくなり、3年連続でインカレ出場を逃がしたことになる。

 リーグ戦も残り4戦。2勝5敗の9位と低迷にあえぐ関学は、わずかに残されたインカレ出場の望みを絶たないためにも、残り試合を全勝しなければならない。

 この日の関学は、天理大の強固なディフェンスの前にオフェンスが機能しない。エース・#7松本義久(経3)と#15新谷浩平(経2)の個人能力で何とか得点を挙げていくも、第1Q終了時点で、14-20と劣勢に立たされる。第2Qに突入しても、関学のオフェンスは鳴りを潜め、点差はついに「10」にまで拡大してしまう。

 ハーフタイムをはさみ迎えた第3Q。関学の攻め手は、依然としてエース・松本と新谷の2人。彼らにオフェンスを託すしかなかった。だが、これでは点差を縮めることはできず、40-49とついに土俵際に追い込まれた。インカレ出場の望みをつなぐために、残された時間は10分。最終第4Qが、今年の関学の運命を決することになる。
 
 関学は気持ちのこもった激しいディフェンスからリズムをつかみ、点差を縮める。しかし天理大にタイムアウトを取られ、流れを遮断されてしまう。時計が進み、残り2分51秒。関学がタイムアウトを取る。この時点で、スコアは53-61の8点差。この厳しい状況のなかでも、選手たちの集中力は途切れることは
なかった。ここから関学の怒涛の追い上げが始める。

 #6・井上優司(文4)がスリーポイントライン後方から3Pシュートを沈め、反撃の狼煙を上げると、エース・松本が、難しい体勢からバックシュートを決めて3点差。流れは完全に関学に傾く。

 残り27秒、審判の笛が鳴り響く。天理大のファウルで、フリースローを獲得。シューターは松本。松本は落ち着いて2本とも沈め、ついに1点差。そして残り9秒。またしても審判の笛が鳴り、フリースローラインを指差す。関学のフリースロー。シューターは、再びエース・松本。緊張感漂うなか、エースは動じる様子を見せず、まずは1本目を成功。61-61の同点。次を決めれば逆転となる。

 松本はボールをセットし、シュートを放つ。ボールは大きな弧を描き、ゴールに吸い込まれていく。松本の会心のガッツポーズ、そして沸き立つベンチ。62-61と最後の最後に、関学がついに試合をひっくり返した。
 
 あとは、残り9秒を守りきるだけ。天理大のタイムアウト後、関学はわざとファウルを犯し、天理大のスローインに誘い込む。「絶対に得点を許さない」。関学ディフェンスのプレッシャーが天理大を襲う。そして、スローインされたボールを、主将・#4綾部有(社4)がスティール。これで、関学ボールになったかと思われたが、ボールがうまく手に付かず、バックパスと判定されてしまう。

 再び、天理大のスローイン。関学は必死にプレッシャーを掛けるが、ボールをゴール下につながれてしまう。そのボールを、天理大・#10李にねじ込まれ、62-63。痛恨の逆転負け。無常にもインカレ出場の望みが絶たれてしまい、4回生引退のカウントダウンが始まってしまった。

 試合後のミーティング。重い空気が選手たちを覆う。そして4回生の目には涙が浮かんでいた。

試合後のコメント
主将・綾部「ディフェンスが悪かった。大事な場面でチームがひとつになれなかった…。残
り3試合、絶対全部勝つ」

投稿者 kangaku : 20:06 | コメント (1)

【バスケ部男子】 リーグ戦2勝目、最下位脱出

 10月8日に行われた平成18年度関西学生バスケットボールリーグ戦・7日目(於・滋賀県立体育館)。関学は大阪商業大学と対戦し、86-74で快勝。リーグ戦の連敗を2で止め、通算2勝5敗とし、最下位から脱出した。

 エース大爆発。この日、#7松本義久(経3)はチームトップの28得点を挙げ、チームをリーグ戦2勝目に導いた。
 1試合平均18得点は、得点ランキングの8位とエースの名に恥じない活躍を見せている松本。しかし、チームは6日目を終えて、1勝5敗の最下位と不振に陥っていた。このまま黒星を重ねていくのか、この日はチームの今後を左右する大事な試合だった。
 第1Q、得点でチームを引っ張ったのは、松本ではなく、秋シーズンからスコアラーとしての才能の片鱗を見せ始めた2年生の#15新谷浩平(経)。3Pシュートを確実に沈めるなど8得点を挙げた。松本のエンジンがかかり始めたのが第2Q。外からシュートを放っても良し、果敢にゴール下にドライブしても良し
と、相手に的を絞らせない攻撃で、得点を挙げていく。そして終了間際には、リバウンドからシュートをねじ込み、40-40の同点に持ち込んだ。
 後半からは、まさに松本の得点ショー。第3Qだけで3Pシュートを次々に4本沈め、チームに勢いをもたらす。松本に続くように、#6井上優司(文4)も3Pを3本沈め、一気に大商大を突き放した。
 第4Qも要所で、松本が得点を挙げ、86-74で関学が勝利。エース松本の得点力がチームに勝利をもたらした。
 リーグ戦も残り4戦。わずかに残るインカレ出場の可能性を絶たないためにも、一敗も許されない厳しい戦いが続く。

試合後のコメント
主将・#4綾部有(社4)
「後半はリバウンドがよう取れとったのが良かった。あとは勝つしかない、全勝で」

投稿者 kangaku : 18:39 | コメント (1)

【バスケ部男子】 大産大に惨敗/秋季リーグ戦

 9月24日、松下電器体育館で行われた関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は大阪産業大学に60対95で惨敗した。

 #6井上優(文4)のスリーポイントシュートによって調子のよいスタートをきった。第1Qは大産大に追い上げられるも19-15でリード。第2Q、2ゴール差はあっという間に追い越され、追う立場になってしまう。フリースローでなんとか追い上げるも追い越すことはできずペースを乱していく。そして8点差でリードされたまま始まった後半、積極的にリバウンドをとりシュートを決めていくが大産大の流れは止まらず、ますます点差を広げられてしまう。あまりの点差に選手たちの気持ちは焦り、ミスが多くなってしまい60-95という大差で負けてしまった。5敗目を喫した関学にはもはや後がない。

投稿者 kangaku : 19:16 | コメント (1)

【バスケ部男子】 京産大に敗れインカレ出場黄信号

 9月23日に松下電器体育館で行われた関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は京都産業大学と対戦し80‐92で敗れリーグ戦4敗目を喫した。

 春の関西選手権決勝以来となる京産大との戦い。序盤から試合は京産大ペースで進行していく。だが関学も一定以上の差は許さず追う展開。#7松本(経3)と#15新谷(経2)のシュートが続々と決まり、いい流れを作ったところで前半が終了。第3Q、高さのある京産大インサイドをうまくディフェンスで押さえ込む。しかし外からシュートを決められ、点差はじわじわと広がっていく。追撃の糸口をつかめないまま迎えた第4Q。3P攻勢を仕掛けるが、リバウンドを奪う事ができず、逆転はならなかった。

 現在リーグ前半戦を終えて成績は1勝4敗で8位。インカレ出場のためには、関学はもう1敗も許されない状況に立たされた。この瀬戸際、がけっぷちの状態でいかに集中力を持続できるかが課題になるだろう。

投稿者 kangaku : 23:47 | コメント (1)

【バスケ部男子】 大院大に競り負ける/リーグ戦

 9月10日になみはやドームで行われた平成18年度関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は大阪学院大学と対戦し、最後まで接戦を繰り広げたが73-77で敗れた。

 決して悪い内容ではなかった。#5楠(社4)のやわらかなシュート、#15新谷(経2)のドライブで勢いに乗った関学は、接戦ながらも試合をリードし続けた。前回の反省点であったリバウンドも改善され、インサイドは関学が支配していた。勝敗を分けたのは、両チームのミスの数だった。得点された後の反撃でのパスミス。速攻のシュートミス。ここぞという場面でのミスが第3Qに集中してしまった。このスキが、大院大の追撃ムードを作り、終盤の競り合いに敗れる原因となった。

 「勝てる相手やったな」と主将・綾部(社4)は苦笑いを浮かべた。しかし、前回に比べチームの状態は確実によくなっていると言う。次の試合までの5日間、どれだけコンディションを高められるかが今後を左右するだろう。

投稿者 kangaku : 15:33 | コメント (1)

【バスケ部男子】 痛恨、リーグ開幕戦黒星発進

 9月9日に行われた平成18年度関西学生バスケットボールリーグ戦・第1戦(於・なみはやどーむ)。関学は関西大学と対戦。64-98と大敗し、厳しい船出となった。

 「やられたらあかんことをやられてしまった」。主将・綾部(社4)は試合後、淡々と振り返った。リーグ開幕戦に、34点差という目を覆いたくなる数字を突き付けられた関学。だが、その原因は単純だ。関学の弱点・リバウンドをことごとく奪えなかったからだ。これで、試合開始から、セカンドチャンスを与えてしまい、関大オフェンスに火を付けてしまう。さらに「ここからが追い上げのチャンス」という時にも、関大にタイムアウトを取られて、流れを断ち切られてしまう。この積み重ねが34点差という数字に表れてしまったのだ。
 
 昨年もリーグ初戦に関大に敗れて黒星発進。そして最終的にインカレ出場を逃した。今年のチームは、昨年の二の舞となってしまうのか。それとも立て直して、4位までに与えられるインカレ出場権をもぎ取るのか。優勝候補の本命・京都産業大学が開幕戦に敗れたことが物語る通り、12チームが参戦する今年のリーグ戦は混戦模様だ。この混戦を戦い抜くには、気持ち、「勝ちたい」気持ちが重要になってくる。チームがひとつとなり、1試合、1試合を大事に取り組めば、久しぶりのインカレ出場が自然と見えてくるはずだ。

投稿者 kangaku : 19:56 | コメント (1)

【バスケ女子】 2部5位に/秋季リーグ戦

 9月2日に関西大学で行われた関西学生女子バスケットボールリーグ最終戦。関学は龍谷大学と対戦し86-66で快勝した。これにより2部2次リーグの成績は3戦全勝。最終成績は2部5位となった。
 

 昨日とは一転、点の取り合いとなった今日の試合。関学は攻守の切り替えが早く、速攻を連発。龍大も対抗するが、関学の速さについていけず、点差が広がる。前半終えて関学は13点のリード。後半もそれ以上点差を詰められることなく86-66で勝利した。

 今日の関学はインサイド陣が奮起、ゴール下での力強いプレーが目立った。中でも、#12高野(社2)のプレーは秀逸。龍大インサイドに体格で勝る高野は得点・リバウンド・ブロックと大車輪の活躍を見せた。調整がうまくいかず、今までベストなコンディションで戦えなかった彼女は、最終戦に力を爆発させた。

 リーグ全日程を終えて、成績は2部5位。1部昇格ならずという結果に、#8井田(文3)は「1年で1部に復帰を目標にしていたので、やはり悔いの残る戦いになりました」と話す。その原因は個々の部員の気持ちが足りなかったからだという。実力はある選手が多いだけに、チームの建て直しのポイントは気持ち、メンタルな部分になっていくだろう。主力が1・3年生という若いチーム、関学。秋季のトーナメント、そして、来年へ向けて新たな戦いの日々が始まった。

投稿者 kangaku : 19:35 | コメント (1)

【バスケ部女子】 2次リーグ同志社女子に勝利

 9月1日、東大阪アリーナにて行われた関西学生女子バスケットボールリーグ。関学は同志社女子大学と対戦し58‐48で勝利した。

 1次リーグを終え、戦いは上位・中位・下位と4チームごとに分けられた2次リーグへと舞台を移した。関学は中位リーグに所属し、2部5位を目指す。

 ロースコアなゲームとなった同志社女子大との戦い。10点差での勝利だが、試合内容は不安が残るものだった。第3Q終了時点で53-35と18点リードで迎えた第4Q。同志社女子大の得点ペースはそのままなのに対し、関学の加点は止まった。ペースダウンではなく、完全にストップ―。そのため安全圏だったはずの点差はみるみる縮まり、ついに1桁に。#12高野(社2)がようやくシュートを決めたのは残
り時間が3分になった頃だった。7分の空白の時間を作ってしまった今試合。この大きすぎる課題に、チームは試合後かなり長い間ミーティングを行っていた。

投稿者 kangaku : 22:00 | コメント (1)

【バスケ部女子】
3勝2敗で次の戦いへ/秋季リーグ戦

 8月30日に東大阪アリーナで行われた関西女子バスケットボールリーグ戦。関学は滋賀女子大学と対戦し78-62で勝利した。これにより2部リーグAブロックでの成績が3勝2敗で3位となり、9月1日より2部中位リーグを戦う。

 序盤から試合をリードする関学。しかし第2Qに4分間両チーム無得点の時間があるなど試合は不気味に進行していった。そんな中目立ったのは3年生トリオの#6中野・#7斉藤・#8井田。中野のインサイドプレー・斉藤のオフザボールの動き・井田の3Pシュートとそれぞれの持ち味を活かしたコンビネーションで滋賀女子大を突き放す。3人の活躍もあって後半は安定した試合運びの関学。78-62で勝利を収
めた。

 まさかの連敗を喫したあとの試合。チームの雰囲気も悪かったと井田は話す。1部昇格の道が潰えたという現実を前に、当たり前と言えば当たり前だ。しかしチームには2次リーグがまだ残されており、気のゆるみは許されない。

投稿者 kangaku : 21:57 | コメント (0)

【バスケ部女子】
1部への自力昇格が途絶える/秋季リーグ戦

 8月27日に行われた平成十八年度関西学生女子バスケットボール選手権大会・第四戦(於・大阪教育大学)。関学は大阪国際大学に47-66で大敗し、1部への自力昇格の可能性が途絶えた。

 負けられない一戦だった。しかし最終スコアは47-66の大敗。力の差は歴然としていた。関学の持ち味であるアウトサイドからのシュートを簡単に打たせてもらえない。ただパス回しをするだけで、苦しい体勢からのシュートになってしまう。初めて決めた3Pシュートが、第2Qの残り2分21秒だった事実が、大国大ディフェンスに苦しんでいたことを物語っている。第3Qに入ると、流れは完全に大国大に傾く。関学は大国大のオフェンスの波を止めることはできず、関学がわずか5得点しか奪えない間に、大国大には18得点を許してしまう。この時点で、34-56とゲームの大勢は決してしまった。第4Qは、決まり出した3Pシュートで追い上げを図るも、結果は変わることなく、大事な一戦を落としてしまった。

投稿者 kangaku : 21:48 | コメント (0)

【バスケ部女子】
エース不在もなんのその!びわこ成溪大に快勝/秋季リーグ戦

 8月26日に行われた平成十八年度関西学生女子バスケットボールリーグ戦・第3戦(於・大阪教育大学)。関学はエース・岸良不在を感じさせない戦いぶりを見せ、びわこスポーツ成溪大学に84‐57で快勝した。

 リーグ第2戦で負傷交代した#5岸良奈々(商3)の診断は、「今シーズン絶望」。これで関学は、エース・岸良を欠いた状態で、残りのリーグ戦を戦うことになった。

 エース不在のなか、チームを引っ張ったのは、#15公文真衣(社1)。PGの役割をきっちりとこなす、巧みなゲームメイクを披露。バランス良くパスを散らして、チーム全体で6人が二桁得点を挙げるオフェンスにつなげた。また自身もその一人として、チーム最多の18得点を挙げる活躍を見せた。
 だが、今日のバランスの良い攻撃は公文一人の力だけではない。「エースがいるという安心感がこれまではありました。でも、この機会にチーム力の向上つなげたいと思いました」と、#8井田ちあき(文3)が語るように、チーム全体で、エース不在の穴を埋めようと奮起した。まだまだゲーム中の好不調の波が激しいという課題がある。それをいかに短くできるか、エースを失った関学の本領が残りのリーグ戦で試されている。

 8月26日現在、大阪国際大学が3戦全勝で、2部・Aブロックの首位。続いて、関学と関大が2勝1敗で並んでいる。関学は明日27日に首位・大阪国際大学と対戦する。1部昇格のためには、負けられない一戦だ。

投稿者 kangaku : 15:54 | コメント (0)

【バスケ部女子】 関大に惜敗/秋季リーグ戦

 8月24日に龍谷大学で行われた関西女子バスケットボール二部リーグ2回戦。関学は関西大学と対戦し、70‐71で惜しくも敗れた。試合中#5岸良(商3)が膝を負傷、病院で検査を受けている。
オールラウンダー#5岸良.jpg

 試合開始直後、関学はリズムが掴めず関大にリードを許す。第1Q終了時には1点のリードを奪ったものの、第2Qでは再び試合の主導権を関大に握らせてしまう。ゲームは関大ペースで進んだが、関学が追い上げを見せ36-36の同点で前半を終了した。

 ロングシュートの応報となった第3Q。関大が3連続で3Pシュートを決めると、関学も負けずに3本の3Pシュートで対抗する。力が拮抗し、大きく差のつかないまま試合は終盤へ。

 第4Q、アクシデントが発生。#5岸良が着地の際に関大の選手と接触、膝を痛めコートを去った。これで流れは関大に傾くかと思われたが、ゲームは依然こう着状態。残り時間1分、関学は関大の3Pシュートを浴び、リードを許してしまう。逃げ切りをはかる関大にディフェンスでプレッシャーを与える関学。ボールを奪いフリースローをのチャンスを得るも、あと一歩のところでブザーが鳴り70-71で試合終了。シーソーゲームを制する事はできなかった。
 
 試合後、#8井田(文3)は「敗因は力より気持ち。ハングリー精神が向こうが上回っていました」とコメントした。また、負傷退場後、病院に向かった岸良の状態は不明だが、関学のキープレーヤーであるだけに、できるだけ早い復帰が期待される。

投稿者 kangaku : 14:30 | コメント (1)

【バスケ部女子】 リーグ初戦を快勝

 8月23日に龍谷大学で行われた関西女子バスケットボール二部リーグ1回戦。関学は神戸親和女子大学と対戦し、94‐53で勝利した。
攻守に活躍する#15公文.jpg

 序盤から親和大を寄せつけない関学。#5岸良(商3)の連続得点、#8井田(文3)のロングシュートを皮切りに、一挙に大量リードを奪う。2Q以降はベンチメンバーが続々と投入され、49-17で試合を折り返す。後半、親和大が関学の動きに対応し始めるも時すでに遅し。94-53で終了のブザーが鳴り、関学は危なげなく勝利した。

 試合後、#8井田は「勝ったけどチームの反省点や課題がまだまだ多く感じます。私個人としては後半もっとシュートを決めないとダメですね」とコメントした。1部復帰をかけた今回のリーグ戦。残りの6チームとどう戦っていくか、注目だ。

投稿者 kangaku : 14:35 | コメント (1)

【バスケットボール部男子】 今年も惜敗

 第29回総合関関戦1日日、バスケットボール部男子の試合が関西大学中央体育館で行われ、57対63で関大が勝利した。

 普段と異なるスターティングメンバーで始まった関関戦。序盤は互いにシュートが入らず、第1Q終了時に10-10というロースコアな展開に。

 第2Q、#17新谷(経2)が3本の3Pシュートを決め、リードを奪う。そして好ディフェンスで関大の得点をストップさせ、10点のリードで前半を終了した。

 第3Q、インサイド陣が気合を見せリバウンドを取るも、シュートの入らない時間帯が続いた関学。その間に関大は着々と加点し、逆転を許してしまう。反撃のチャンスをつかもうとするところに関大#6西井に3Pシュートを決められ、関大ペースのまま第4Qへと試合は進んでいく。

 第4Q、ファウルが重なり、関大に幾度もフリースローを与えてしまう。これを決められ、点差はなかなか縮まらない。しかし関大の柱、#11阪下がファウルトラブルでベンチに下がる好機が訪れる。#6井上優(文4)はこのチャンスを逃さなかった。甘くなったディフェンスをかわし、3Pシュートをリングへ沈める。このワンプレーで会場のボルテージは一気に上がり、関学の追い上げムードに火が付いた。その後も#6井上優は3Pシュート、#7松本(経3)へのアシストで攻撃を演出。10点以上あった得点差は1点にまで縮まった。

 #7松本の渾身のシュートブロックで湧く関学ベンチ。しかし直後の#9劉(社3)のシュートはリングに嫌われ不成功。残り時間が1分を切ったころ、#6井上優のファウルで関大にフリースローを与えてしまう。これをひとつ決められ、点差は2点に。1秒でも多く攻撃時間が欲しい関学はファウルゲーム(※)を選択。しかしここでのフリースローを2本とも決められ4点差。あきらめず3Pシュートを放つ関学だが、シュートは外れボールは関大の手に。再び関大がフリースローを2本とも決め、点差が6となった所で無情にも
タイムアップ。57-63で関学が敗れる結果となった。

 昨年に続き今年も大接戦の末に敗れてしまった関学。主将・#4綾部は「魅せるゲームはできたと思うが勝てず、くやしい」と振り返った。両校ともミスが多かった点については、「相手のミスに付き合ってこっちまでミスする必要はなかった」とコメントした。

(※)ボールを手にするために、わざとファウルをしてスローインやフリースローを打たせる作戦。

投稿者 kangaku : 18:18 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 実力差見せつけ勝利

 第29回総合関関戦1日目、バスケットボール部女子の試合が関西大学中央体育館で行われ、93対84で関学が勝利した。

 試合開始直後、関学はシュートが入らずややリードを奪われる。しかし、カットインを中心に攻撃を繰り出し、すぐに試合の主導権を取り戻す。#7斎藤(文3)#14改發(文2)のインターセプトもあり、リードを広げていく関学。関大にワンマン速攻を許す場面も見られたが、直後に#17佐藤(社1)がパスカットからワンマン速攻をお返しするなど常に関大の一歩先をいく戦いで前半を43―30で折り返す。

 後半、#5岸良(商3)#7斎藤が連続3Pシュート、素早い速攻と攻撃面で大活躍。ディフェンスでも#5岸良、#6中野(社3)がリバウンドを次々奪う。この第3Qで関大をさらに突き放し、試合の大勢はほぼ決した。しかし第4Q、主力を下げた関学に、フルメンバーチェンジした関大が襲いかかった。関大の圧力に押された関学ガード陣は、ボールをうまく運ぶ事ができない。パスミスでボールを関大に渡してしまうなど、お粗末なシーンも少なくなかった。戦況を覆されるには至らなかったが、勝ち試合とは思えない展開のまま終了のブザーが鳴った。
 
 今日の試合を通して見えたのはスタメン3年生の存在の大きさだ。岸良、中野、斎藤の攻守に渡るチームへの貢献は大きく、まさにチームの三本柱と呼べるだろう。しかしそれだけに、彼女らがベンチへ下がった時の戦力低下も問題となる。今日はそれが浮き彫りとなったゲーム内容だった。

投稿者 kangaku : 16:11 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 西日本初戦突破

 5月30日に行われた第55回西日本学生バスケットボール選手権大会(女子)(於、大阪府立体育会館)。関学は92-65で常葉学園大学を下し、初戦を突破した。

 前半の関学は精彩を欠いていた。格下相手にオフェンスは低調で、ディフェンスも機能しない。32-38とまさかのリードを許しハーフタイムを迎えた。
 一転後半に入ると関学は、前半とは見違えるパフォーマンスを披露。疲れが見え出した常葉学大を尻目に、速攻から次々と得点を挙げる。そして第3Q残り6分24秒に#5岸良奈々(商3)のシュートで逆転に成功。その後も#8井田ちあき(文3)が3Pシュートを高確率で沈めるなどして、完全にゲームを支配。
最後は控えメンバーを出す余裕を見せた関学が、92-55と順当に勝利し、次に駒を進めた。
 あすの対戦相手は全関西選手権第3位の大阪人間科学大学。この大会を第7位で終えた関学にとっては格上との対戦になる。後半できたバスケットを試合開始から展開すれば、勝機は見えてくる。難敵相手に関学はどう挑むのか、彼女らの奮闘に期待したい。

投稿者 kangaku : 17:57 | コメント (1)

【バスケットボール部男子】 西日本大会順調な滑り出し

 5月28日、大阪府立体育館で行われた第56回西日本学生バスケットボール選手権大会一回戦。関学は兵庫県立大学姫路キャンパスと対戦し、120―55で快勝した。

 今日は終始関学がゲームを支配していた。関学の選手たちは序盤からのびのびとプレーし、フロアを駆け回る。その勢いに対応しきれない相手はファールを連発。関学はそこで得たフリースローを次々と決め、さらに関学への流れは加熱。56―31で前半を終了する。
 第3Q、2連続得点を決めた直後の#15秋田(商2)が左足を負傷し途中退場。このアクシデントにもチームは屈しない。強いプレッシャーのディフェンスで兵県大姫路を抑え込む。そこからボールを奪い続々加点、5分間で20得点するに至った。
 第4Qもディフェンスが冴えに冴え、兵立大姫路の攻撃を封じこめる。反撃という反撃をさせないまま試合は進み、120―55の大差で勝利を収めた。
 
 今日はベンチメンバーも全員出場を果たし、それぞれの持ち味を活かしたプレーを見せた。中でも目立ったのが#17新谷(経2)と#20松川(法1)。多少荒っぽい面はあったがそのオフェンス力には目を見張るものがあった。試合を振り返り、#4綾部主将(社4)は「全員が出られてよかった。失点は50点以内に抑えたかったけど」とコメントした。
 今大会、関学はベスト4入りを目標としている。その最初の大きな障壁となるのは3回戦での対戦が予想される大体大だ。昨年のリーグでは敗れているという相性の悪さ、スタメンC秋田のけがなど、不安要素は多い。しかし、今日のような引き締まったディフェンス、ミスのない試合運びができれば、おのずと勝機は見えてくるだろう。

投稿者 kangaku : 19:59 | コメント (1)

【バスケットボール部男子】 関西選手権準優勝!!

 5月5日、東淀川体育館で行われた第33回関西学生バスケットボール選手権決勝戦。男子バスケットボール部は京都産業大学と対戦した。試合は66‐87で敗れはしたものの、大会準優勝、関西ナンバー2の座に輝いた。また、優秀選手賞をはじめ多数の個人賞も受賞した。

個人賞受賞者
優秀選手賞・得点王 松本義久(経3)
敢闘賞・3ポイント王 井上優司(文4)
アシスト王 小林左将(法2)

松本義久.JPG井上優司.JPG小林左将.JPG
写真:左から松本、井上、小林

 序盤、関学ディフェンスが機能し、京産大のインサイドでのプレーを抑え込む。#6井上優が幾度もボールを奪い取りチャンスを演出するが、京産大の現役日本最長身センター、菅谷の前に容易にシュートを決める事ができない。そのまま細かいファールが重なり徐々に点差を離されていく。
 後半、うまくかみ合っていたディフェンスが疲れから徐々に破られだす。加速する京産大ペースをなんとか打開しようとアウトサイド陣が奮闘するが、傾いた流れを再び引き戻す事はできない。そのまま試合終了のブザーが鳴り響き、66-87と大きく差をつけられ京産大に敗れる結果となった。
 試合終了後行われた閉会式で各賞の表彰が行われ、松本が優秀選手賞・得点王を、井上優が敢闘賞・3ポイント王を、小林がアシスト王を受賞した。
 今大会を振り返り、主将・#4綾部有(社4)は「とりあえず当初のベスト4という目標は達した。今大会気持ちよく勝てた試合は少ないが、粘りのある戦いができ、それがこの準優勝という結果に繋がった」と話した。今大会は各個人ランキング上位に関学の選手が名を連ねた。選手ひとりひとりの能力の高さの結果だと言える。しかし綾部は「それだけ個人能力に頼った戦い方をしているという表れ。もっとチーム全体で戦えるようにならないと」と慎重なコメントを残した。昨年チームはリーグ2部降格の危険すらあった。その状況から関西ナンバー2へと大きな変身を遂げた男子バスケットボール部。今月下旬より行われる西日本選手権でもその活躍から目が離せない!!

各賞受賞者の受賞の感想
松本「受賞はたまたま。プレー中は必死やったしあんまり意識してません」
井上「まだ実感はないです。調子がよかったせいもあると思います」
小林「シュートが決まらないとアシストはつきません。賞を取れたのはみんなが
シュートを決めてくれたおかげです」

投稿者 kangaku : 20:13 | コメント (1)

【バスケットボール女子】 全関西選手権第7位

 5月5日に行われた第27回全関西女子学生バスケットボール選手権大会7位決定戦(於・なみはやドーム)。関学は天理大学相手に89―83で勝利し、第7位となった。

前日、立命館大学相手に大敗を喫した関学。関学はその試合から得た反省点を活かそうと試合に臨んだ。しかし前半、その気持ちが空回りしてしまい、関学はちぐはぐなオフェンスに終始。またリバウンド争いの主導権も相手に握られてしまい、セカンドチャンスを見す見す与えてしまう。41-50と、前半終了時点のスコアボードには厳しい数字が並んでいた。
 後半に入ると、関学は#6井田ちあき(文3)がチームで久しぶりの3Pシュートを沈めたのをきっかけに、流れを引き寄せていく。さらに相手のファウルトラブルも重なり、第3Q終了時点には逆転に成功。71-63と逆に9点のリードを奪っていた。残りの第4Qは、若干相手にペースを握られるも、無難にゲームを進めて、結局89-83で勝利。全関西選手権・第7位の座を確保した。
 年の関学のメンバー構成に目を移すと、4回生が1人だけというたいへん若いチームとなっている。選手個々の能力は高く、また新加入の1回生も今大会を通じて、随所に持ち味を発揮。まだまだチームには「経験」が足りないが、その部分が満たされたとき、関学は非常に楽しみなチームに変貌を遂げるだろう。
 今大会を振り返ると、結果は昨年と同じ第7位。「去年と変わらず、良くもなく悪くもなく。普通過ぎました」とは主将・#4神野洋子(商4)。次の大会は3週間後の西日本選手権大会。主将・神野が課題に挙げた「走ること」にどれだけ取り組めるか。若いチームには一度波に乗ったら、一気に突っ走ってしまう魅力がある。彼女たちの今後の戦いぶりに期待せずにはいられない。

投稿者 kangaku : 17:06 | コメント (1)

【バスケットボール部男子】 決勝進出!

 第33回関西学生バスケットボール選手権大会準決勝(於・東淀川体育館)。関学は97-93で大阪商業大学を下し、決勝進出を果たした。

 この日の関学はディフェンスからリズムを作り出す。そのリズムはオフェンスにも波及し、アウトサイドから#6井上優司(文4)とエース・#15松本義久(経3)が次々と3Pシュートを射抜いていく。スコアは前半を終えて、52-37。大量リードを奪い気持ちよくハーフタイムを迎えた。
 後半に入っても、関学の攻勢は止まらない。#5楠幸司(社4)が果敢にゴール下に切り込んで得点。相手の意識がインサイドに集まれば、#15松本が確実にジャンプシュートを沈める。点差は22点までに広がり、試合は完全に関学のものとなった。
 ところが第4Qに入ると、後のない大商大はオールコートディフェンスを敷してくる。関学は相手の厳しいプレッシャーに負けてしまい、見る見るうちに点差が縮まっていく。会場には大商大の逆転劇の雰囲気が漂い始める。しかし関学には、ここぞの場面で頼りになるエースがいた。#15松本が相手の激しいディフェンスをかいくぐり、貴重な3Pシュート。追い詰められたチームを見事に救ってみせた。残り時間はあと少し。大商大はファウルを重ねるしかない。そのファウルから得たフリースローを関学は確実にものにして引導を渡す。最後は追い上げを許したが、97-93で大商大を退けた。
 
 関学は第29回大会以来の決勝進出を果たした。この日、チーム最多の31得点を挙げたエース・松本は「最後まであきらめなければ、結果はついてくる」と決勝に臨む気概をのぞかせた。一方、主将・#4綾部有(社4)は力強く、「優勝しかねえやろ」と優勝宣言。その決勝の相手は京都産業大学。準決勝で25点差を付けて快勝してきた「関西の雄」相手に関学はどう戦うのか。頂点を目指した関学の挑戦は、あす15時30分、東淀川体育館で始まる。

※東淀川体育館…阪急京都線「崇禅寺」駅下車、北西へ5分
            JR東海道本線「新大阪」駅下車、東口から南東へ5分

投稿者 kangaku : 17:21 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 大経大下しベスト4進出

5月3日に行われた第33回関西学生バスケットボール選手権大会準々決勝(於・東淀川体育館)。関学は延長の末82―73で大阪経済大学を敗った。明日、決勝進出をかけて大阪商業大学と対戦する。

 この日の関学はミスを何度も繰り返し、なかなか相手を突き放せない展開が続いた。そして前半終了時点のスコアは43ー42とわずか1点のリードを奪うに留まった。
 後半に入ってもミスは続き、再三訪れる好機を潰していく。常にリードした状態を保っていたとはいえ、今一つ流れを引き寄せることができないでいた。
 試合も進み、残り1分31秒、#15松本義久(経3)が3Pシュートを沈め、66-63と3点リードする。その後関学はリードを4点に広げて、勝利を着実に手繰り寄せる。しかし残り25秒、相手にフリースローを与えてしまう。大経大・金村はそのチャンスを活かして点差は2点に。それでも関学が決して慌てる場面ではなかった。残り時間を有効に使って、リードを保てば勝利を掴めるところまで来ていた。ところが残り19秒に、相手の厳しいプレッシャーからバックパスを犯してしまい、攻撃の権利を大経大に渡してしまう。残り14秒、関学は必死のディフェンスを見せる。だが、またしても大経大・金村にフリースローを与えてしまい、そのフリースローをきっちりと決められてしまう。スコアはついに68-68の同点。関学は残り8秒で勝ち越しを狙うも、第4Q終了のブザーが鳴り響き、試合は延長戦へともつれ込んだ。
 延長戦は5分間。まず#15松本が3Pシュートを決めて3点リードする。残り3分、#17秋田和宏(商2)がフリースローを2本きっちりと沈めて、安全圏の5点差に。その後、関学は追いすがる大経大を振り切り、82-73と最後は9点のリードを付けて勝負をものにした。

 この日、#15松本はチーム最多の24得点を奪い、エースの役割をきっちりと果たす。またインサイドの要、#17秋田も21得点としっかりとチームの勝利に貢献した。しかし目に付いたミスをいかに修正していくか、課題は残った。だが秋田は「ミスが目立った。でも勝つことに意味がある。勝ててよかった」と語るように、何よりも勝利を収めたことが一番大きい。
 関学は目標のベスト4進出を果たした。主将・綾部有(社4)は「ここまできたら、優勝しかないやろ」と貪欲に勝利を目指す。第29回大会以来の決勝進出へ―。明日、関学は強豪・近畿大学を下し波に乗る大阪商業大学と顔を合わせる。
 

投稿者 kangaku : 16:26 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 龍大下しベスト8に

 4月30日、なみはやドームにて行われた33回関西学生バスケットボール選手権大会4回戦。関学は龍谷大学と対戦し81対70で勝利した。

 前半は互いにシュートが入らないロースコアな展開。スティールやリバウンドでボールを奪い、攻撃チャンスは多かったもののイージーミスで流れを掴めない。しかし中盤以降は、松本義久(経3)や秋田和広(商2)らが得点を重ね、2部チームとの力の差を見せつけ勝利した。
 危なげのない勝ち方だったが、フリースローの成功率の悪さやパスの精度等、試合内容は多少の課題が残るものだった。

試合後のコメント
主将・綾部有「前半のDFは俺たちがやりたいと思っていたものができました。ただ、リズムを掴めそうな時にミスが出て相手を突き放す事ができなかった。今日のようにシュートが入らない試合展開でもDFをしっかりやったら勝てるので、このまま続けていきたいと思います。」

投稿者 kangaku : 12:58 | コメント (1)

【バスケットボール部女子】 全関西選手権4回戦突破

 4月29日に行なわれた全関西女子バスケットボール選手権大会4回戦(於・関西外国語大学総合体育館)。4回戦から登場した関学は90-55でびわこ成溪スポーツ大学に快勝した。

 新チームの船出となったこの一戦。関学はスタメン全員が二桁得点するバランスの取れた攻撃を展開。特に中野麻由(社3)はチーム最多の26得点を挙げてチームを牽引した。
 しかしディフェンスに目を向けると、格下相手に55失点と今一つ機能せず。主将・神野洋子(商4)も「格下だから勝てた。今のままではダメ」と厳しいコメント。準々決勝の対戦校は昨年度準優勝・武庫川女子大学。昨年より戦力ダウンした相手とはいえ、強敵に違いない。この試合で浮き彫りとなった課題をどのように修正し、試合に臨むか。次戦は新チームの出来を確認する格好の舞台だ。

投稿者 kangaku : 18:02 | コメント (1)

【バスケットボール部男子】 関関同立戦優勝!!

 4月9日に行われた第26回関関同立四私大バスケットボール定期戦2日目(
於・関西大学千里山キャンパス中央体育館)。1試合目、関学は同志社大学に7
5-87で敗北。同日行われた2試合目では、立命館大学を78-67で下した
。この結果、関学・関大・同大の3校が2勝1敗で並んだが、得失点差で関学が
優勝を果たした。

投稿者 kangaku : 18:10 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 関大に大勝

 4月7日に行われた第26回関関同立四私大バスケットボール定期戦1日目(於・関西大学千里山キャンパス中央体育館)。関学は関西大学を98-75で下した。

 関学は序盤から、リズム良くオフェンスを展開し、リードを広げていく。そして今試合の最大の見せ場は前半終了間際。#13井上達也(経3)が、前半終了のブザーが鳴るのと同時に、ハーフライン付近からの3Pシュートを沈める。関学は最高の形で前半を締めくくった。関学は後半に入っても攻撃の手を緩めることなく、攻め続け、最後は23点差をつけて、関大に大勝した。

投稿者 kangaku : 20:14 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 大産大に大敗

 4月1日に行われた強化リーグ3日目(於・五月山体育館)。関学は大阪産業大学と対戦し、53-81と大差をつけられて敗れた。

投稿者 kangaku : 19:39 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 強化リーグ圧勝スタート

 3月25日、五月山体育館で強化春季リーグが開幕した。関学は学習院大学と対戦し87‐49で勝利した。

投稿者 kangaku : 16:57 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 リーグ戦、1部10位に終える

 10月16日になみはやドームに於いて行われた関西学生バスケットボールリーグ最終戦。関学は立命大に62―70で敗れ、1部10位でリーグ戦を終えた。

 第1Q、#23・松本義久(経2)が3Pを立て続けにリングに沈め、さらに鋭いカットインで得点を奪う。第2Q立命館のゾーンディフェンスにリバウンドが取れず苦しむが、#25・劉俍志(社2)の投入から流れが変わり、速い展開からドライブで加点。9点差を詰め寄り30―30の同点で試合を折り返した。
 第3Qも速い展開が続き、よく走る関学。しかしその流れが変わったのが第4Q。立命館にディフェンスの裏をつかれ試合をリードされる。また、決定的な得点チャンスをいくつも逃すなどミスが重なり追い上げの機会を逸した。そのままじりじりと点差は開き62―70でゲームセット。リーグ通産成績は7勝9敗で10位という結果に終わった。

試合後のコメント

主将・平野宏和(商4):「今季はふがいない結果に終わってしまった。後輩達には自分達のような悔しさを味わうことのないよう頑張って欲しいと思います」

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大×55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大○94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大○90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大×69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大×75-892勝3敗甲南大学14:40~
9月18日京産大×59-1152勝4敗甲南大学14:20~
9月23日流科大○88-673勝4敗天理大学12:40~
9月24日立命大○80-664勝4敗立命館大学14:40~
9月25日大院大×74-964勝5敗大阪商業大学12:40~
10月1日天理大○74-645勝5敗京都府立体育館14:40~
10月2日大体大×66-715勝6敗京都府立体育館12:40~
10月8日流科大○93-746勝6敗近畿大学 14:40~
10月9日大商大○92-647勝6敗近畿大学 12:40~
10月10日甲南大×84-857勝7敗近畿大学 12:40~
10月15日天理大×63-667勝8敗なみはやドーム 14:40~
10月16日立命大×62-707勝9敗なみはやドーム 11:40~

投稿者 kangaku : 03:20 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 天理大にまたも逆転負け

 10月15日になみはやドームに於いて行われた関西学生バスケットボールリーグ第15戦。関学は天理大と対戦し、63―66で敗れた。

 第1Qはインサイドから続々と加点する天理大に対し、関学も中と外からシュートを決めていく。第2Q、#15・楠幸司(社3)がこのQだけで6得点2スティールの大活躍を見せ、チームにいい流れをもたらす。勢いにのる関学は速攻を繰り返し、32―31で前半を終えた。
 第3Q、やや運動量が落ちた関学はリズムを崩し天理大にリードを許す。第4Q、残り8分に#4・平野宏和(商4)、#15・楠らが続けて負傷するアクシデントに見舞われ、窮地に追い込まれた関学。このピンチで逆にチームはひとつになり、天理大を追い上げる。残り1分15秒、#9・鈴木唯記(経4)のシュートで逆転するも、その後ファウルなどで再び逆転を許し、最終的に3点差で敗れる結果となった。

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大×55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大○94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大○90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大×69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大×75-892勝3敗甲南大学14:40~
9月18日京産大×59-1152勝4敗甲南大学14:20~
9月23日流科大○88-673勝4敗天理大学12:40~
9月24日立命大○80-664勝4敗立命館大学14:40~
9月25日大院大×74-964勝5敗大阪商業大学12:40~
10月1日天理大○74-645勝5敗京都府立体育館14:40~
10月2日大体大×66-715勝6敗京都府立体育館12:40~
10月8日流科大○93-746勝6敗近畿大学 14:40~
10月9日大商大○92-647勝6敗近畿大学 12:40~
10月10日甲南大×84-857勝7敗近畿大学 12:40~
10月15日天理大×63-667勝8敗なみはやドーム 14:40~
10月16日立命大  なみはやドーム 11:40~

投稿者 kangaku : 02:26 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 甲南大にまさかの逆転負け

 10月10日に近畿大学記念会館に於いて行われた関西学生バスケットボール連盟第14戦。関学は甲南大に84―85で逆転負けを喫した。

 第1Qから関学は#4・平野和宏(商4)、#23・松本義久(経2)らの連続3Pで続々と加点。序盤の流れを引きよせる。第2Qに入っても外角のシュートがよく決まり、57―32と大量リードで前半を終える。後半、甲南大ディフェンスの強いプレッシャーを受け攻めあぐねる関学。無理な体勢から打たされたシュートのリバウンドをことごとく奪われる。じわじわと点差を詰められ第4Qには点差は1桁に。そして残り4秒で1点差の場面、オールコートディフェンスの裏をかいたパスからシュートを決められまさかの逆転負けを喫した。

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大×55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大○94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大○90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大×69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大×75-892勝3敗甲南大学14:40~
9月18日京産大×59-1152勝4敗甲南大学14:20~
9月23日流科大○88-673勝4敗天理大学12:40~
9月24日立命大○80-664勝4敗立命館大学14:40~
9月25日大院大×74-964勝5敗大阪商業大学12:40~
10月1日天理大○74-645勝5敗京都府立体育館14:40~
10月2日大体大×66-715勝6敗京都府立体育館12:40~
10月8日流科大○93-746勝6敗近畿大学 14:40~
10月9日大商大○92-647勝6敗近畿大学 12:40~
10月10日甲南大×84-857勝7敗近畿大学 12:40~
10月15日天理大  なみはやドーム 14:40~
10月16日立命大  なみはやドーム 11:40~

投稿者 kangaku : 22:58 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 天理大に敗北

 10月10日に行われた関西学生女子バスケットボールリーグ戦第10戦(於、なみはやドーム)。関学は69-85で天理大学に敗れた。

 第1Q、#4・西岡千恵(文4)、#12・高野礼子(社1)のインサイドプレーヤーが、高さのある天理大に怯まず、果敢に攻めていく。しかし、天理大に効果的に速攻を決められ、5点のリードを許してしまう。第2Q開始早々、#11・井田ちあき(文2)の3Pなど3連続得点を上げて、一気に逆転を果たす。しかし直後に再逆転の3Pを決められてしまい、再び追う立場に。その後は#9・中野麻由(社2)の個人技で一進一退の攻防を繰り返すも33-37のスコアで前半を終える。
 逆転を狙った第3Q。しかし関学はいきなりつまづき、天理大に3連続で得点を与えてしまう。関学はタイムアウトを取り、流れを変えようとするも効果が出ず、このままズルズルといきそうな雰囲気が漂った。しかし残り2分、井田の連続3Pが流れを変えるきっかけとなった。関学はアグレッシブなディフェンスから、天理大にプレッシャーを与え、ミスを誘発。得点に繋げる。結果的に20点差までに拡げられたリードを12点差までに詰め寄り、なんとか逆転の目を残し終了する。そして勝負の第4Q。しかし関学には追い上げよにも、ベンチ層の薄さから交代せずに走り続けたために、スタミナが残っていなかった。結局関学は天理大のしっぽを掴むことなく、69-85で試合終了を迎えた。
 これで関学はリーグ10戦目を終えても初白星を掴めず、2部降格の可能性が膨らんでしまった。リーグ残り2戦。関学の試練は続く。

投稿者 kangaku : 03:37 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 大商大に快勝、1部残留決定!

 10月9日に行われた関西学生バスケットボールリーグ戦・第13戦[下位リーグ第2戦](於:近畿大学記念会館)。関学は92-64で大商大を下した。

 第1Q、関学はリバウンドからの速攻などで大量リードを奪う。しかし第2Qに入ると、オフェンスが上手く噛み合わない。その間に大商大に詰め寄られ、35-29で前半を折り返してしまう。しかし第3Qは再び関学が流れに乗る。#6・木村弘志(法4)のスティールからの得点や、#4・平野宏和(商4)のアウトサイドからのシュートなど、相手に的を絞らせない。そして第4Qも、少しプレーが粗くなったが、無難に試合を運び、92-64で快勝した。
 この結果、関学は勝ち点7の7位をキープしたので、降格の可能性が完全に消滅した。残りのリーグ戦は下位リーグ最上位の7位キープを目指す。

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大×55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大○94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大○90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大×69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大×75-892勝3敗甲南大学14:40~
9月18日京産大×59-1152勝4敗甲南大学14:20~
9月23日流科大○88-673勝4敗天理大学12:40~
9月24日立命大○80-664勝4敗立命館大学14:40~
9月25日大院大×74-964勝5敗大阪商業大学12:40~
10月1日天理大○74-645勝5敗京都府立体育館14:40~
10月2日大体大×66-715勝6敗京都府立体育館12:40~
10月8日流科大○93-746勝6敗近畿大学 14:40~
10月9日大商大○92-647勝6敗近畿大学 12:40~
10月10日甲南大  近畿大学 12:40~
10月15日天理大  なみはやドーム 14:40~
10月16日立命大  なみはやドーム 11:40~

投稿者 kangaku : 01:14 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 リーグ第12戦・流科大に快勝

 10月8日に近畿大学記念会館で行われた関西学生バスケットボールリーグ第12戦。関学は流通科学大学と対戦し93―74で勝利した。

 第1Qは試合をリードしながらも、いまひとつ実力を出し切れない関学。第2Q、攻めるようなディフェンスから流科大のミスを誘い、そこから得点を重ねる。流科大は、たまらずタイムアウトをとるも、関学のペースは崩れず20点の差をつけて前半を折り返した。第3Qからは次々とメンバーを入れ替え、来季を視野に入れた戦いを繰り広げた。危なげのない展開で勝利を手にし、勝ち点は6となった。

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大×55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大○94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大○90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大×69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大×75-892勝3敗甲南大学14:40~
9月18日京産大×59-1152勝4敗甲南大学14:20~
9月23日流科大  天理大学12:40~
9月24日立命大  立命館大学14:40~
9月25日大院大  大阪商業大学12:40~
10月1日天理大  京都府立体育館14:40~
10月2日大体大×66-71 京都府立体育館12:40~
10月8日流科大○93-74 近畿大学未 定
10月9日未 定  近畿大学未 定
10月10日未 定  近畿大学未 定
10月15日未 定  なみはやドーム未 定
10月16日未 定  なみはやドーム未 定

投稿者 kangaku : 10:53 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 大体大に惜敗、インカレ出場ならず

 10月2日に京都府立体育館で行われた関西学生バスケットボールリーグ第11戦。関学は大阪体育大学と対戦し66-71で敗れた。

 第1Q、好調なスタートを切った関学は、ミスの続く大体大を突き放す。第2Qに入ると大体大が勢いを盛り返し得点を取り合う展開。しかし相手の勢いが勝り5点のリードを許し前半を終える。第3Q関学はゾーンディフェンスを繰り出すも依然として大体大の流れは変わらない。第4Q、関学の攻撃に火が付いた。#4・平野(商4)、#23・松本(経2)らが次々とカットインし得点を重ねる。さらに#6・木村(法4)のス
ティールで大体大に猛追。4点差、あと一歩と迫り、絶好の機会でフリースローを得る。しかしこのチャン
スを活かす事が出来ず、そのまま終了のブザーが鳴った。
 これにより男子バスケットボール部の順位は7位。上位6チームでのリーグへ進出する可能性が絶たれ、インカレへの出場権を失った。ここからは、1部リーグ下位6チームと共に順位決定リーグを戦う。

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大×55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大○94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大○90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大×69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大×75-892勝3敗甲南大学14:40~
9月18日京産大×59-1152勝4敗甲南大学14:20~
9月23日流科大  天理大学12:40~
9月24日立命大  立命館大学14:40~
9月25日大院大  大阪商業大学12:40~
10月1日天理大  京都府立体育館14:40~
10月2日大体大×66-71 京都府立体育館12:40~
10月8日未 定  近畿大学未 定
10月9日未 定  近畿大学未 定
10月10日未 定  近畿大学未 定
10月15日未 定  なみはやドーム未 定
10月16日未 定  なみはやドーム未 定

投稿者 kangaku : 01:25 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 秋季リーグ、大体大に破れ4敗目

 9月19日に東大阪アリーナに於いて行われた関西女子リーグ第4戦。関学は52―78で大体大に敗れた。

 序盤から関学は大体大の強気のディフェンスに押され、ターンオーバーを重ねてしまう。第2Qでゾーンディフェンスを展開し、守りを固めるがリバウンドが取れない。イージーミスも重なり17―34で前半を折り返す。
 後半に入り、#8・岸良奈々(商2)、#9・中野麻由(社2)らの果敢なカットインで追い上げるが、大差をひっくり返すことはできずタイムアップを迎えた。

試合後のコメント
主将・西岡千恵(文4)
「リバウンドが取れずいい流れを切ってしまった。下位チームとの対戦が残っているがきっちり勝っていきたいと思う」

投稿者 kangaku : 20:02 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】リーグ第6戦・京産大に大敗

 9月17日に甲南大学で行われた関西学生バスケットボールリーグ戦・第6戦。関学は京都産業大学と対戦し59―115で敗れ、昨年度リーグ覇者の実力を見せつけられる結果となった。

 第1Q、アウトサイドを中心に攻撃するも京産大のフロントラインの高さに対抗できずリバウンドを奪われリズムに乗ることができない。第2Q、連続ポイントで点差を詰めるが戦況を覆すには至らない。第3Qも#9鈴木唯記(経4)や#23松本義久(経2)の奮闘があるも逆にリードを拡げられていく。第4Qも完全に京産大のペースで結局リードを一度も奪うことなくゲームが終わった。これでリーグ通算成績は2
勝4敗。上位チームとの対戦を終え、残り試合5戦を全勝で上位リーグ進出を狙う。

試合後のコメント
主将#4平野宏和(商4)
「何より気持ちが負けていました。第2Qは吹っ切れていい動きもできていたのですが・・・」

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大75-892勝3敗甲南大学14:40~
9月18日京産大59-1152勝4敗甲南大学14:20~
9月23日流科大  天理大学12:40~
9月24日立命大  立命館大学14:40~
9月25日大院大  大阪商業大学12:40~
10月1日天理大  京都府立体育館14:40~
10月2日大体大  京都府立体育館12:40~
10月8日未 定  近畿大学未 定
10月9日未 定  近畿大学未 定
10月10日未 定  近畿大学未 定
10月15日未 定  なみはやドーム未 定
10月16日未 定  なみはやドーム未 定

投稿者 kangaku : 10:40 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 リーグ第5戦・大産大に敗れ、2勝3敗

 9月17日に甲南大学で行われた関西学生バスケットボールリーグ戦・第5戦。関学は大産大と対戦し75―89で敗れた。

 第1Q、#9・鈴木がインサイドから加点し、リードを奪うも、大産大の3Pがよく決まり逆転を許す。第2Qもその流れを止めることはできず、前半終わってスコアは31―50。第3Qに入り、大産大の攻撃のペースが落ち、#23松本のドライブなどで追い上げたが、点差を1桁にするには至らない。第4Q、#14・井上の3Pが決まりだすが時すでに遅し。13点の差を残しブザーが鳴った。リーグ通算成績は2勝3敗となった。

試合後のコメント
主将#4平野
「いいバスケができた時間帯もあったが、その時みんなが前に出すぎて流れを壊してしまった。明日の京産大は強敵だが、全力でぶつかっていきたいと思う」

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大75-893勝2敗甲南大学14:40~
9月18日京産大  甲南大学14:20~
9月23日流科大  天理大学12:40~
9月24日立命大  立命館大学14:40~
9月25日大院大  大阪商業大学12:40~
10月1日天理大  京都府立体育館14:40~
10月2日大体大  京都府立体育館12:40~
10月8日未 定  近畿大学未 定
10月9日未 定  近畿大学未 定
10月10日未 定  近畿大学未 定
10月15日未 定  なみはやドーム未 定
10月16日未 定  なみはやドーム未 定

投稿者 kangaku : 19:02 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 リーグ戦、武庫女大に完敗

 9月11日に武庫川女子大学に於いて行われた関西女子リーグ第2戦。関学は44―127で武庫女大に敗北を喫した。

 関学は、昨季のリーグ覇者・武庫女大に序盤からリードを許してしまう。スクリーンから攻撃を展開され、関学はその流れについていけない。その流れを断ち切れないまま18―51で前半を終了した。
 後半はパスミスで自ら攻撃のリズムを崩してしまう関学。結局大きく点差をつけられたまま試合を終え
た。
 昨季創部初の1部リーグ昇格を果たしたバスケットボール部女子。ハイレベルな舞台でどこまで戦えるか注目したい。

試合後のコメント

主将・西岡千恵(文4)
 「負けた試合にも、いい試合と悪い試合があるが、今日は悪い負け方をしてしまった。インカレ出場を目指してさらに努力していきたい」

投稿者 kangaku : 01:03 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 リーグ第3戦 大商大に3年ぶりの勝利!

 9月10日に行われた2005年度関西学生バスケットボールリーグ戦・第3戦(於、:南大学体育館)。関学は90-65で大阪商業大学を下した。

 第1Q、関学は攻めのリズムがあまり良くなく、2点のリードを許す。第2Qに入ると、アウトサイドから効果的に加点し、逆に6点差をつけて前半を終える。迎えた第3Q、相手のテクニカルファウルの混乱に乗じて、#4・平野宏和(商4)と#14・井上優司(文3)が3Pを連発。関学に流れを引き寄せて第4Qに突入する。第4Qは完全に関学ペース。激しいディフェンス、そしてリバウンドと、守りからリズムを作り出し、点差を拡げていく。最後は大商大に25点差をつけて、リーグ通算成績を2勝1敗とした。
 
試合後のコメント

主将・平野
 「やりたいバスケットができました。止まることなく走れたことが、今日良かったところです。でも今日は今日なんで、明日勝たないと価値がない。気持ち切りかえてみんなで戦いたい」
#14・井上
 「僕らのバスケットができました。明日もこの調子でいきたいです」
#9・鈴木唯記(経4)
 「リバウンドから走ることができた。大商大は1年春以来の勝利なんで、やっと勝てた…ていう気持ちです」
#23・松本義久(経2)
 「落ち着いて、慌てない事を心掛けました。ディフェンスからのブレイクを絶対にやろうと決めていたので、それができて、いい展開になりました。明日はみんなが思い切って自分らのバスケットができれば。声を出して強気で」

2005年関西学生バスケットボール選手権大会リーグ戦 関学の試合日程・結果

     
日程対戦校結果勝敗試合会場開始時間
9月3日関 大55-901敗なみはやドーム13:00~
9月4日甲南大94-801勝1敗なみはやドーム12:40~
9月10日大商大90-652勝1敗甲南大学13:00~
9月11日近 大69-1082勝2敗甲南大学14:20~
9月17日大産大  甲南大学14:40~
9月18日京産大  甲南大学14:20~
9月23日流科大  天理大学12:40~
9月24日立命大  立命館大学14:40~
9月25日大院大  大阪商業大学12:40~
10月1日天理大  京都府立体育館14:40~
10月2日大体大  京都府立体育館12:40~
10月8日未 定  近畿大学未 定
10月9日未 定  近畿大学未 定
10月10日未 定  近畿大学未 定
10月15日未 定  なみはやドーム未 定
10月16日未 定  なみはやドーム未 定

投稿者 kangaku : 00:40 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 リーグ戦黒星発進

 9月3日に行われた2005年度関西学生バスケットボールリーグ戦・開幕戦(於、なみはやドーム)。関学は55-90で関西大学に敗れた。

 第1Q、関学は#23松本義久(経2)を中心に攻撃を組み立てるも、関大に5点のリードを許す。第2Qに入ると、関学は劣勢に立たされ、わずか8点しか挙げることができない。その間、関大に大量20点を奪われ、前半終了時点で26-43と苦しい展開を余儀なくされた。第3Qに突入しても流れは一変せず、終始関大に主導権を握られ、リードを30点にまで拡げられる。第4Qはやや互角の争いを演じるも追い上げることは叶わず、最終スコア55-90と、大事な開幕戦を落とした。インカレ出場に向けて厳しい船出となった。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
「明日は切りかえて、ディフェンスから走れるようにしたい。順位決定リーグで、もう1回関大とやれるようにしたいです」

投稿者 kangaku : 03:59 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 兵庫県総合大会準決勝敗退

 8月28日に行われた第60回兵庫県総合バスケットボール選手権大会準決勝(於、神戸市立中央体育館)。関学は59-109でクラブチーム・BUBBLESに敗れた。

 前半、関学はシュートがことごとくリングに嫌われ、得点を伸ばすことができない。その間、相手にリードを拡げられ17-48と劣勢に立たされる。だが後半に入っても、関学は思うように追い上げることができず、結局リードを50点にまで伸ばされて、試合終了を迎えた。

投稿者 kangaku : 00:16 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 兵庫県総合大会準決勝進出

 8月27日に行われた第60回兵庫県総合バスケットボール選手権大会(於、神戸市立中央体育館)。関学は89-70で御影工業高校を下した。

 前半関学は高校生相手ということで、集中力を欠いた状態で試合に臨んでしまう。その結果42-41と僅か1点のリードしか奪うことができなかった。しかし後半に入ると、関学は徐々に自分たちのバスケットを展開し始め、リードを19点に拡げて勝利を収めた。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
「自分らのやることが見えず、ゲームを組み立てられなかった。合宿で走り込んだ成果が出せなかったので、明日出します」

投稿者 kangaku : 18:10 | コメント (0)

【バスケットボール部】 関関戦速報!

 総合関関戦2日目、体育館に於いてバスケットボールの試合が行われ、1-1の引き分けに終えた。
 男子の試合、序盤からシーソーゲームが続き、両者譲らぬ展開となる。後半に入っても点差の開かない接戦が続く。だが、第4Q終了間際、関学はファールが重なりフリースローを与えてしまう。関大はこれを決め、関学は僅差でこの戦いに敗れた。
 一方女子は序盤から#8・岸良奈々(商2)を中心に点を取り、関大に追い付く隙を与えず完勝した。
試合後のコメント
#5・田辺 裕里(社4)
「後半自分達のペースを掴み、よく走ることができた。全員出場することができ、いい経験になったと思う」


<男子>
 関関戦2日目、体育館大フロアで行われた男子バスケットボール。白熱した試合が展開されるも、86―90と僅差(きんさ)で関学が惜敗した。

 第1Q(クォーター)、F(フォワード)平野宏和(商4)が相手の隙をついたスティールから3P(ポイント)を決めるなどリードを奪う。しかし第2Q、流れの悪くなった関学は、最初のタイムアウトをとった。これが功を奏し、4連続で得点するなど流れを引き戻し、43―36で試合を折り返す。

 わずかなリードを保ったまま迎えた第4Q、関学がシュートを決めれば、すぐに関大が決め返す激しい展開。その中、関学は痛恨のファウルでフリースローを与えてしまう。関大はこれを決め、スコアは86―88に。残り8秒、関学のスローイン。ここで平野がロングパスを狙ったボールをカットされるミスを犯す。関大のカウンターをファウルで阻止したが、このフリースローも決められてしまう。連携の崩れた関学には逆転のチャンスは残っておらず、そのまま終了のブザーが鳴った。平野は「最後に自分たちの甘さが出た」と語った。実力伯仲の両校、ほんのわずかな差が勝敗を分ける結果となった。

<女子>
 2日目、体育館大フロアにて行われた女子バスケットボールは、102-66で関学が圧勝した。
 第1Q(クォーター)、まず関学の攻撃に火をつけたのが#8岸良菜々(商2)と#11井田ちあき(文2)。2人で15点を取り、序盤から試合の主導権を握る。続く第2Q、関学は次々にメンバーを交代。主力がベンチに下がっても点差を詰められることなく44-33で試合を折り返す。
 第3Qで流れは完全に関学に傾いた。テンポのよい攻撃で中と外からボールをリングに沈める。攻撃のリズムがディフェンスにも好影響を与え、関大の追撃を許さない堅い守りを見せる。残5分、たまらず関大はタイムアウトを取るも、関学の勢いは止まらない。このクォーターだけで35もの得点を積み上げた。大量リードで迎えた第4Q、安定した危なげのない試合運びで逃げ切り、勝利した。関学はメンバー全員が試合出場を果たし、力の差を見せつける結果となった。

チーム1Q2Q3Q4Q
関学男子 18 25 23 20 88
関大男子 1719262890
チーム1set2set3set4set
関学女子 24 20 35 23 102
関大女子 1211112266
投稿者 kangaku : 21:05 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 準々決勝進出ならず 

 5月26日に行われた第55回西日本学生バスケットボール選手権大会5回戦(於大阪府立体育会館)。関学は72-98で大産大に大敗し、準々決勝進出を逃した。

 前半、関学は#15・松本義久(経2)の個人技を中心に、オフェンスを展開する。しかし大産大のスピード豊かなバスケットの前に、関学ディフェンスは対処できず、リードを奪われる。その後も大産大・#7野々口航太にゲームを支配され、前半を終えて34-58と、逆転に向けて黄色信号が点灯した。後半に入ると、関学は意地を見せ、互角の戦いを演じる。しかし、勝負所で大産大に得点を挙げられ、なかなか点差を縮められない。時間は無常にも経過していき、72-98でゲームセット。関西選手権覇者・大産大に力の差を痛感させられる試合であった。  

投稿者 kangaku : 23:30 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 桜花学園大学に敗れ3回戦敗退

 5月25日に行われた第54回西日本学生バスケットボール選手権大会3回戦(於:大阪市中央体育館)。関学は昨年度覇者・桜花学園大に53-65で敗北を喫した。

 前半、関学は桜学大のディフェンスのプレッシャーにうまく対応できず、攻撃の形を作れない。その間、桜学大に着実にリードを奪われ、前半を終えて16-45と、敗色濃厚のゲーム展開となった。しかし後半に入ると、関学は完全に普段のリズムを取り戻す。#11・井田ちあき(文2)が3ポイントを沈めれば、#9・中野麻由(社2)もジャンプシュートを確実に決め、点差を縮めていく。残り時間4分、点差はとうとう10点となり、逆転の目が出てくる。だが桜学大も意地を見せ、点差を一桁台にはさせない。結局関学は前半の点差が響き、l53-65と撃及ばず敗退した。

試合後のコメント
主将・西岡千恵(文4)
「連戦の疲れからか、前半はうまくいきませんでした。後半は自分たちで切りかえができたので、ディフェンスも機能しました。チームはちょっとづついい方向に来ているので、ダメなところはきっちり直して、良いところはどんどん伸ばして、今後につなげたいです」

投稿者 kangaku : 23:24 | コメント (1)

【バスケットボール部男子】 同大に快勝

 5月24日に行われた第55回西日本学生バスケットボール選手権大会3回戦(於:大阪府立体育会館)。関学は103-80で同大に快勝した。

 第1Q、関学は緊張からか今一つ波に乗れず、同志社を突き放せない。しかし第2Qに入ると、関学は徐々にオフェンスのリズムを掴み、同大との点差を拡げていく。後半に入っても、関学はペースを終始保ち、最終的に23点差をつけて快勝した。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
今試合について―
「同志社相手に簡単に波に乗れるとは思っていなかった。しかしゲーム中は自分たちのバスケットができていたので、よかったです。次戦も気を抜かずきっちりしたい」

投稿者 kangaku : 23:19 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 同大に快勝

 5月24日に行われた第55回西日本学生バスケットボール選手権大会3回戦(於:大阪府立体育会館)。関学は103-80で同大に快勝した。

 第1Q、関学は緊張からか今一つ波に乗れず、同志社を突き放せない。しかし第2Qに入ると、関学は徐々にオフェンスのリズムを掴み、同大との点差を拡げていく。後半に入っても、関学はペースを終始保ち、最終的に23点差をつけて快勝した。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
今試合について―
「同志社相手に簡単に波に乗れるとは思っていなかった。しかしゲーム中は自分たちのバスケットができていたので、よかったです。次戦も気を抜かずきっちりしたい」

投稿者 kangaku : 23:19 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 西日本選手権、圧勝で2回戦突破

 5月22日、大阪市中央体育館に於いて行われた第55回西日本学生バスケットボール選手権大会2回戦。関学は121-74で岡山大学を下した。

 第1Q、関学は#14・井上優司(文3)の3ポイントや#15・松本義久(経2)の個人技などで加点していき、39-13とゲームを優位に進める。第2Qに入っても関学は順調に試合を運び、27点差をつけ終了。そしてハーフタイム後、試合は#9・鈴木唯記(経4)の独壇場となる。インサイドで支配力を発揮し、第3Qだけで12得点と彼の活躍で点差は43に。そして迎えた第4Q、関学は岡大に反撃の余地を与えず、121-74と大差をつけ圧勝した。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
次戦・同志社戦に向けて―
「絶対に勝ちます」

投稿者 kangaku : 16:35 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 兵庫インカレ優勝

 5月16日に行われた兵庫県学生バスケットボール選手権大会決勝戦(於:神戸市立王子スポーツセンター)。関学は99-77で甲南大学を下し、見事優勝を飾った

 第1Q、#25・劉俍志(社2)が積極的にシュートを放っていき、得点を挙げていく。またチーム全体が躍動感みなぎるプレーを見せ、甲南大を突き放していく。第1Q終了時点で13点のリードと、ゲームの主導権を完全に握る。第2Qに入っても関学は終始リードを保つ。加えて前半終了時に#・14井上優司(文3)がブザービーターを決め、最高の形で終了する。
迎えた第3Q。関学はさらに攻撃の色を強め甲南大を翻弄。パス回しも冴え渡り甲南大に的を絞れせない。リードはさらに広がり24点差。第4Qはベンチメンバーを次々とつぎ込む余裕の戦いとなる。それでもリードを縮められることはなく99-77で快勝。関学は優勝のタイトルを掴んだ。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
「前に、前に、という気持ちがあった。これでうちのバスケットができました。この試合内容は今大会の収穫です」
#25・劉
「パスで繋ぐ事を心掛けました。それが無理なら自分でシュート。その切り換えがうまくいきました」

投稿者 kangaku : 18:15 | コメント (0)

【バスケットボール部女子】 武庫女大に敗北喫す

 5月15日に行われた兵庫県学生バスケットボール選手権大会準決勝(於:甲南大学体育館)。関学は武庫川女子大学に61-78で敗れた。
 前半序盤、関学は相手に的を絞らせない攻撃で先手を奪う。しかし前半終盤に差し掛かり、徐々に関学の足が止まりだす。そこを武庫女大につかれ、関学は劣勢に立たされる。結局前半は31-43で終了。後半に入っても関学は武庫女大のオフェンスに苦しめられ、なかなか反撃に出られない。そのまま時間は過ぎていき61-78と16点差をつけられ試合終了となった。

投稿者 kangaku : 02:45 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 兵庫選手権3回戦突破

 5月14日に行われた兵庫県学生バスケットボール選手権大会3回戦(於:関学体育館)。関学は89-77で、昨年1部昇格を果たした流通科学大学を下した。

前半、関学はなかなか波に乗れない。ディフェンスは後手にまわり、オフェンスも個人技に頼る場面が目立った。しかし地力の差から
41-39で前半を折り返す。後半に入るとオフェンスが機能し始め点差を拡げていく。関学は最大20点リードを奪う。だがこれで安堵したのか、その後は流科大に追い上げられる。それでも大量リードが功を奏し最終的に12点差で勝利した。
なお#23松本義久(経2)がチームトップの23得点を挙げ勝利に貢献した。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
試合内容について―
「良い場面と悪い場面があって、悪い方が多かった。良い流れの時にもう一歩修正しきれなかった」

投稿者 kangaku : 14:08 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 早稲田大学に敗北

 5月8日に行われた第76回早稲田大学・関西学院大学バスケットボール定期戦2日目(於:関学体育館)。2日目はAチーム(主力中心)・Bチーム(ベンチメンバー中心)に分かれて行われ、Aチームは76-87、Bチームは62-86で敗れた。

[Aチーム]
序盤、関学は早稲田にリードを奪われる。しかし関学は積極的なディフェンスを見せ、早稲田の攻撃のリズムを崩していく。ディフェンスから生まれた良い流れがオフェンスにも波及し、#13綾部有(社3)の3Pでついに逆転を果たす。その後一進一退の攻防を繰り返すが、徐々に関学に疲れの色が見え始める。結局最後は早稲田に地力の差を見せられ11点差で敗れた。なおこの試合、#9鈴木唯記(経4)・#23松本義久(経2)がともに26得点を挙げる活躍であった。

[Bチーム]
前半、関学はインサイドで早稲田との争いに敗れリードを拡げられていく。また攻めても、パスの出し所が乏しくオフェンスにリズムが生まれない。ハーフタイムを挟んでも、同様の戦いに終始し早稲田に大差をつけられ敗北を喫した。

投稿者 kangaku : 01:15 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 関西選手権7位!

 5月5日に行われた第32回関西学生バスケットボール選手権大会7位決定戦(於:東淀川体育館)。関学は93-73で同志社に快勝し、関西選手権を7位で終えた。

 関学はスタメン変更を行い試合に臨んだ。前半、関学は内・外とバランスよく攻め42-29と13点リード奪い終了する。後半に入ると、同志社が#18・魚谷周平をオフェンスの中心に据え盛り返す。しかし同志社#4・今井貴彦のアンスポーツマンライク・ファウルで、関学が再び流れを取り戻す。終盤には関学のオフェンスが冴えわたり、93-73とさらにリードを拡げ試合終了を迎えた。

ポイントランキング5位 松本義久(経2)
リバウンドランキング4位 鈴木唯記(経4)
フリースローランキング1位 平野宏和(商4)

 

投稿者 kangaku : 02:16 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 大商大に敗れ7位決定戦へ

 5月4日に行われた第32回関西学生バスケットボール選手権大会順位決定戦(於東淀川体育館)。関学は大商大に48-72で敗れた。

 第1Qは互いに譲らず15-15の同点で終了する。しかし第2Qに入ると、関学は攻め手を欠き、さらに守備も機能せず大商大にリードを拡げられる。第3、第4Qも同じような攻撃・守備に終始し、逆転することなく試合終了。この敗戦を受け、関学は明日の7位決定戦で同志社大学と対戦する。

投稿者 kangaku : 00:13 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 関西選手権・準々決勝敗退

 5月3日に行われた関西学生バスケットボール選手権大会準々決勝(於:東淀川体育館)。関学は64-78で近大に敗れた。

 第1Q関学は14-12と2点リードを奪い、まずまずのスタートを切る。しかし第2Qに入ると、近大に一方的に攻め込まれる。近大が内・外と多彩な攻撃で17点を上げる間に、わずか2点しか得点することが出来なかった。関学は打つ手なく21-40で前半を終了する。後半に入ると、関学は3P攻勢で反撃に出るが、近大との差はなかなか縮まらない。結局64-78で破れ準々決勝敗退。この敗戦で関学は明日からの順位決定戦に廻ることとなった。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
試合を終えて―
「前半、緊張からか動きが噛み合ってなかった。第2Qにディフェンスで策を打てば良かったと思います。
自滅の面がありますが、厳しかったです」
順位決定戦に向けて―
「気持ち切りかえて、ズルズルいかないようにしたい。明日、明後日とベストをつくして勝ちます」

投稿者 kangaku : 21:33 | コメント (0)

【バスケットボール部男子】 関大との大接戦を制しベスト8進出(関西選手権)

 5月1日に行われた第32回関西学生バスケットボール選手権大会4回戦(於:近畿大学記念会館)。関学は白熱した試合を制し、82-80で関大を下した。

 第1Q、関学は#9鈴木唯記(経4)の先制点で勢いに乗り10-4と走る。しかし関大の逆襲にあい22-22の同点に持ち込まれ第1Qを終了。第2Qは一進一退の攻防が続く。しかし終盤#15楠幸司(社3)が連続でシュートを決め4点のリードを奪いハーフタイムに突入する。第3Qに入ると#23松本義久(経2)の個人技を中心に完全に関学が流れを掴む。また関大のファウルも重なり、次々とフリースローを沈めていく。結局第3Q終了時点には66-50と16点もの大差を奪っていた。
 このまま逃げ切りを図りたい第4Qだったが、関学は関大のゾーンディフェンスの網に引っ掛かりチームは混乱。あっという間に点差は縮まり5点差。ここからは関学と関大の意地の戦いとなる。関大が#8山花健作の3Pなどで追い上げると、関学はゴール下で#9鈴木が身体を張り決して引き下がらない。しかし残り約1分、ついに関大が#4朝山慎吾のシュートで逆転。関学は追い詰められる。反撃に出るしかない関学に残り41秒、関大が痛恨のファウル。フリースローが与えられる。緊張が身体を包み込むなか#9鈴木が冷静に2本とも沈め同点。そして残り20秒。主将・#4平野宏和(商4)が執念でボールをリングに捻じ込み勝ち越し。残り時間、関学は必死のディフェンスを見せ関大にシュートを打たれるもボールはリングに嫌われ、関学の勝利が確定。大接戦を制した関学はベスト8に進出。次戦はベスト4の座を賭け近畿大学との試合に臨む。

試合後のコメント
主将・平野
試合を終えて―
「みんなの気持ちが関大に勝った。優勝に向け完全に波に乗りました」
次戦は近大ですが―
「かなり強いです。気を引き締めて臨みたい。絶対に勝ちます」
#9・鈴木
逆転された後のフリースローの心境は―
「緊張したが、後ろにみんながいたので怖いものがなかった。普段通り打てました」
この試合の勝因は―
「技術うんぬんではなく、気持ちが乗り移っていた。個人的には試合途中に足がつってしまいましたが、充実してました」
アシスタントコーチ・城山大樹
試合を終えて率直な感想は―
「良かった勝てて、この一言。松本が特に良かったです」

投稿者 kangaku : 13:46 | コメント (0)

バスケットボール部男子 関西選手権3回戦突破!

 4月30日に行われた第32回関西学生バスケットボール選手権大会3回戦(於:近畿大学記念会館)。1部の関学は3部の帝塚山大学を133-62で下した。関学は開始から攻めたて、61-26と大差をつけハーフタイムを迎える。相手に疲れが見え始めた後半には、新加入の#27秋田和広(商1)が次々と得点を上げるなど1年生の活躍が目立ち、最終的には61点差をつける圧勝ゲームとなった。

試合後のコメント
主将・平野宏和(商4)
試合を終えて―
「とりあえず次に進めてよかったです」
明日は関大との対戦となるが―
「関大を倒します。勝つために練習してきました。そのためにはリバウンドで勝つ。この試合を制すれば、優勝に向けて波に乗れると思います」


コーチ・内原
関大戦に向けて―
「選手がどうやるか、どう力を出せるか。スタートを中心にきっちりやれば勝てる。たいしたことないですが秘策はあります」

投稿者 kangaku : 22:15 | コメント (0)

バスケットボール部女子 快勝で、強豪・大人科大との対戦へ

 4月29日に行われた第26回全関西女子学生バスケットボール選手権大会(於:関西外国語大学穂谷キャンパス体育館)。昨年1部昇格を果たした関学はシードのため4回戦からの出場となった。試合は終始リードを保った関学が76-54で2部の大阪国際大学に快勝。次戦はベスト4を賭けて、昨年度インカレ準優勝の大阪人間科学大学に挑む。

試合後のコメント
主将・西岡(文4)
試合を終えて―
「立ち上がりの調子が良くなく、課題の残る試合でした」

次の大人科大戦に向けて―
「初めての対戦なので、どれだけぶつかれるか試す場です。常にチャレンジャーの気持ちで、ある程度勝負できるようにしたい」

投稿者 kangaku : 00:45 | コメント (0)

バスケットボール部男子  難なく2回戦突破

 4月24日に大阪教育大学体育館で行われた第32回関西学生バスケットボール選手権大会。1部の関学は2回戦から出場し、137-32と4部の姫路獨協大学を圧倒した。

 第1Qから関学は攻守ともに冴えわたり35-0と大差をつけ、早くもゲームを決定づけた。第2Qからはベンチメンバーを次々とつぎ込む余裕を見せ、投入された選手も溌剌としたプレーで、さらに勢いをつける。後半に入っても関学は攻撃の手を緩めることなく、最終的には105点ものリードを奪い、危なげなく勝利。最高の形で今シーズンをスタートさせた。

試合後のコメント
主将・平野(商4)「とりあえず1勝です。この試合を通じてチームの勢いを感じます。課題としては今日も見られた集中を欠く時間帯を短くしたい。次戦も優勝に向けての通過点です」

投稿者 kangaku : 23:53 | コメント (0)

バスケットボール部の活動状況

 
花形スポーツとして注目を浴びているのは、バスケットボール部。男女とも実力を発揮し続けており、近年、女子は創部初の1部昇格という快挙を成し遂げた。勢いに乗る今年の関学も強い!男女ともにインカレ出場を目指す。

‘04年度の成績
 ・男子 関西1部リーグ7位
 ・女子 関西1部リーグ7位

投稿者 kangaku : 17:53 | コメント (0)