2007年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34

【庭球部】 大健闘!男女ともに王座3位

 11月1~4日に岐阜メモリアルセンターに於いて行われた、全日本大学対抗テニス王座決定試合。最終日、男女ともに3位決定戦に臨んだ。男子は近大に対し6ー3で見事勝利。女子は筑波大と接戦を繰り広げ、3ー2で勝利を収めた。
男女ともに王座3位を決めた庭球部

 4日間に渡って行われた王座決定試合。男女ともに出場を果たし、全国の舞台で熱戦を繰り広げた。その最終日、関学は男女そろって3位決定戦に挑んだ。

 男子は近大との対戦。関学は関西の覇者として、負けられない試合である。試合展開は、両校とも譲らない接戦となった。しかし、関学は確実に得点を重ね、結果は6―3で関学の勝利。見事王座3位を決めた。

 女子は筑波大との対戦となった。残る試合はS1のみとなった段階で、2-2の接戦。勝敗はS1の加藤夕香子(社3)に託された。緊迫した雰囲気の中、互角の戦いを繰り広げた。王座3位を決めたい関学は、次第に応援にも熱が入る。最終セットまで持ち込み、最後は相手のアウトで関学の勝利。王座初出場にして、3位の座を獲得した。

 4年生にとっては、引退試合となったこの試合。男女ともに王座3位となり、笑顔で幕を閉じた。これから新チームを始動する彼ら。今後の活躍に多いに期待がかかる。

投稿者 kangaku : 01:22 | コメント (0)

【庭球部女子】 王座初舞台で圧勝!

 11月1~4日に岐阜メモリアルセンターに於いて行われる、全日本大学対抗テニス王座決定試合。初日、女子はシード権獲得により2回戦からの出場。島根大を5ー0と圧倒し、準決勝に駒を進めた。

試合後のコメント
主将・藤野理絵(社4)「(自分は)緊張はしたけど、皆はのびのびとリラックスして試合に臨めた。王座を取ることを目標に頑張る」

気迫溢れるサーブを打つ井本久美子(商1).JPG 力強いプレーを見せる加藤夕香子(社3).JPG

投稿者 kangaku : 17:41 | コメント (0)

【庭球部】 男女ともに王座進出!

 9月24日~10月7日、シーサイドテニスガーデン舞洲に於いて行われた関西大学対抗テニスリーグ戦。最終日、男子は近大に5ー4で勝利し3年連続の関西制覇を成し遂げ、王座進出を決めた。女子は立命大との接戦を3ー2で制し、準優勝。創部初の王座に臨む。

男女ともに王座進出を決めた庭球部 関西制覇の表彰を受ける、主将・中山

 初戦の同大にまさかの敗北を喫した庭球部男子。関西3連覇へと暗雲がたちこめた-。しかし、2戦目以降は調子が上がらないものの自力を見せ付け、着実に勝ち星を重ねていく。迎えた最終戦、相手はここまで全勝の近大だ。ここで近大に土をつければ1敗同士、直接対決で勝利しているため関学が関西制覇となる。

 まずはダブルスが3戦行われた。ダブルスを得意とする関学は先勝して戦いを有利に進めたい所だ。しかしD3の伊藤勇登(商2)・沓脱恭兵(経2)組が敗退。D2の主将・中山輔(商4)・田川雄介(経4)組もフルセットの末敗れ2敗となった。この悪い流れを断ち切ったのはD1佐藤直也(商3)・脇惇哉(商4)組。相手は夏の個人戦を制した関西王者。第1Sを5-7で落とすものの、第2Sは6-4で奪取し、一進一退の攻防が続く。迎えたファイナルセット、お互いがサービスゲームをキープし、5-5までもつれ込む。脇がこん身のサービスエースを打ち込み、ゲームキープした。ここを最後のゲームにしたい2人は必死にボールを追いかけ、ブレイクまであと1本。相手のセカンドサーブを打ち返し、ボレーを決める。このセット初めてのブレイクで貴重な1勝を手にした。午前中を1勝2敗で終えた関学は、午後からのシングルスで巻き返しを図る。

 まずはS2渋谷祐樹(商4)が快勝し、勢いを加速させる。またD2で悔しい敗戦をした中山もS6で雪辱を果たした。S4伊藤は第1Sを取るものの、第2、3Sを落とし無念の逆転負け。総合成績を3-3とし、残りのシングルス3試合に全てを懸けて臨んだ。S5の脇はダブルスの勢いそのままに勝利し、優勝に王手を懸ける。S3の佐藤直も気合の入ったサーブでエースを連発し、6-3、6-4で勝利。苦しい試合を乗り越え、男子は3年連続で関西制覇という偉業を達成した。

 一方女子も、第3戦で昨年度王座出場の相愛大を3-2の接戦で破り、勢いにのる。最終日の立命大戦に勝てば、相愛大と3勝2敗で並び直接対決の結果で悲願の王座出場が決まる。ダブルスを1勝1敗と互角のまま迎えたシングルス。まずはエース・加藤夕香子(社3)が先勝し王座へあと1勝に迫る。S3上村奈都子(文2)がファイナルセットまで持ち込まれるが見事に勝利し、創部初の王座出場権をつかみ取った。

投稿者 kangaku : 00:04 | コメント (0)

【庭球部】 惜しくも優勝逃す

 9月20日、関西学生テニス選手権大会が靭テニスセンターに於いて行われた。関学からは、男子ダブルスF決勝に佐藤直也(商3)・脇惇弥(商4)組が出場した。最後まで攻めの姿勢を見せたが、惜しくも敗退。準優勝という結果であった。

鋭いサーブを決める脇.JPG 勢いのあるプレーを見せる佐藤.JPG

 9月12~20日の9日間に渡って行われた、関西学生テニス選手権大会本戦(於・靱テニスコート)。予選を勝ち抜いた選手たちが、関西の頂点に立つべく熱戦を繰り広げた。

 関学勢は、男子シングルスでは渋谷祐樹(商4)、佐藤直也(商3)、伊東直登(商2)がベスト8、松田一輝(文4)がベスト4という結果を残した。また、男子ダブルスでは中山輔(商4)・田川雄介(経4)組、渋谷・佐藤悠貴(商2)組がベスト4、さらに脇・佐藤組は準優勝に上り詰めた。一方、女子シングルス・ダブルスはベスト8進出はならなかった。

 惜しくも関西制覇はならなかった。しかし、関西にその雄を見せつけた彼ら。関西学生対抗テニスリーグ戦での活躍に期待したい。

投稿者 kangaku : 13:47 | コメント (0)

【庭球部】 昨年度王者を倒す

 3月10日、関学に於いて行われた早稲田大学との定期戦。関学男子は5-4で早稲田を下した。早稲田は昨年の大学日本一であり、今年の関学の活躍が期待される勝利となった。

投稿者 kangaku : 11:55 | コメント (0)

【庭球部】 優勝ラッシュ!

 11月17日から万博テニスガーデンに於いて行われている新進トーナメント本戦。関学勢は女子ダブルスこそ準優勝だったものの、男子シングルス・男子ダブルス・女子シングルスでそれぞれ優勝。関西に関学の力をみせつけた。

投稿者 kangaku : 00:44 | コメント (0)

【庭球部】 新進トーナメント絶好調!

 11月17日から万博テニスガーデンに於いて行われている新進トーナメント本戦。関学勢は男女とも順調にトーナメントを勝ち進み、男子シングルス・男子ダブルス・女子シングルス・女子ダブルス全てに於いて決勝戦進出を果たした。

 なお本日行われる予定だった決勝戦は、雨のため明日24日に万博テニスガーデンに於いて行われる。

投稿者 kangaku : 23:35 | コメント (0)

【庭球部男子】 全国4位!!

 10月11~15日、岐阜メモリアルセンターに於いて行われた全日本大学対抗テニス王座決定試合。関学は健闘し、全国で4位という結果を残した。

10月12日
第二回戦 対 信州大学
D1○中山・田川 6-2、6-2 大西・中原●
D2○渋谷(洋)・佐藤(直) 6-1、6-3 小坂・伊藤●
D3○脇・松田 6-0、6-2 大庭・山口●
S1○渋谷(祐) 6-2、6-2 大西●
S2○中山 6-2、6-1 小坂●
S3○畠中 6-0、6-0中原● 
S4○脇 6-0、6-2 岡崎●
S5○伊東 6-1、6-1 鷲尾●
S6○佐藤(直) 6―0、6―0 大庭●

計9―0

10月14日
準決勝 対 早稲田大学
D1○中山・田川 6-1、6-4 前原・吉備●
D2●渋谷(洋)・渋谷(祐) 2-6、5-7 佐藤・成瀬○
D3●脇・松田 1-6、4-6 中川・羽石○
S1○中山 6―1、4―6、7―5 佐藤●
S2●渋谷(祐) 4―6、4―6 成瀬○
S3●佐藤(直) 4-6、2-6 吉備○
S4●脇 3-6、2-6 羽石○
S5●田川 4-6、4-6 中川○
S6○畠中 6―3、6―4 青木●

計3―6

10月15日
第三位決定戦 対 法政大学
D1○中山・田川 6-3、7-5 永野・大畑●
D2●渋谷(洋)・渋谷(祐) 4-6、6-2、5―7 坂口・高橋○
D3●脇・松田 7-6(3)、5-7、4―6 柴田・乗田○
S1●渋谷(祐) 6―3、5―7、4―6 小林○
S2●田川 1―6、7―5、1―6 藤田○
S3○佐藤(直) 6―4、7―6(1) 永野
S4○脇 6―4、7―5 芝田●
S5●畠中 3―6、0―6 有松○
S6●松田 7―5、1―6、1―6 大畑○

計3―6

<大会結果>男子、女子順
優勝 早稲田大学・早稲田大学
準優勝 近畿大学・亜細亜大学
第三位 法政大学・園田学園女子大学
第四位 関西学院大学・相愛大学

投稿者 kangaku : 20:44 | コメント (1)

【庭球部】 男子・全勝で関西制覇、女子・3位

 10月1日に行われる予定だった関西大学対抗テニスリーグ戦最終戦(於・シーサイドテニスガーデン舞洲)。雨により2日に延期された今試合は、男子が近畿大学に6-3で勝利。女子も大阪体育大学相手に3-2で勝利を飾った。

投稿者 kangaku : 14:07 | コメント (1)

【庭球部】 男女ともに快勝!

 9月28日に関西大学対抗テニスリーグ戦第4戦(於・シーサイドテニスガーデン舞洲)が行われた。男子は大阪体育大学に9-0の完勝。女子も武庫川女子大学相手に4-1で勝利を飾った。
      S5の佐藤.jpg    S6の松田.jpg

試合後のコメント
松田城作監督「男子のダブルスは要注意だったが、練習量の多さが実を結んだ。シングルスは走って、走って、そしてとどめを刺した。(最終戦の近大戦は)今のままいきたい」

◆スコア◆

<男子>

○D1中山・田川 6-3、2-6、6-2 貝野・稲村●
○D2渋谷・佐藤直 4-6、7-6、6-2 出井・出原●
○D3畠中・澁谷 6-3、3-6、6-3 中田・佐古●
○S1田川 6-1、6-0 山口●
○S2中山 6-3、6-3 貝野●
○S3畠中 4-6、6-0、8-6 佐古●
○S4澁谷 7-5、6-4 中田●
○S5佐藤直 7-5、6-0出井●
○S6松田 6-1、7-6 辻中●

<女子>

○D1加藤・菅村 6-2、6-3 竹嶌・若竹●
●D2須加田・戸髙 2-6、5-7 上赤・長井○
○S1加藤 6-1、6-2 竹嶌●
○上村 6-1、6-4 上赤●
○須加田 6-0、6-1 若竹●

投稿者 kangaku : 23:44 | コメント (1)

【庭球部】 男子連勝、女子は敗れる

 9月21日に関西大学対抗テニスリーグ戦第2戦(於・シーサイドテニスガーデン舞洲)が行われた。男子は関西大学に9-0の完勝。しかし女子は相愛大学相手に1-4で敗北を喫した。

試合後のコメント
松田城作監督「男子は先にダブルス3勝したのが大きかった。後のシングルスが楽になったな。主将・高田に頑張ってもらわんと」

◆スコア◆

<男子>
○D1中山・田川 6-0、6-1 小川・山本●
○D2渋谷・佐藤直 6-4、7-5 堀田・角田●
○D3高田・松田 1-6、6-3、6-2 渡利・山下●
○S1田川 6-2、6-3 山下●
○S2畠中 6-3、6-3 山本●
○S3澁谷 6-2、6-3 角田●
○S4中山 7-6、7-5 酒井●
○S5佐藤直 6-3、6-1 藤澤●
○S6松田 6-3、6-2 堀田●

<女子>
●D1藤野・上村 1-6、2-6 辻村・伊藤○
●D2加藤・戸髙 3-6、3-6 富山・佐藤○
○S1加藤 7-5、6-0 富山●
●上村 6-7、6-3、2-6 伊藤○
●須加田 1-6、2-6 辻村○

投稿者 kangaku : 12:23 | コメント (1)

【庭球部】 白星スタート/秋季リーグ戦

 9月18日に関西大学対抗テニスリーグ戦・第1戦が行われた。(於・シーサイドテニスガーデン舞洲)男子は神戸学院大学に8-1で圧勝、また女子は神戸松蔭大学相手に4-1で初めて白星を飾った。

試合後のコメント
松田城作監督「神院大は、昨年1部昇格した学校で油断は禁物だと思ったが、ダブルスでの全勝が成功だった。この勢いで近大戦まで頑張ってもらいたい」

◆スコア◆
<男子>

○D1中山・田川 6-3、6-4 小川・三宅●
○D2渋谷・佐藤直 6-4、6-3 森口・夏目●
○D3松田・平岡 6-2、6-2 川津・華谷●
○S1田川 6-1、6-3 小川●
○S2澁谷 6-3、6-1 柳井●
●S3畠中 3-6、3-6 三宅○
○S4中山 7-5、6-4 川津●
○S5佐藤直 7-5、6-4 華谷●
○S6松田 7-6、6-2 森口●
<女子>
○D1加藤・菅村 6-2、7-5 森・川口み●
○D2須加田・戸高 6-4、6-3 長谷・川口ま●
○S1加藤 6-4、6-3 森●
○上村 6-1、6-2 杉山●
●藤野 3-6、3-6 川口み○

投稿者 kangaku : 23:29 | コメント (1)

【庭球部】 全日、準決勝で早大に敗北

 10月16日に行われた全日本大学対抗テニス王座決定試合(於・岐阜メモリアルセンター)。準決勝で関学は、第1シードの早大に総合3―6で敗れた。
 ダブルスでは森谷良平(商4)・中山輔(商2)組が、シングルスでは森谷と藤本雄規(商4)がそれぞれ
ファイナルセットまでもつれこんだ末勝利。しかし総合では一歩及ばず、ダブルス1―2、シングルス2―4の3―6で敗北を喫した。第1シードの早大に健闘をせた彼らは明日、近大との3位決定戦に臨む。

投稿者 kangaku : 03:06 | コメント (0)

【庭球部】 全国王座出場決定!

 9月28日にシーサイドテニスガーデン舞洲に於いて行われた関西大学対抗テニスリーグ戦・第4戦。男子は大体大に7-2で勝利した。この時点で、総合勝ち数から関学のリーグ優勝が決定。10月12日から行われる全国王座決定試合での活躍に期待の高まる一戦となった。
 一方女子は立命大に5-0と圧倒的勝利を飾った。

投稿者 kangaku : 22:30 | コメント (0)

【庭球部】 リーグ戦第一戦、同大に勝利!

 9月23日にシーサイドテニスガーデン舞洲にて行われた関西大学対抗テニスリーグ戦・第一戦。関学は総合7―2で同志社大を下した。

投稿者 kangaku : 20:42 | コメント (0)

【庭球部】 関関戦速報!

 関関戦2日目。庭球部の試合が関学テニスコートで行なわれた。関学は男子9-0、女子5-0の総合14-0で大勝した。

 2日目に行われた庭球(於・関学テニスコート)SF入試で新戦力を加え、上ヶ原に乗り込んできた関大。対する主将・森谷(商4)、阿部(社4)率いる関関戦過去無敗の関学庭球部は“必勝”を合言葉に伝統の一戦に臨んだ。お互いの意地と意地のぶつかり合いの末、今年も男女総合で14―0と関学が大勝した。
 ダブルス1には春の関西学生選手権で優勝した森谷・渋谷(文3)組が出場。強力なリターンエースを決める森谷、それに加え果敢に攻め、鋭いボレーで応戦する渋谷が関大を翻弄した。また昨夏に続き、春の関西学生選手権で準優勝に輝いた岡田(商3)がシングルス1で関大の藤沢と対決。コート深くに突き刺さるリターンエースを量産し、相手につけ入る隙を与えない。第1Sを6―1、第2Sを6―0と関大を一蹴した。一方、女子も危なげない試合を展開。阿部を中心に気迫に満ちたサービスやクロスからストレートへの切りかえしで、相手を圧倒していった。結果、第1、2Sをともに6―0と1ゲームも相手に許さず完全な勝利をつかんだ。

◆スコア◆
<男子>
○D1森谷・渋谷(洋) 7-5、6-4 小川・堀田●
○D2坪田・佐藤(英) 2-6、6-2、7-5 福田・西山●
○D3乾野・中山 6-2、6-1 藤沢・山本●
○S1岡田陽平 6-1、6-0 藤沢●
○S2渋谷祐樹 6-4、6-2 福田●
○S3田川雄介 6-3、6-1 酒井●
○S4佐藤直也 7-6(5)、6-2 山本●
○S5藤本雄規 6-1、6-1 小川●
○S6畠中聡 6-3、6-3 堀田●
<女子>
○D1藤野・須加田 6-1、6-0 山本・西川●
○D2三原・奥田 6-2、6-1 布田・小坂●
○S1阿部桂子 6-0、6-0 山田●
○S2田中菜美子 6-2、6-2 布田●
○S3朝比奈舞子 6-0、6-2 小坂●

投稿者 kangaku : 20:56 | コメント (0)

【庭球部】 春関、優勝

 6月6日に行われた関西学生春季テニス選手権決勝(於:靭テニスセンター)。男子シングルスでは岡田陽平(商3)が同大の山口尚吾に敗れはしたものの、堂々の準優勝を飾った。
 また男子ダブルスでは、森谷良平(商4)・渋谷洋太朗(文3)組と佐藤英克(総4)・坪田泰幸(文4)組が激突。手のうちを知る同校対決なだけに、苦戦をいられた。だが、森谷・渋谷組が迫力あるプレーで接戦を制して優勝。佐藤・坪田組は準優勝となった。

<スコア>
シングルス ●岡田1-6、4-6山口○
ダブルス   ○森谷・渋谷6-3、6-2佐藤・坪田●

投稿者 kangaku : 06:48 | コメント (1)

【庭球部】 関西学生テニストーナメント、明日の決勝へ

 6月5日に行なわれた関西学生テニストーナメント(於・靫テニスセンター)。シングルスでは岡田陽平(商3)が決勝進出を決めた。またダブルスでは、森谷良平(商4)・渋谷洋太郎(文3)ペア、佐藤英克(総4)・坪田泰幸(文4)ペアが、同校対決となる明日の決勝へと駒を進めた。

投稿者 kangaku : 23:25 | コメント (0)

庭球部の活動状況

庭球部は関学一の歴史と伝統を誇るクラブ。技術だけでなく、規律を重んじ、部員一人ひとりが個を尊重し合う精神を大切に、日々練習に励んでいる。男子は関西リーグ、そして全国区の対校戦・王座での優勝、女子は王座出場(関西リーグ1、2位校のみ)を目標とし、さらなる進化を目指す。

‘04年度の成績
 ・男子 関西2位 王座4位 
 ・女子 関西5位

投稿者 kangaku : 17:32 | コメント (0)