【スキー競技部】 全日本インカレ結果

 2月18~25日、大鰐温泉に於いて行われた第80回全日本学生スキー選手権大会。2部の男子は総合24位で3部降格、3部の女子は総合で31位に終わった。

男子SG
52位 岩崎勇人 (法2)

男子コンバインド
18位 広瀬純一 (社4)

男子GS
36位 岩崎勇人 (法2) 55位 杉森大輔 (法1) 57位 小山真 (総2) 63位  萩野俊介 (法3) 71位 廣瀬明寛 (法1)

男子コンバインドスプリント
18位 広瀬純一 (社4)

男子クロスカントリー10キロクラシカル
44位 荒木信平 (文4) 46位 山岸知弘 (社2) 52位 奥野雄大 (商3) 63位  森光 (商2) 69位 久保慶一 (社1)

男子スペシャルジャンプ
23位 広瀬純一 (社4)

男子クロスカントリースプリント
40位 荒木信平 (文4) 49位 山岸知弘 (社2) 59位 奥野雄大 (商3) 64位  久保慶一 (社1) 66位 森光 (商2)

男子SL
29位 岩崎勇人 (法2) 40位 杉森大輔 (法1) 49位 廣瀬明寛 (法1)
途中棄権 萩野俊介(法3) 小山真(総2)

男子クロスカントリー30キロフリー
35位 荒木信平 (文4) 37位 山岸知弘 (社2) 42位 奥野雄大 (商3) 50位
森光 (商2) 53位 久保慶一 (社1)

男子クロスカントリーリレー
17位

男子2部総合24位 3部降格

女子SL
30位 高田幸子 (法3)

女子GS
23位 高田幸子 (法3)

女子3部総合31位

投稿者 kangaku : 16:01 | コメント (0)

【サッカー部】 元日本代表監督が関学へ

 2月18日、関学会館に於いて、サッカー部加茂周新監督の就任会見が行われた。
記者会見の様子.jpg 記者の質問に答える加茂新監督.jpg
プロフィル
加茂 周(かも・しゅう) 67歳 1939年、兵庫県芦屋市出身。1960年に関西学院大学文学部英文学科に入学し、在学中よりサッカー部に所属。関学卒業後、ヤンマー(現・セレッソ大阪)で活躍。74年、日産自動車(現・横浜F・マリノス)の監督を経て、93年のJリーグ創設時横浜フリューゲルスの監督に就任。94年から97年までサッカー日本代表監督を務める。その後は、京都サンガや大阪学院大学サッカー部総監督などを務め、サッカー解説者としても活躍。

記者会見での一問一答は以下の通り
母校の監督就任への経緯と心境は?
― 昨年で大院大の総監督を退任し、今年になって監督就任の要請があった。フルタイム練習を見ることが出来ないので、監督という役職には戸惑いがあったが、現場が好きで体の動く間は現場に携わりたかった。

チーム立て直しの抱負は?
― 昨年は春秋ともに入れ替え戦と低迷していた。学生たちには「いずれは日本一に」と言っている。春は少なくとも入れ替え戦は避けたい。秋はベスト3に入り、大学選手権に出場させたい。

これからのチーム作りを具体的に教えてください。
― 他の大学と同じような練習量は難しい。グラウンドが1面しか無く、中学部、高等部と共同で使用しなければならない。工夫して、練習量が少ない分何らかの形でカバーしなければならない。

プロとアマの違いは?
― 学生は学業が本分で、部活動と両立しなければならない。2週間ほど練習を見たが、関学は真面目で爽やかな青年が多い。4年間関学のサッカー部でよかったという思い出を残せるようにしたい。

昔と今の若者の気風の違いは?
― 最近の学生は真面目でトレーニングも真剣にやっている。しかし、試合で身を粉にしてチームのために死に物狂いで戦う選手が少なくなっている。若い選手を戦う選手へと育てていきたい。

どれ位の割合で練習は見られるのですか?
― フルタイムで練習に参加するのは難しいので、少なくとも週に3、4日、多くて5日は現場に行きたい。

何から取り組みますか?
― これまでもしっかりトレーニングをしているので、大きな変化はしなくていい。ただ気迫が足りない。本当の意味で戦えるチームにしたい。

チームとしての成功とは?
― 関西リーグで上位定着させること。そして、選手がそろった時に優勝できるチームにしたい。選手層を厚くしないと上位定着は難しい。

母校で監督するにあたって
― 私の夢の1つが母校での現場監督。フルタイムでは出来ないが、たいへん感激している。

投稿者 kangaku : 19:18 | コメント (0)

【馬術部】 総決算。森田優、関西最優秀選手へ

 2月17日にOMMビルにて関西学生馬術連盟の総会が行われた。2006年度の年間表彰も同時に執り行われ、昨年、関西のあらゆるタイトルを総なめにした森田優(商4)が関西学生優秀選手・最優秀に選ばれた。「一つ一つを頑張った結果」、得た最高の勲章。関学馬術部における彼女の功績がここに示された。また、優秀馬匹には彼女が3年間騎乗した月翼が最優秀、馬場で魅了した月皚(シロ)が2位に選出された。なお関学馬術部は関西最優秀団体に7年連続で君臨。築かれた伝統のもと、〝常勝〟の誇りを今年も見せてくれるだろう。
最優秀選手、森田.jpg 前主将&副将.jpg

投稿者 kangaku : 14:35 | コメント (0)

【馬術部】 定期戦、手堅く勝利

 2月4日に関学の馬場で慶應義塾大学との定期戦が行われた。試合は団体戦で両校代表の5人が出場。1頭ずつに騎乗し、馬ごとの成績が勝ち点となる。用意された馬に騎乗する「貸与馬」形式で月翼、月景、月母衣(つきほろ)、月雅、月鈴の5頭が出場した。
 
 1番手の主将・松尾(経3)をはじめ、関学はそれぞれが安定した騎乗を見せる。結果、4-1で勝利を収めた。ホームの利が大きいため、「負けるわけにはいかない」試合。そのなかで、確実に結果が残せたことは、新体制のチームにはずみがついたことだろう。
減点0走行、西脇&月鈴.JPG 試合前、円陣.JPG

  関学            慶應
○ 松尾孝司 (経3) 月翼  吉川奈央×
○ 熊倉健司 (経3) 月景  多井基喜×
×小川慶朗 (文3) 月母衣 蜷木 拓○
○ 尾崎功章 (法3) 月雅  橋本孝幸×
○ 西脇万美子(社1) 月鈴  橋本鉄生×
 4―1で関学が勝利。

投稿者 kangaku : 15:35 | コメント (3)

【スケート部】 北野2種目2位

 2月3日、ポートアイランドスポーツセンターにて行われた第49回全兵庫STSS選手権大会。関学からは選手全員が出場し、それぞれ健闘を見せた。中でも先週の国体で兵庫4位に貢献した北野聡子(商4)は500m、1000mで2位入賞の活躍。来週行われる全日本距離別STSSに向け、弾みをつけた。

投稿者 kangaku : 20:48 | コメント (0)

【スケート部】 冬季国体で活躍!

 1月28日に行われた、冬季国体フィギュア競技成年女子の部(於・群馬県総合スポーツセンターアイスアリーナ)。関学からは兵庫県代表として梅谷友紀(商4)が出場し、7位という成績で引退を迎えた。さらに、同じ兵庫県代表である関大の平井や三木の活躍もあり、都道府県別成績では優勝を飾った。一方、1月30日に同場所にて行われたSTSS競技成年女子1000㍍では、北野聡子(商4)が4位。また、女子3000㍍R(泉、北野、牧、山野組)も同様に4位という成績を収め、兵庫県代表として素晴らしい活躍を見せた。

投稿者 kangaku : 15:41 | コメント (0)