【編集部より】 ホームページバナー広告募集開始!

 「関学スポーツ」のホームページバナー広告の募集を開始しました。
現在、新聞紙面広告を契約されている方や広告媒体をお探しの方はぜひご検討下さい。料金など詳しい情報は、メインページ右下「Contentsの広告主大募集中!」をクリックし、【バナー広告に関するお知らせ】をご覧下さい。

 また、あわせて定期購読の募集もしております。興味のある方は、メインページ右下「Contentsの定期購読募集中!」をクリックし、年間定期購読のご案内をご覧下さい。

 今後とも「関学スポーツ」をよろしくお願い致します。

投稿者 kangaku : 20:52 | コメント (0)

【サッカー部】 全日本インカレ、決勝リーグ進出へ!

 本学サッカー部が今月21日から行われている全日本インカレの決勝リーグ進出を決めた。予選リーグは2勝1分。12月21日、中京大戦(於・瑞穂北陸上競技場)は1―1で引き分け。23日(於・中京大豊田キャンパスサッカーグランド)は法政大に3―2と競り勝った。そして25日(於・中京大豊田キャンパスサッカーグランド)には福山大を2―0と完封し、見事予選を突破を決めた。
 決勝リーグ初戦は順大。来年、1月6日に13:20から多摩市立陸上競技場に於いてキックオフの予定。

 予選第1戦は対中京大。前半はこう着状態でなかなか点がとれない。結局0-0で前半を終えた。後半、前線から積極的にボールを取りにいく。そして57分にMF小松創太(法4)が頭で押し込み、待望の先制ゴールを決めた。しかし終盤の77分、DFとGKの連携ミスから不用意な失点。勝ちゲームを逃してしまった。


 第2戦は関東2位の強豪・法政大との対決だった。試合前からの高いモチベーションを保ったままゲーム開始。気合そのままに開始1分でまたもMF小松創太が先制ゴールを決める。だが攻撃力のある法政も関学ゴールに襲いかかる。勢いに押され、21分に失点してしまった。後半に入っても互いに譲らず、白熱したゲームとなる。55分にFW新保和也(文4)がゴールを決めれば、直後の57分に法政も決め返す。そんなシーソーゲームに決着をつけたのはやはりエース・小松塁(商4)。終了直前の88分、ゴール前の混戦でボールを押し込み、3-2と法政を突き放す。「攻撃重視の練習が実を結んだ」とキャプテン本井靖浩(商4)。このまま逃げ切り、法政相手に勝ち点3を上げた。


 第3戦は対福山大。1,2戦と違い立ち上がりにミスを連発し、自陣に押し込まれる展開となる。自ら流れを悪くしてしまった関学は、その後立て直すも結局前半を0-0で終えてしまう。後半は再三のサイド攻撃、効果的なサイドチェンジで相手ゴールを脅かす。そして67分に途中出場のFW金尾和泰(経1)がDFの裏に抜け出しゴール。その3分後にはDF小野原明男(商2)がFKを直接決め、連続ゴールで差を広げる。この後相手を0点に抑えた関学は無敗で予選を終えた。

投稿者 kangaku : 00:30 | コメント (0)

【ラクロス部女子】 全日本選手権、一回戦敗退

 12月10日に舞洲運動広場球技場に於いて行われた全日本選手権大会1回戦。関学は社会人クラブチームWISTERIAに5-9で敗北を喫した。

 前半開始1分、早くも先制点を奪われた。続けて得点を決め、勢いに乗るWISTERIA。だが残り17分、ゴール裏からのパスがAT伊藤(経4)からAT沼田(文3)へと決まる。そして見事な連携プレーで沼田がゴール。その後1点を返されるが、ドローを制した関学は確実なパス回しでシュートを狙う。そしてゴール裏からの1対1でDFをかわした伊藤がシュートを決める。さらに残り8分、DF寿賀(社3)のゴールで同点に追いつく。素早いターンでDFをかわし、またもや伊藤がシュートを決め逆転に。だがその後、続けて3点を奪われ4-6で前半を終えた。
 そして後半戦、再び開始1分でWISTERIAが得点を挙げる。その後も得点を重ね、4点差に。しかし残り18分、伊藤がミドルシュートを放ちゴールを決めた。ここで得点差を縮めたい関学。相手のファウルからのフリーシュートのチャンスが到来するが、惜しくもボールが弾かれる。残り13分、相手に得点を許し再び4点差に。その後関学は得点を追加できず、5―9で無常にも試合が終了した。この試合で4年生の引退。今シーズンの戦いが終わった。

投稿者 kangaku : 19:55 | コメント (0)