石田力哉

1979年9月7日、大阪生まれ。LB。184センチ、112キロ。ベンチプレス200キロ以上、40ヤード走は4.8秒。家族は両親、弟。血液型はB。

リンク

アスリート

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

最近のエントリー

under_line.gif

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 3.34


2005年06月30日

ポジティブに!

 早いもので帰国してから2週間が経ちました。そして今回でこのBLOGも最終回になります。


 現在の私の状況ですが、リハビリに励む毎日です。思いのほかリハビリに時間がかかり、復帰までにもう少し時間が必要です。


 しかし、何も焦ってはいません。


 完治して来シーズンに挑む!!!


 帰国後、多くの諸先輩方と話をする機会がありました。心にしみる言葉ばかり頂きました。

 
 「今シーズンは怪我をする年であったかもな!」こう言われた時、なんかすっきりしたような気持ちになりました。


 以前にも書きましたが、今シーズンの僕では足りないものがあった。もし、怪我をしなかったらNFLへ行っていたかもしれない。しかし、それで本当に満足する結果になっていたのか?

 
 ただのポジティブな考えなのかもしれませんが、ポジティブな考えも大事でしょ! そう、これからもポジティブに考えてリハビリに、トレーニングに励みますよ!


 今回で「CHALLENGE THE WORLD」でのBLOGは終了しますが、石田力哉のBLOGはまだまだ続く!? はずです。


 途中、不快感を抱かせてしまった事もありましたが、より多くのファンの皆様の存在に支えられてるなと認識しました。


 今シーズンは不本意ながらヨーロッパリーグに参戦できませんでしたが、まだまだ私のチャレンジは終わったわけではありません。NFLという目標に向かって突っ走っていきます。


 どうかこれからも応援よろしくお願いします。


 最後になりましたが、この企画を立ててくれた日刊スポーツ関係者の皆様、ありがとうございました。そしてファンの皆様、本当に長らくのご愛読ありがとうございました。


 THANK YOU FOR EVERYTHING !!!

                           RIKIYA ISHIDA

June 30, 2005 01:03 PM | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年06月16日

Never Forget ALABAMA!!!

rikiya005.jpg
 ただ今、現地時間15日午前1時半。朝5時半に空港へ行き、7時Birmingham発Chicago行きの飛行機2時間、着後3時間待ちのあと、12時発の関西国際空港行き13時間、計18時間移動である。この過酷な旅路に備え、ALL NIGHT実行中である!


 ALABAMAに来てはや3カ月。長かったなー。。。いや、早かったなー。。。どっちやろ???


 良くも悪くも、せっかくALABAMAで過ごしたのだから、雑談程度に感想なんかを書こうと思う。

続きを読む >>

June 16, 2005 10:53 AM | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年06月15日

○○○たら。○○○れば。

 先週の土曜日、NFLヨーロッパリーグの決勝戦「ワールドボウル」が行われた。
 対戦カードは2年連続のベルリン・サンダーvs初優勝を狙う我がアムステルダム・アドミラルズ。
 ベルリンはトータルオフェンス1位、アムスは2位と両チームとも強力オフェンスを誇り、お互い同じカバー2(最後尾に2人フリーのプレーヤーがいる)をベースとしたディフェンスをしている。


 アメリカでもFOXがLIVEで放送していた。
 前半はアムスのオフェンスが好調。大差をつけて前半を終えた。
 後半はベルリンの猛反撃。結局、最終プレーまで結末は分からなかった。


 最後のプレー。27-21でアムスリード。ベルリン、相手陣地約15ヤード付近。残り6秒。
 プレーはパス。エンドゾーン内でディフェンスがボールを弾き、浮いたボールにオフェンス選手が2人飛びつく。あと30センチ。そしてボールは地に付いた。

続きを読む >>

June 15, 2005 03:35 PM | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年06月07日

FRIENDS

 先週末、今日がBIRMINGHAMで過ごす最後の暇な休日と思い、カリフォルニアにいる友達と先輩夫妻に電話をした。昨年のカリフォルニア・トレーニング修行中にお世話になった人たちだ。


rikiya004.jpg
 まず滞在中の1カ月半、彼女たちの部屋のリビングに格安で居候させてもらった恩人「ウィックー(写真中央)」と「チッヒー(同左)」。ウィックーは同い年の元体操選手。チッヒーはCSMというカレッジに通う20歳のアグレッシブガール。


 ウィックーは現在、大学院へ行くためにTOEFLの勉強中。大学院へ行くためにはかなりのハイスコアが必要である。驚くことウィックーはこの勉強をしだすと止まらない! 24時間のうち、20時間は勉強してる。部屋にこもりっきりで。勉強しながら食事をとる。トイレ、シャワー以外は勉強。睡眠もそこそこ。驚愕の生活だった。しかし、休むときは休む。つい、この間もスペインへ旅行してきたのだとか。今は試験前。また、部屋にこもる生活が始まるという。

続きを読む >>

June 7, 2005 12:27 PM | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年06月04日

言葉

 言葉というのは非常に多く存在するものである。


 私は現在アメリカに滞在している。
 もちろん日常生活において使用される言語、言葉は英語である。
 今でこそ英語生活に慣れてきたが、まだまだ聞き取れなかったり理解できなかったりする単語が多くある。


 日本にいる時も同じである。
 私の知らない単語などたくさん存在するだろう。


 そういうことを考えると、ネイティブ並に英語を理解し、話せるようになるにはまだまだ時間が必要である。


 先日、ESPNで面白いコンテストの番組が放送されていた。
 「SPELLING BEE」と言われるコンペティションだ。
 10代前半の少年、少女が司会者の言う単語のスペルを言うというもの。
 単語の意味、発音はいくらでも要求できる。
 私もテレビの前で挑戦した。
 結果は惨敗。いや、不戦敗である。1問も分からない。

続きを読む >>

June 4, 2005 12:07 PM | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年05月26日

報告

 BLOG更新のペースが速いですね!
 久々の連続投稿になります。
 「書くこと」「報告」があるからです。


 僕の2005NFLヨーロッパシーズンは終了しました。
 前回に「1%でも可能性があれば・・・」「NO!と言われるまで・・・」と書きましたが、
 「NO!」と言われてしまいました・・・。


 今日(5月25日)、NFLヨーロッパのヘッドトレーナーに聞きに行きました。「俺は今シーズン、ヨーロッパでプレーできるのか?」と。


 すると、はっきりこう返ってきました。
 「NO!」。

続きを読む >>

May 26, 2005 03:55 PM | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年05月24日

Ready

 久々にBLOGに書き込みになりますね。


 ほんとにここんとこ書くことが無かった・・・。
 何かあれば書こうと思っていたのだが、やっぱり書くことが無かった。


 色々な著名人のBLOGや他のフットボール選手のBLOGを見ると面白い。普段の生活や試合のこと。趣味やチームメイトの事など。


 最近のお気に入りは「古田敦也公式ブログ」。
 元旦の某番組で初めてお会いし、「イイ人だなー。」と思い、BLOGを読んでいる。
 「イイ人」というのは、男の僕から見ても好感を持てる人という意味で取ってください。

続きを読む >>

May 24, 2005 11:44 AM | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年05月02日

NFLドラフト

 今回は、先日行われました「NFLドラフト」について書きたいと思います。


 まず、NFLのドラフトを説明しますと「ウエーバー方式」と言って、前シーズンの成績下位チームから指名できます。事前交渉は1位指名権を持つチームのみに限り可能です(今年は49ersでした)。


 もう一つの特徴はただ単に欲しい選手を指名するということではなく、数年後のチームを構成する上で、指名権と選手のトレードや指名権同士のトレードなどが行われます。そして、何よりもサラリーキャップ制があるために、金額についてもチームそれぞれの限度があるのです。アメリカンフットボールはポジションが多くあるために、どこのポジションを補強するべきか? その選手が将来有望なのか? といった事を分析し、そしてドラフト中に的確に情報を収集し、判断して選手を指名していかなければなりません。

続きを読む >>

May 2, 2005 03:26 PM | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年04月29日

「エリート育成」について

 リキヤです。先日、髪の毛をブラシをでといでいたら、手が滑ってブラシを便器の中に落したとです。リキヤです。仕方なく素手で拾いました・・・。リキヤです。 と、まあヒ○シ風に始めてみました。連日の更新!


 今回は「エリート育成」について書こうと思います。


 27日に日本サッカー協会が「サッカーエリート教育プログラム」なるものを06年度から始めると発表しましたよね。内容は中高一貫で男子はW杯を、女子は北京五輪を目指すというシステム。サッカーは「Jビレッジ」で、教育は福島県の公立中学、高校で実施される。なんと、福島県はこのプログラムに40億円も投じるらしい。


 凄いですね! 驚き! 意味あるんでしょうか?

続きを読む >>

April 29, 2005 10:23 PM | コメント (84) | トラックバック (7)

2005年04月28日

映画「PRIDE」

 前回はちょっと堅い話(日曜のBLOGは今後も知的にいこうと思ってます)になってしまったので、今回は映画の話でも。


 アメリカに来てよく映画観ます。昨年のカリフォルニア滞在の時からなんですが、{1}英語の勉強の為。{2}日本より早く公開するので観て自慢する! この2点が目的です。月に2本以上は見ますね! なんか、こう言うと「映画好き?」って思われるかもしれませんが、ただ時間があるからです・・・。


 アメリカの映画館って安いですよね! 8ドルすると「高っ!!」と思います。だいたい6ドルかな。1番安かった場所は1ドル25セント。中で買ったコーラは3ドル75セント。あとね、席が日本より広い! これ、大事です。はい。そして、ほんとはやっちゃいけないんですが、カリフォルニアではチケット1枚で2本観てました。ある人と行った時は。(や○だ嫁)


 そんな話は置いておいて、これから日本で公開予定のある映画を僕の感想を交えてベスト3を発表しましょう!(おすぎには負けません)。


続きを読む >>

April 28, 2005 11:57 AM | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年04月25日

I have a dream

 日本はそろそろ半袖のシーズンに変わる頃ではないでしょうか? こちらBIRMINGHAMは非常に暖かい天気が続いていたのですが、土曜の夜はコートが必要なくらい冷え込みました。内陸部の天気は予想ができません。


 今回は、コメントにありました「黒人差別問題」について書こうと思います。


 恥ずかしながら、無知といいますか鈍感といいますか、コメントにこの話題があがるまで、ここアラバマについて全く知らなかったですし、何も気づきませんでした。しかし、調べてみると、私が滞在しているBIRMINGHAMは黒人差別において非常に関わりのある街でした。


 まず、重要人物として取り上げないといけないのが「マーティン・ルーサー・キング Jr.(キング牧師)」です。


続きを読む >>

April 25, 2005 11:05 AM | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年04月19日

長渕よりも熱く

rikiya018.jpg
 なんか久々のBLOGのような気がしますが、どうなんでしょう? 先週は復帰に向けての進捗がありました。グランドでのメニューが始まったのです。「ダッシュ」とはいきませんが、ジョグも普通にできますし、シャッフル(横向き)やバックペダル(後ろ向き)も少しずつですが、行えるようになりました。はっきり言って今の状態は55%。「まだまだやん?」って思われるかもしれませんが、ここからの回復は早いです。来週には筋力テストあります。


 さあー、今回は何を書きましょうか? 迷ったときは何でも思ったことを書きましょう! 桂○枝風に小ネタしゅうで!


続きを読む >>

April 19, 2005 01:11 PM | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年04月14日

文化の違い・第2弾

rikiya001.JPG
 さてさて、今回は「文化の違い。第2弾」を書きたいと思います。今回はメジャーの試合を見て思ったことです。


 先週末、CSMのトレーナーの方とアトランタまで「アトランタ・ブレーブスvsニューヨーク・メッツ」の試合観戦に行きました。初メジャー観戦。非常に楽しみでした。昼12時に出発して車で2時間。(時差のため、到着は現地昼3時過ぎ)。ちょっとモールに立ち寄り、スタジアムに入ったのは6時過ぎでした。試合は松井稼頭央選手が初回内安打で出塁するも後が続かず残塁。地元の強豪ブレーブスが3回に満塁ホームランで先制。開幕4連敗中のメッツをあっさり破り、ブレーブスの勝利でした。


 試合も面白かったですが、なんと言うんでしょう、アメリカのスポーツ観戦である「試合会場の雰因気」を楽しみましたね!

続きを読む >>

April 14, 2005 10:25 AM | コメント (7) | トラックバック (1)

2005年04月11日

文化の違い

rikiya002.JPG
 日本では桜が満開の季節ですね! 僕が日本で桜を見たのはもう4年前・・・。綺麗ですよね! 満開の桜並木を歩きたい・・・。でも、桜は見られるんです。オランダではキューケンホフという植物園。オランダと言えば「チューリップ」じゃないですか? チューリップを見に行ったときに満開の桜が!!! 初め見たときはちょっと感動! そして、ここアラバマにも何と桜が咲いているんです。道に。道と言うか、たぶんどっかの家で植えているんでしょうね! けっこうな数ですよ!


 桜と言えば「お花見」。なぜ、日本人は桜の樹の下で宴会をするんですかね?(僕も嫌いではないんですが・・・。)アメリカやヨーロッパでも木々の下でランチを広げたり、バーベキューをしたりしますが、お洒落ですよね! 文化の違いかな!?


 文化の違いと言えば、最近気になることがあります。

続きを読む >>

April 11, 2005 11:34 AM | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年04月05日

ケガをして得るもの

 私がリハビリをしているクリニック(CSM)ではよく映画が流されている。特にジャンルが決まっているというのではなく、誰かが持ってきたDVDが映し出されてるのである。今日は「LAST SAMURAI」。この映画を見た人は多いと思う。日本の侍の文化を描写した映画である。


 この映画、アメリカ人にとって、とても興味のある映画らしい。私も質問を多く受けたが、どうやら日本人の観点とは違う疑問を抱いているようだ。「武道は絶対に習うのか?」「トップの人間(勝元)は寺に住むのか?」など。


 その中で、ある選手がこういう質問をしてきた。「侍は戦の前に鎧をつけるがなぜだ? 宗教の関係か?」と。私が思った事を答え、会話はこう続いた。「いったい日本の宗教はなんだ?」と。何なのか?とっさに「多宗教かな!」と答え、会話は終わった。

続きを読む >>

April 5, 2005 03:10 PM | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年04月02日

懸命に「リハビリ」

icing1.jpg
 今回はここアラバマはBIRMINGHAMでのリハビリについて書きたいと思います。
 アラバマはスポーツ選手のリハビリでは有名な場所です。「リハビリのメッカ!」と言っても過言ではないくらいで、メジャーリーガー、NFL選手、NBA選手、F1レーサー、学生プレーヤーらが多数訪れています。なぜ、ここはそんなにもリハビリで有名なのか? 僕には分かります。答えは「何もない」から。リハビリに集中できるんでしょうね!お・そ・ら・く。


 28日の月曜でちょうど術後2週間経過し、現在は3週目。好調ではないでしょうか。
 さてさて、僕がリハビリのメッカでどんなリハビリをしているのか? これを紹介します。

続きを読む >>

April 2, 2005 12:51 AM | コメント (2) | トラックバック (9)

2005年03月27日

女性必見!!!

 順調なリハビリによって日々回復している石田力哉です。月曜には手術を執刀したドクターの再チェックがあり、来週の終わりにはついに「ジョギング」ができるようになります。


 今回は、僕が感じる「フィットネスクラブ」(以降クラブ)について書きたいと思います。なお、僕が個人的に思うことを書くのであって、決して僕の意見が正しい訳ではないということを念頭に読んでください。


 僕が現在リハビリを行っているのは、CSMというNFLヨーロッパリーグのヘッドトレーナーが属する施設です。そのリハビリセンターの隣にはフィットネスクラブが併設され、リハビリメニューの合間をぬってトレーニングをしています。言うまでもなく、このクラブは広く、バスケットボールのコート4つ分程の広さ。そこに置かれている器具はトレーニングマシーンが半分、有酸素系のマシーン(トレッドミル等々)が4分の1、残りは受付などの事務的な場所です。いろいろアメリカのクラブを見てきましたが、この形が一般的な形だと思います。日本ではいくつかのクラブを使用してきましたが、トレーニングマシーン若干、有酸素系マシーン半分、スタジオ半分といった配置がほとんどでした。


 で、何が言いたいかと言うと、みなさんは、スポーツクラブ(フィットネスクラブ)に何をしに来てるのか? ということを考えて欲しいのです。

続きを読む >>

March 27, 2005 10:32 AM | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年03月23日

塞翁が馬

 ここBIRMINGHAMに来てから2回目の週末がやってきました。週末は映画にハマッてます。ハマってるというか、いい時間つぶしにもなりますし、英語の勉強にもなりますし、日本より先取りできて安い!!! っていうメリットがありますからね! 先週は「WEST SAIDE」。カリフォルニアのナパを目指すストーリー。今週は「HITCH」を見ました。ウィル・スミスが女性にモテル方法を伝授するストーリー。来週は予定では「RING TWO」。日本でもおなじみ、アメリカ版。


 今日は何を書こうかなと思ったときに、ふと、いただき物の新聞を見ました。コラムに目をやると、とあるアメリカの女優の話が書いてありました。その中にこんな言葉がありました。


 「良き敗者になることができなければ、良き勝者になることはできない」。


 ひと目見た瞬間に僕の心に残る言葉になりました。


続きを読む >>

March 23, 2005 10:43 AM | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年03月20日

アラバマ日記。。。リハビリの日々は続いてます。

 まず、皆さん(特に個人的にメールくれる人)からの意見に対しての回答ですが、「タライに大便しろよ! 話のネタやデ!!!」との意見が殺到しましたが、はっきり言います。「絶対無理!」。こっちはもとより、相手は本気で「しろ!」と言ってるんです。僕はそんなことできるわけありません。真剣に言ってる相手に、ネタとしてイチ人間としての恥を捨てることはできませんでした。この場を借りてきつく回答します。


 そして、リハビリの件ですが、日に日に良くなっていくのを実感しています。と言っても、今は自力歩行をニーブレス無しでゆっくり歩けるくらいです。でも、ほんと毎日自分の脚が復活していくのが嬉しくて嬉しくて。ガンガンリハビリに励もうとすると「はいっ! 今日はここまで!」とスットプがかかるんです。「なんでや? もうちょっとできるで!」と言ったら怒られます。「ハードにすることが、決していい結果を得られるわけではないんやで! 術後10日間は細心の注意を払ってやっていく。リッキーもこの事に理解をしてくれ!」と。そのとおりですね!焦らず、しっかりと。

続きを読む >>

March 20, 2005 06:57 PM | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年03月17日

手術後の強運

 こんにちは! アラバマ日記第2回は「手術」編です。手術と言っても、日本で言う内視鏡手術で、比較的簡単に行われるらしいですが、日本でも手術をしたことのない僕にとっては命がけでありました。「ひざに穴を開けるなんて!」「麻酔かからんかったらどうしよう!」「途中で麻酔から醒めたら痛いよなー!!」など、つまらないことばっかり考えていました。


 手術当日。

 朝の6時に病院へ行きました。手続きを済ませた後に手首にタグを付けられ、ひざの毛を剃り、着替えて手術室の前へ。ここで、手術を終えたばかりの人を見てしまったのです!!!

続きを読む >>

March 17, 2005 02:00 PM | コメント (7) | トラックバック (2)

2005年03月14日

神様が与えた試練

 久々の書き込みになってしまいました。前回は、キャンプ初日でしたね。キャンプも中盤にさしかかり、チーム作りにも力が入ってきた時期です。が、僕は今、キャンプ地フロリダではなく、アラバマ州バーミンハムにいます。


 前回のBLOGを書いた次の日。練習中にひざを負傷し、リハビリを余儀なくされました。開幕戦には間に合わないかもしれませんが、2試合目か3試合目にはチームに合流できる模様です。今回は、ここまでの心境を書きたいと思います。


 2日目におきたケガは、月曜(7日)まで我慢していました。しかし、今後のキャンプの日程を見て、我慢の限界と自分自身のパフォーマンスの低下を考え、トレーナーに申告しました。その日に病院でMRIを撮り、ドクターチェックを受けました。僕自身は少し休養を取れば回復すると思っていました。しかし、その夜、トレーナーからの電話で「日本に帰るか、アラバマへ行くことになる」と言われました。

続きを読む >>

March 14, 2005 10:21 AM | コメント (18) | トラックバック (1)

2005年03月03日

初日は厳しく65点

 始まりました。キャンプが!
 本日、アムステル・アドミラルズのトレーニングキャンプが開始しました。記念すべき第1回目の感想を書きたいと思います。


 総合評価は、ん~~~~~「65点」。厳しく評価したいと思います。減点ポイントは「余裕を出すことができなかった」。キャンプ前は余裕が武器だとここでも書きましたが、「えーとこ見せよう!」とついつい硬くなってしまいました。その結果が65点です。


 ミスをする事に僕は抵抗はないのですが、無駄なミスが多すぎた。硬くなってしまったばかりに姿勢が常に上がりっぱなし。姿勢が高いと方向転換や切り返しが遅れてしまいます。この反省点を明日に生かしたいです。

続きを読む >>

March 3, 2005 05:28 PM | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年03月01日

大公開!キャンプスケジュール

 今日は練習があると思っていたのですが、急きょなくなり、暇してます。オフェンスメンバーは到着していて、パスコースを合わせるための練習に出かけました。ディフェンスメンバーは今夜到着。フィジカルチェックの検査を待つため、明日もミーティングだけです。キャンプは水曜から。


 今日はキャンプのスケジュールを書こうと思います。


 3月2日から始まるキャンプは、19日まで行われます。途中に4回、「コンバインスクリメージ」と呼ばれる対戦形式の合同練習もあります。すべての練習に、どこかのNFLのスカウトが1人以上は来てますし、コンバインスクリメージにはほぼNFL全チームのスカウト、AFL(アリーナフットボールリーグという室内プロフットボール)やCFL(カナダのプロフットボールリーグ)のスカウトまでもが視察に訪れます。それに加え、すべての練習ビデオはNFLのオフィスに送られ、選手はチェックされるのです。

続きを読む >>

March 1, 2005 11:09 AM | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年02月27日

今シーズンの秘密アイテム!

IMG_0115.jpg
 チームが発表され、僕は3年目となる「アムステルダム・アドミラルズ」に配属されました。もう、勝手の分かったチームで何も新鮮に感じるものはないです。あえて言うなら「意気込み」ですかね! オフェンスのスキルポジション(QB、レシーバー、ランニングバックのボールに直接関わるポジション)が合流し、2日間のPASSING CAMP(パスコースの確認のキャンプ)が始まります。その後、ディフェンスメンバーと残りのオフェンスのメンバーの全員が集まり、キャンプ開始となります。


 さてさて、つかの間のひととき、今回の僕の秘密アイテムとも言えるグッズを紹介しましょう!

続きを読む >>

February 27, 2005 10:06 PM | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年02月25日

ディナーの後の決断

 本日をもちましてナショナルキャンプ全7回の練習が終了しました。まあまあ、良いキャンプであったと思います。自分の調子は……、打撲や筋肉痛があるものの、動きとしては良い感じで仕上がってきてます。来週からは各チームに分かれ、アメリカ人選手を交えて本キャンプがスタートします。やっと本番といった感じです。


 さてさて、今回はディナーの後に大きな決断をした選手の話をしたいと思います。


 その選手は、NFLヨーロッパのナショナル選手として8年間活躍し、最もベテランの選手でした。今シーズンもプレーするつもりでキャンプに臨んだものの、メディカルチェックに引っかかり、練習できずにいました。彼のケガは予想外に深刻で、大きな決断をせざるをなりませんでした。「危険を伴う現役続行」か「引退」。彼が選んだのは後者でした。万が一の時は、一生脚を引きずって歩くことになるから引退すると。しかし、彼の言葉にはあとの言葉が付け加えられていました。

続きを読む >>

February 25, 2005 12:34 PM | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年02月22日

キャンプ初日を終えて

 始まりました。ナショナルキャンプ!


 今日は午前(と言っても早朝)にフィジカルチェックがありました。過去のケガや現在の体調を知るために行われる身体測定のようなもので、キャンプに参加している間のケガか以前からのものかをはっきりさせるために行われます。もちろん、キャンプ以前のケガで動きに支障をおこしたり、悪化させると厄介なケガがある選手はフィジカルチェックをパスできません。即刻帰国です。


 ちなみにキャンプ中に受傷したケガで重傷のものは、アラバマ州にある宿付きリハビリセンターで完治するまで宿泊しなければいけません。一説によると、キャンプよりも過酷なリハビリが行われているとか・・・。

続きを読む >>

February 22, 2005 10:28 PM | コメント (1) | トラックバック (3)

2005年02月21日

いよいよナショナルキャンプ

 NFLヨーロッパのキャンプ地フロリダ・タンパに到着しました。ここタンパは、メジャーリーグのキャンプ地も多数あり、我々が泊まっているホテルの隣のグランドでは、野茂英雄投手が今年から在籍しているタンパベイ・デビルレイズ、またタンパ市内には松井秀喜外野手のいるヤンキースのキャンプ地があり、日本のメディアの数も多いです。我々のキャンプは月曜の昼から4日間あり、1日2回練習の計7回行われます。


 21日からのキャンプはナショナルキャンプといい、アメリカ国籍以外のプレーヤーが約80人、13カ国から集まってサバイバルが始まります。このキャンプでは80人から30人ほどカットされ、それぞれ6つのチームに分けられます。カットされた選手は即刻帰国させられます。

続きを読む >>

February 21, 2005 08:22 PM | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年02月15日

Make up the vision

 こんにちは! NFLヨーロッパのキャンプに18日金曜日に出発します。今年で3年目ですが、今年はかなり気合入ってます。コンディションが絶好調なんですね! 自分の思い通り、イメージした通りに身体が動くっていうことを、皆さんは体験したことがありますか? 僕はここ1カ月でこれを実感しています。


 「Make up the vision~有言実行~」。僕の今年のテーマです。まさに今のところはこれができていると思います。ですが、僕の今年の「vision」はNFL。まだ先です。目の前のvisionを達成する。そして、すぐに次のvisionを立てて追いかける。この繰り返しなんですよね! 大きなことを言うなんて、自分に拍車をかけているようでしょ? でも、追いかけることを日常の距離に置いておくことによって、大きな目標が達成できるんです。

続きを読む >>

February 15, 2005 12:43 AM | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年02月08日

NFLに挑戦しています!

 初めまして。石田力哉です。アメリカンフットボールのトップ、「NFL(National Football League)」入りを目指して日々トレーニングに励んでいます。


 過去2年は「NFL」の下部組織「NFLヨーロッパ」というリーグに参戦してきました。「NFLヨーロッパ」とは、NFLのマイナーリーグのようなものです。直接マイナーリーグを持たないNFLが、若手選手の育成の場に作ったリーグです。全6チーム(今年からドイツ5チーム、オランダ5チーム)とも選手は43人。約8割がアメリカ人選手、2割がアメリカ人以外の選手で構成されています。NFLヨーロッパからNFLへ進んだ選手は多く、先日行われたスーパーボウル(NFLの王座決定戦)では、出場した約100人の選手のうち、半数以上がNFLヨーロッパ出身の選手です。そんなNFLに1番近いリーグと言われるリーグに、今年も参戦できることになりました。

続きを読む >>

February 8, 2005 05:17 PM | コメント (4) | トラックバック (19)