2006年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

エントリー

2006年03月28日

コクド入社1年目:

2001年4月、福藤豊はコクドに入社した。高校時代に日本代表入りを果たした豊は、その頃すでに日本国内のメディアから「ゴールデンルーキー」としてかなり注目されていた。

コクドといえば、傘下にプリンスホテルやゴルフ場などのスポーツ施設を抱える大企業として知られている。ホッケー選手といえども、シーズンオフには会社の一社員として、系列のホテルやゴルフ場などに配属されて実際に仕事を任されるというのが実情だ。

入社1年目の豊の配属先は、軽井沢プリンスホテルだった。ここで研修も兼ねて、豊は客室のベットメーキングをする仕事を担当した。

「速く仕上げるのが、結構大変でした。1日6人ぐらいのグループになって、15室ぐらいこなすんです。 今なら僕ひとりでも、1部屋20分あればできますよ」。

その軽井沢での仕事を終え、コクド1年目の暮らしの基盤となったのは、なんと東京の原宿であった。当時のコクドの選手寮は、原宿駅・明治神宮口至近のコクド本社(現在は所沢に移転)の真裏に位置していたのだった。ここから選手たちは、当時コクドが本拠地としていた新横浜のアリーナまで、電車で通勤するという生活を送っていたのである。

元々ヒップホップなどの音楽好きでもあり、洒落ものでもある豊にとっては、高校時代のあこがれのショップが自分の住まいの間近にあるという、願ったり叶ったりの状況でもあった。入社当初の豊は「趣味はファッションです」と、明言してはばからなかった。そういえば、渋めのファッションはもちろんのこと、男性では着こなすのが難しいピンクを、ポップにサラリと着こなしてしまうセンスを身につけている。彼の人並み外れたルックスの良さと、そのキャラクターが後押ししていることは間違いない。しかしこの時期に、ホッケーとともに、ファッション感覚もかなり研さんされたのではないだろうか。

しかし、コクド・アイスホッケー部での生活は、ファッションだけにうつつを抜かしていられるような甘いものでは到底なかった。いいシュートが飛んで来ても、身体が動かずにうまく反応できない。厳しいチームの練習には、付いて行くのがやっと。そんな自分に気づいた豊は、生活態度を改めることから着手した。

「練習はキツかったけど、楽しかった。高校時代とのレベルの差は感じましたが、 いいシュートが飛んで来る分、楽しめていました」。

とはいえ、シーズン序盤の「ゴールデンルーキー」は、やや波のある出足だった。日本リーグのレギュラーシーズン開幕前の練習試合では、あまりいいところを見せられず、納得いかない失点の連続であった。しかし本拠地新横浜での初披露となった9月22日、日光アイスバックスとのプレシーズンマッチで、その大器ぶりをちらつかせる活躍を見せる。第2ピリオド途中から出場し、10本のシュートを全てセーブ。 さらにこの試合の特別ルールにより実施された両チーム3人ずつのペナルティーショット合戦では、 安定感のある守りで完全に相手のシュートコースを消し、パーフェクトに抑える見せ場を作った。

「先日の練習試合はボロボロだったから、今日は止めてやろうかなと思ってました。 今日はお客さんが多かったので緊張したけど、お客さんが多いほど僕は乗れる方なんです。 プレーしながら、音楽に合わせて口笛とか吹いてましたよ」。

この新横浜での試合に、豊はスキンヘッドに近い丸刈りで登場した。浅黒い顔、大柄の体も相まって、ホッケー選手というよりはむしろバスケットボール選手に近い雰囲気を持っていた。そして、豊のゴーリー防具も彼らしい主張を見せていた。ゴーリーマスクやパッドは、他のゴーリーのような鮮やかなデザインは一切入れず、 すべてチームカラーであるロイヤルブルーのベタ塗り。実業団1年目ゆえに「シンプル・イズ・ベスト」を実践しようという狙いではあったが、それをサイズのある豊が身につけるとひと際人目をひく。それは、冷静かつ真摯な一方で、大胆不敵でもある、豊のキャラクターの発露のようにも見えた。

日本リーグデビュー戦は、01年11月14日新横浜での対アイスバックス戦。日本リーグが開幕して6戦目でのことだ。コクドとしては格下相手に初先発した豊は、第1ピリオドこそ8本のシュートをパーフェクトに押さえたものの、その後5失点して敗戦ゴーリーに。まずは苦い実業団での洗礼を受けた。

しかし持ち前の順応力の高さが、ここでもモノを言った。実際に大量失点した試合でも多くのケースは「福藤のせいではなかった」とチーム関係者は証言していた。それを証明するかのように、その後安定したプレーを続けて着実に自らをステップアップしていた。また出番がない試合では、コクド入りの決め手となった存在であり、大先輩ゴーリーである岩崎伸一のプレーをじっと見つめ、吸収して学ぶことを心がけた。

「岩崎さんのプレーですか? シュートの止め方はもちろん、どんな時にも慌てることなく、落ち着いてプレーできる冷静さ。 構えとかポジション取りとか…いろいろ参考になります」。

このシーズンの年末から02年年始にかけて、豊は世界ジュニア選手権U20ディビジョン2大会のメンバーに選ばれ、クロアチアに赴いた。U20代表として選ばれるのは彼にとっては最後の大会。前年のリトアニアでの同大会では、出場ゴーリーとして最高のセーブ率(.915)をマークしたものの、スロベニアと戦った決勝では自らのキャッチングミスからの失点が、相手の決勝ゴールに。ディビジョン1への昇格を逃す、という苦い経験も味わっていた。それだけに、このクロアチアでの大会に賭けていたものは大きかった。

参加8チームが2つのブロックに分かれ、まずは予選総当たり戦を実施。ここで日本はクロアチア、ハンガリー、リトアニアに3連勝し、他ブロックの勝者を待った。強豪ラトビアが勝ち上がってくるかと予想していたチームスタッフだったが、実際に決勝に進出してきたのは、デンマークであった。

デンマークの戦略には、シニア代表からジュニアを通して独特のスタイルがある。ゴール裏からパックを回して、ゴール前かバックドアにパスを供給。そこでフリーになった選手がワンタイマー(ノートラップ)でパックをゴールに叩き込む、というのが、ひとつの攻撃パターンであることを、相沢浩二監督、信田憲司コーチ、高橋文洋コーチのコーチ陣は、すでに見抜いていた。

そこで決勝に備えたチーム練習では、高橋コーチがバックドアでワンタイムシュートをバンバンたたき、これを豊が守るという特練が実施された。この練習が実ったこともあり、迎えたデンマークとの決勝戦で、豊はデンマークのシュートを止めまくった。結果は5-2で勝利。日本は、ディビジョン1への昇格を果たしたのだ。豊が残したセーブ率.928という数字は、出場ゴーリー中で断トツの1位。文句なしで大会のベストゴーリーに選出された。

「高校時代と比べると、この頃の福藤はスタミナ面ではるかに進歩していましたよ。それにあの順応力の高さには驚きました。前日にいきなり相手の戦略を言い渡されて、1日の練習だけであれだけ対応できるのですから。こうした能力も彼の大きな魅力のひとつです」(信田氏)。

シーズン当初には、ぽってりしていた顔つきも、この頃には余分な脂肪が削ぎ落とされたものへと変貌していた。体重にして9キロ減、体脂肪率は6%前半へと、身体を締めることに成功したのだ。

「高校時代の体重は、かなり脂肪によるものが大きかったんです。スナック菓子とかもよく食べてましたからね。でも、コクドに入ったら、全然動けない自分がいた。これではダメだと自覚したんです。それからはトレーニングでウエートを絞りました」。

ウエートコントロールにより、持ち前の敏しょう性がさらにアップし、プレーに切れが増した豊。シーズンが終わってみれば、日本リーグ・レギュラーシーズンでは13試合に出場。岩崎の稼働を軽減することに貢献したどころか、シーズン終了時のセーブ率は.914と、岩崎の.900を上回っていた。

<<今週の福藤豊>>

 足首の故障も癒えて、3月25日地元レディングでのvsトレントン戦では、今季最多の50本のシュートを止める大活躍でチームを3-1と勝利に導き、試合のファーストスターに選ばれた。ロイヤルズのカール・テイラーコーチは「今季福藤の中で最高の出来」と絶讃。故障から復帰後3試合では、118本のシュートをわずか4失点に抑える素晴らしい出来(ここ3試合でのセーブ率は.966)。今季全体のセーブ率でも.921とアップし、同僚ゴーリーのコディ・ルドカウスキ(.919)を遂に逆転。レギュラーシーズン残り5試合において、プレーオフに向けて、2人の1番手争いが注目される。

March 28, 2006 10:17 AM

2006年03月14日

故障と我慢の時:

地元ファンが「こんなチームの試合は見るに値しない」と地元の新聞に投書するほど、厳しかったレディング・ロイヤルズの惨状ぶり。それを思えば、現在もディビジョンのトップ争いをしているのは、ある意味、奇跡ともいえる。

現地3月13日終了時点で、36勝17敗7OT負け、79ポイントは、ノースディビジョン1位の成績。昨季はチーム最高のレギュラーシーズンの成績(43勝22敗7分)を残したロイヤルズだが、今季あと12試合を残しての現在の成績なら、昨季打ち立てたチーム記録を上回ることも十分可能である。

3月4日vsトレントン戦では、今季あと16試合を残してプレーオフ進出決定。地元ソヴリンセンターには史上最高の7315人のファンが詰めかけ、大いに盛り上がった。一時は、移籍や昇格、故障などで、チーム登録選手の数が14人まで減り、厳しい状況に追い込まれていたが、現在では19人(規定登録上限数は20人)まで増えた。大学卒選手がプロチームと契約できる時期となり、大学からの選手補強も可能となった。しかしこうして嵐を乗り越えたロイヤルズがプレーオフ進出を決定した試合に、福藤豊の姿はなかった。以前から痛めていた右足首を再負傷していたのだ。

福藤が右足首を再負傷したのは、2月25日@トリド戦。その試合中に、相手チームの選手がゴールに突進。故障している足首の上に乗りかかってきた。

負傷後、しばらくゴール前にうずくまっていた福藤だったが、何事もなかったかのように立ち上がった。そして、その後は試合に続けて出場した。ケガをおしての出場で、42セーブ3失点と健闘。試合はOTでも決まらずに、シュートアウトにもつれ込んだ。シュートアウトでは、味方からは3人のシューターからの援護はなし、福藤は1ゴールを許して、この試合に敗れた。

「あの試合前までは、かなり足首の方は回復していたんです。その前日に出場したデイトン戦(1-0で福藤今季初の完封勝利)でも、かなりいい動きができていたんですが…」(福藤)。

足首のケガが癒えて、いきなりの2日連続出場。ロイヤルズのカール・テイラーコーチとしては、好調であるもうひとりのGK、コディ・ルドカウスキを差し置いて、福藤の力を試そうという一種のテストであったに違いない。いい結果を出したくて仕方ない、そんな状況での再負傷は、福藤にとって今季最大の試練を与えたようだ。

チームのスケジュールが一段落した後の3月1日。福藤は右足首の診断と治療のため、チームドクターのもとを訪れた。下された診断は、右足首捻挫で4週間の欠場見込み。痛み止めの注射という応急処置は受けたが、基本的には固定して休養しながら治すしかない。

「テーピングをすれば、試合に出場できないことはないんです。でも、ヘッドコーチは『少し休んでもいいから、まずケガを治せ』と言ってくれている。チームに余裕があるからなんですが、これは大事にされているようでもあり、嬉しいことです。実際に、ルディ(ルドカウスキ)がAHLから戻ってきてからは調子がいいですしね…」。

福藤には、ECHLベイカーズフィールド所属の昨季、レギュラーシーズン終盤に左ひざを故障し、プレーオフに出場できなかったという悔しい思い出がある。ベイカーズフィールドでは、福藤がチームリーダーとして引っぱり、チームを初のプレーオフ進出に導いたが、最後の最後で負傷し、肝心の舞台の出番を逃していたのだった。

「練習には、すぐに復帰するつもりですが、無理はしたくない。去年みたいな思いはもうしたくないんですよ。やっぱりプレーオフに出たいんです」。

とにかくケガを早く治すこと、それが福藤の現在の最大の目標でもある。

しかし、前向きな気持ちになるまでには、多くの葛藤もあった。キングズ支配下で、今季福藤の最大のライバルと目されたGKバリー・ブラストは、AHLマンチェスターですでに28試合に出場。今季ここまでのセーブ率.920はリーグ5位という、好成績を挙げている。マンチェスターでは、1番手GKを張っていたアダム・ハウザーを凌ぐ働きぶりを見せているのだ。また昨季ECHLの同ディビジョンでルーキーGKとして争ったフランク・ドイル(現AHLオルバニー)は、すでにAHLの1番手GKの座を確保している。なのに自分はどうして…という不満や憤りは当然あった。さらに、チームが苦しい時に出場を強いられ、選手が揃った頃に負傷。そしてAHLから降格してきたもうひとりのGKが、フルメンバーに戻ったチームで好成績を挙げている。一見、福藤は踏んだり蹴ったりのシーズンで、ルドカウスキは美味しいどころをさらって行ったようにも思われる。

だが、そういう気持ちをポジティブに転化していく能力がなければ、この世界で上り詰めることは不可能だ。腐っていても仕方ない。福藤は、ライバルのルドカウスキとも良好な関係を保っているという。

「ルドカウスキですか? かなりアスレチックなプレーをするので、自分とスタイルが似ているんです。見ていて面白いし、参考になります。かなり上手いゴーリーですよ。NHLチームが彼に興味を示さないのは、純粋に年齢の問題じゃあないですか? 自分が悪いプレーをした試合では、アドバイスもくれるんですよ。2人で健全な争いができるいい関係だと思います」。

そのルドカウスキだが、今季はAHLブリッジポート昇格で好成績((8試合出場、4勝2敗1分、防御率2.21、セーブ率.932)を残した。さらにレディングに戻ってきて15試合のうち13試合に出場し、特にここ4試合はセーブ率.960と絶好調。今季ここまでの防御率2.28はリーグ3位という活躍ぶりである。NHLセントルイスでプレー経験もある彼だけに、ECHLレベルでは余裕をもってプレーしているのかも知れない。

だが、そんなルドカウスキも昨季は試練を経験した。昨季は、NHLボストンの支配下であるAHLプロヴィデンスに昇格し、14試合に出場していたが、成績は奮わず。昇格時に自信を失ってレディングに戻ってきた。結果、シーズン終盤レディングにおいて、バリー・ブラストに1番手の座を奪われてしまったのだ。そのことを、ルドカウスキはとても悔しがっていたと、福藤は説明する。

福藤が故障から復帰する頃には、またルドカウスキとの一騎打ちが待っている。「2人で引っぱり合いながら、いい結果をだして欲しい」と、テイラーコーチは福藤にも告げている。福藤のシーズンはまだ終わってはいないのだ。

March 14, 2006 10:01 AM | コメント (4)

2006年03月07日

レディングでの孤軍奮闘と故障:

2005年12月24日。よりによってクリスマスイブに、福藤豊はAHLマンチェスターからECHLレディングへの降格を言い渡された。クリスマスイブは、マンチェスターからレディングへの移動日となり、翌日のクリスマスはレディング・ロイヤルズ再合流後初練習を夜に実施。翌26日午前には、ロード先となる西海岸へ移動と、気ぜわしい毎日が続いた。

西海岸のロードでは、今季からエクスパンションチームとして加盟したストックトンとの対戦もあり、ロイヤルズとしてはここで一気に大きく貯金を稼ぎたいところだった。それまでのチーム事情としては、ディビジョントップを争うまずまずの出来。AHL昇格時にはわずか2試合しか出場できなかった福藤としては、ECHL降格後、多くの仕事を与えられるのは望むところであった。ロイヤルズのカール・テイラーコーチも、そんな福藤に十分な機会を与えた。西海岸遠征から戻ってきた1月初旬には、福藤はECHL降格後4連勝と好調を維持していた。

しかし、その頃からすでにロイヤルズの陣容はかなり怪しくなっていた。まずは12月29日、それまでチームの主力FWとして活躍していたマイク・パンドルフォが、いきなりドイツリーグのチームとの契約を発表。シーズン半ばにしてロイヤルズを離れることになった。さらに追い打ちをかけるように、1軍のNHLロサンゼルス・キングズの故障者続出状況から、2軍AHLマンチェスターが選手不足となり、そのしわ寄せが3軍ECHLロイヤルズにも襲って来た。結果、ロイヤルズは深刻な選手不足に陥ったのだ。

東海岸に戻っての1月6日、ジョンズタウンでの試合前に、ロイヤルズは慌てて3人の選手と契約して人員を補充した。それでも、GKを除くスケーターはわずか13人しかいない。その上、1番手を争うGKコディ・ルドカウスキは、1月5日にAHLブリッジポートへのレンタルが決まった。よって福藤は、大きく戦力ダウンしたチームで今後しばらくの間、たったひとりでロイヤルズのゴールを背負うことになったのだ。

その後もロイヤルズは、急場しのぎに選手を補充した。そうして雇われた選手の中には、30歳の地元レディング出身弁護士や、過去2年プロ生活から離れていた選手なども含まれていた。チームの惨状に、地元ロイヤルズファンは「今のロイヤルズの試合は、お金を払って見るのに値しない」と、地元新聞に猛抗議をしていたほどだ。

ちょうどこの頃、福藤は腰の故障を抱えており、決して本調子でなかった。1月10日、久々に地元に戻っての試合では、強力オフェンス陣を擁するウイーリング・ネイラーズ相手に1-5と惨敗。5人の新顔選手、4人のプロ廃業リサイクル選手、レギュラーは10人故障中という窮状の中、地元ファンの前で福藤は5失点し、敗戦GKとなった。だが、ロイヤルズのカール・テイラーコーチは、試合後即座に福藤の立場を擁護した。

「フクを責める理由は全くない。ひどいのはウチの守りだ。素晴らしいGKを、我々が見殺しにしたんだ。もし私が彼の立場だったら、今頃ロッカールームで大荒れになってるだろう。サポートもなにもあったもんじゃない」。

地元紙「レディングイーグル」は、そんな福藤の孤軍奮闘ぶりを特集記事で伝えた。記事の中で、ロイヤルズのキャプテン、クリス・バラは、福藤についてこう語っている。

「彼の存在があるから、ウチの選手たちは落ち着いていられるんだ。彼のホッケーに対する姿勢が、彼のプレーに表れているだろう? あのプレーがあるから、僕たちもやる気になれる。彼のために頑張ろうと思えるんだ」。

テイラーコーチは、その記事の中でこう締めくくっている。

「キングズが彼をドラフトした理由を、彼は自分のプレーで証明していると思う。素晴らしい期待の若手選手だ。予定通りに育っていると思うよ」。

その後も、福藤の孤軍奮闘は続いた。1月20日、またもやウイーリングとの対戦では、第2ピリオドまでに4失点し、第3ピリオドでは交代を命じられたことも。チームの事情はどうであれ、福藤はこの悔しさを心に刻み付けた。一見勝てない相手との試合でも、少しでも勝てるチャンスをチームにもたらしたい。僅差であれば、勝利に結びつけたい。あくまでこだわるのは、チームの勝利だ。

しかしその一方で、自分の防御率やセーブ率は、チーム事情と合わせてこの頃急降下を始めた。いったんは9割2分を超えたセーブ率が、9割ぎりぎりまで落ち込んだのもこの時期だ。

当時を振り返り、福藤は言う。

「チームは僕を必要としていたし、チームメートたちも僕に進んで声をかけてくれたんです。チーム自体がボロボロで、辛い時期だったのは確かでしたけどね。テイラーコーチからは『スタッツは気にするなよ』と言われました。数字よりも、自分の働きを評価してくれたんです」。

ただし、福藤はまた試練に襲われた。とあるホームゲームの最中に、氷の悪いところにスケートを取られて、右足首を捻挫してしまったのだ。日本の基準でいえば、しばらく欠場するほどの故障だったと福藤は振り返る。しかし、ロイヤルズにはもうひとりGKと契約していたが、プロとしての経験はほとんど皆無である。チームが頼りにしているのは自分だけ、という立場を痛いほど理解していた。

結局、ルドカウスキがAHLから戻った2月5日までの13試合を連続出場。自身の故障に、苦しいチーム事情もあったが、この13試合を7勝5敗1OT負けという数字で乗り切った。この期間になんとか持ちこたえたロイヤルズは、メンバーが戻り始めた2月後半にスパートを掛け、3月4日に早々とプレーオフ進出を決めた。

今季レギュラーシーズン16試合を残しての余裕のプレーオフ進出。しかしその場面でロイヤルズのゴールを守っていたのは、ルドカウスキの方だった。福藤は、いったん回復していた右足首を再負傷していたのだ。

March 7, 2006 11:38 AM