セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2008年01月27日

次こそ“開幕戦”もっと色を

<国際親善試合・キリンチャレンジ杯:日本0-0チリ>◇26日◇国立

 寒~い(内容)、低~い(レベル)試合だった。岡田監督に期待し過ぎていたのかもしれないが、考えてみれば、メンバーも内田以外はオシム監督時代と同じ。監督が代わってもサッカーは変わらなかったようだ。監督が代わっても強くならないのは当然といえば当然か。休み明けの選手のコンディションは良くなかった。高原も本調子にはほど遠かった。

 特に前半はひどすぎた。あれじゃ、アジア杯でも簡単に負けていたね。ゲームの組み立てもサイド攻撃もなく、後ろからの押し上げもなく、2トップだけでは孤立するのも当たり前。後半、チリは交代選手なしで、日本が交代し、相手が疲れている中、DF陣の裏を突きチャンスをつくったが、相変わらずの決定力不足。この課題は岡田監督やオシム監督の責任ではなく、日本サッカー界の永遠の宿題だ。

 次が岡田監督の開幕戦と思って期待したいね。メンバー的には変わらないが、選手の組み合わせ、戦い方で岡田色を出してほしい。チリ戦と同じようでは、W杯予選のホームでのタイ戦も本当に心配になってくるよ。岡田監督で大丈夫という試合内容を期待するしかない。
 (日刊スポーツ評論家)

January 27, 2008 03:41 PM