セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2008年01月03日

08年は結果を出せ!

 08年はスケジュール的には活気づく年にならなければいけない。北京五輪には全力でメダルを取りに行ってもらいたい。五輪の結果が、その後の日本サッカーに影響する。応援している人たちも、もう参加するだけでは満足できない。北京料理を食べてくるだけでなく、お土産(結果)を求められていることを意識しなければならない。

 予選をやっとクリアしたが、本大会ではオーバーエージを含めてベストチームを編成し、組み合わせが決まり次第、強化と情報収集を綿密にして結果を出さなければ駄目だ。五輪代表メンバーと結果が、今後の日本サッカー界を左右するといっても過言ではない。この五輪メンバーから日本代表に何人も上がっていかなければ、日本サッカーの将来に不安が出てくる。

 五輪の次は日本代表だ。W杯3次予選は、相手から考えても通過しなければいけないだろう。甘く考えてはいけないが、ここらで落ちては、日本サッカーに明日はないよ。最終予選クリアも義務付けられている。日本がW杯出場の常連国になって、アジアをリードしていく立場をキープしていかなければ。日本サッカーが先進国に追いつくためにも絶対に必要な条件だ。

 クラブチームも今年はACLに3チームも出場できるんだから、日本勢の連覇を目指せ。浦和は世界と戦って得た厳しさと喜びを知っただけに、連覇し、世界へ再チャレンジするシーンを見てみたいものだ。

 日本を世界への道へ引き上げたJリーグの実力を再度あげて欲しいね。ぬるま湯状態のような現状から、外国人枠を撤廃するような厳しい状況をつくり出して、日本人選手に危機意識を持たせ、実力をアップさせなければ駄目だ。Jリーグからスポンサーが何社か撤退したが、関係者は危機感を持っているのかな。入ってくる金額に変更ないだろうが、一気にサッカー熱が冷めてしまう恐れだってある。冷め切ってからでは遅い。現状を分析、反省し、将来に生かすべきだ。
 (日刊スポーツ評論家)

January 3, 2008 06:01 PM