セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2007年12月17日

カカだけが光った大会

<クラブW杯:ACミラン(イタリア)4-2ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)>◇16日◇横浜国際◇決勝

 カカのワンマンショーだった。長いドリブル、スピードある突破力、瞬時の判断力、どれをとっても世界一にふさわしい選手だ。自分でゴールを奪えるし、ゴールに近い選手を見つけ、アシストもできる。今が旬の選手を見ることができた観客は本当に幸せだよ。

 チームも1週間前から来日し、本気モードでコンディションも調整していたが、ベテランが多く、若いカカがいなかったらどうなっていたか分からないよ。今や、ACミランにとってはカカは欠かせない選手だな。

 ボカ・ジュニアーズは前半は互角だった。引いて、いい守りをしていたが、カカ1人にやられてしまった。リードされてからは、引いて守るわけにはいかずに、傷を広げた。カカとは逆に、中心にならなければいけないパレルモが全く機能していなかった。前線ではポストプレーもできず、突破力もなく、孤立していた。思い切って外せなかったのかな。ボカにとっては悔いが残ったと思うよ。

 カカだけが突出し、光り輝いた大会だった。(日刊スポーツ評論家)

December 17, 2007 11:16 AM