セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2007年10月19日

1-0のしっぺ返し

<北京五輪最終予選:カタール2-1日本>◇C組◇17日(日本時間18日)◇ドーハ

 勝たなければいけない試合だったし、選手もベンチも勝てると思っていただろうな。内容はどうあれ、これまでは1-0で勝ってきていた。だが、その1-0で勝ってきたことのしっぺ返しを食らってしまった。2点差でも危ないというのがサッカーだが、いかに1点差というのが、もろいものか身に染みたはずだ。守りきって勝つほど難しいものはない。追加点を取るチャンスはあったが、いつものように取れなかった。ツケは必ずはね返ってくるものだ。

 リードしていた時点で勝つつもりだったはずが、追い付かれた時は「引き分けで勝ち点1」という考えになっていた。勝ちに行くことを捨て守りきることを選択したのが、厳しいアウエーでの負けにつながった。疲れていたがボールを追いかけていた柏木を交代させたが、抜けた穴から、勝たなければいけないという強い意志を持ったカタールの攻撃は激しくなってきた。ピッチの上でも精神的にも引き始めれば、相手はかさにかかって攻めてくるのは当たり前だろう。

 大混戦になったが、五輪に行けなくなったわけではない。あと2試合、ゴールを重ねて勝つことが最低条件になる。「何が何でも勝つという意志」こそ求められる。(日刊スポーツ評論家)

October 19, 2007 11:02 AM

2007年10月03日

浦和サポーターを他チームも追い越せ

<アジアCL:(0)セパハン(イラン)0-0(PK5-4)川崎F(0)>◇準々決勝◇第2戦◇26日◇等々力

 ACL準々決勝で川崎FがPK戦で敗れた。アウエーで引き分け、有利なホームで第2戦を迎えたが、1点が遠かった。J1優勝が遠のき、この一戦にかける選手たちの気持ちは伝わってきただけに、満員のサポーターで相手にプレッシャーをかけて欲しかった。

 川崎Fのフロントがこの一戦の重要さを本当に理解していたのであれば、会場を満員にするべきだった。準決勝に進出した浦和との差はそこにあるような気がする。もっとも決勝トーナメントに進出できたことは大きい。次のチャンスのために足りなかった部分を補う努力が必要だろう。

 浦和のサポーターはアウエー戦でも、会場の雰囲気をホームと同じ状態にした。選手は心強いよ。ふだんの力を出し切って勝利をつかんだ。代表戦ならともかく、単独クラブのサポーターが海外のアウエー戦で会場をホームにしたことは、もっとたたえられていい。日本のサッカー史に新たな1ページを書き加えたと評価したいな。

 浦和というチームをここまで育てたのはサポーター。地域と密着して、チームをバックアップしている。だからこそ国外のアウエー戦も満員にできる。この文化を他のチームに持ってもらいたいね。横浜やG大阪にもやきもちを焼いて欲しい。浦和を追い越してもらいたい。

 J1優勝はACL出場ための予選、というくらいの志を持ってほしい。大陸王者になるのはどこでも厳しい。欧州でも南米でも1チームだけだ。開催国の地元推薦ではなく、勝ち抜いた誇りを持って戦うことに意義がある。浦和が勝ち進み、厳しい状況を打破することが、日の丸組にもいい影響を与えるはずだ。(日刊スポーツ評論家)

October 3, 2007 10:14 AM