セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2007年05月30日

厳しさないから魅力もない

 6月1日からキリン杯が行われる。日本代表メンバーが発表されたが、どうして成績不振の千葉から多数選ばれているのかが疑問だね。選考の基準が分からない。現在の千葉は、J2に落ちるかもしれない順位のチームだよ。成績が悪いチーム、結果を出していない選手が5人選ばれているのはどうしてなのかな? 普通、5人も代表がいるチームは結果を出しているだろう。息子に甘いのか? 自分が所属したチームだった温情なのか?

 リーグで活躍しているから選出するというのが基本的な条件だろうが、好調なチームで頑張って結果を出している選手たちに対してフェアじゃない。多数の若手を代表に呼んで、競争させているように見えるが、実質的には違うようだ。呼ばれた若手はあまり起用されていない。オシム監督の頭の中には、千葉というブランドがかなりの割合で占められているからだろう。また、オシム監督の言いなりを許す協会も厳しさが足りない。

 今回のキリン杯は日本にとっては手ごろな相手だけに、優勝は監督を続けていく上での絶対条件だと考える。それくらいの厳しさがないと、次に控えているアジア杯で勝ち抜くなんておぼつかないだろう。結果が求められるのが代表選手であり、代表チームを率いる監督の最も大事な仕事なはずだ。実績のある監督であり、人間的な魅力も十分あるが、結果が出なかった時にそれなりの対応ができるかどうか? 協会首脳は、前任者・神様に遠慮して決断が遅れ、W杯での惨敗につながったのを思い出してほしい。惨敗の責任を取ってもいないのが、組織の上にいるんじゃ無理かな。

 チケットの売り上げが伸びていないようだが、今の日本代表の試合を見ていてもワクワクしてこないものな。見る方は冷めているんだ。厳しさの感じられない日本代表の試合に物足りなさを感じているからだ。厳しい状況を常に突きつけられたトルシエ監督が、結果を出し続けてきたのがいい例だ。結果を出さなければ、厳しい状況が待っているのが代表監督の宿命だ。オシム監督の場合でも同じはずだが…。(日刊スポーツ評論家)

May 30, 2007 03:17 PM

2007年05月02日

五輪代表の“バーゲン”連鎖が心配 

 先日、日本サッカー協会が北京五輪アジア2次予選最終戦のマレーシア戦(6月6日、東京・国立)の入場料金を大幅に値下げしたが、理解に苦しむね。実質的な消化試合とはいえ、U-22日本代表に、値段に見合う実力が備わっていないことを協会が自ら認めたことになる。五輪代表のバーゲンセールだな。こんな試合をサポーターがスタンドから真剣に応援できるだろうか? 

 安い入場料で観客を集めて、スポンサーに体裁を繕う算段なんだろう。チームの強化を考えるよりも、目先の利益しか見ていないから、こういう選択しかできないんだ。一貫した指導のもとで選手を育て、強豪との試合で力を発揮させてこそ、サポーターに受け入れられるチームになるはずだ。ふだんからその努力をしていないから、集客に苦労することになる。今回の値下げがサッカー界にマイナスの連鎖反応を引き起こさなければいいけれど。

 Jリーグも消化試合に入ったら入場料金を値下げするのかな? 既に優勝争いから遠ざかったチームもある。「Jリーグの試合も」と考える人が出てきても不思議じゃないよ。15年目を迎えたJリーグだが、果たして入場料金に見合った試合が展開されているかどうか? 入れ替え戦のような迫力たっぷりの試合が毎日のようにあれば、誰も文句は言わないだろうし、スタジアムにも足を運ぶ。

 最近のJリーグの試合は創設当初の熱気、情熱をどこか置いてきてしまったようだ。実力が接近しているといえば聞こえはいいが、チームが増えてダンゴ状態でレベルは年々下がってきている。一部のチームは強いが、それでも群を抜くほどではない。それぞれのクラブが、まあまあの成績で満足しているように見える。日本人は突出したことを嫌う傾向にあるが、Jリーグも仲良しクラブになりすぎているんじゃないかな。このままでは、世界へ追い付くどころか離される一方になってしまう。(日刊スポーツ評論家)

May 2, 2007 04:40 PM