セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2006年12月18日

連戦と時差か…キレなし

<クラブW杯:インテルナシオナル(ブラジル)1-0バルセロナ(スペイン)>◇17日◇決勝◇横浜国際

 インテルナシオナルの方が、バルセロナの強さを認めた上で、守りの強さを基盤にしてカウンターでゴールを狙うという意思がはっきり出ていた。加えて、世界一になるというモチベーションは南米の方が強い。もともと守りがいいチームだが、それを武器にバルセロナの力を発揮させなかった。特にロナウジーニョにスペースを与えず、左サイドで孤立するように守っていたのが功を奏した。

 ロナウジーニョもブラジル人には勝てなかったということになるかな。体にキレがなかった。普段なら、もっとピッチを広く使って、動き回っているが、連戦の疲れと時差の影響が出たんだろうな。ヨーロッパのスケジュールを考えると仕方ない部分もあるが、来日後最初の試合はともかく、2試合目は疲労や時差で、コンディションが落ちるものなんだ。1試合だったら、バルセロナが勝っていたかも知れない。逆にインテルの方は、早めに来日して、疲労のピーク時だった準決勝で苦しんだ分、決勝は体が動いていた。昨年のサンパウロとリバプールも同じだった。

 ヨーロッパと南米の決勝ではトヨタ杯と同じ。クラブW杯という名前は早すぎたね。各大陸にチャンスを与えるという趣旨での「W杯」だが、各大陸代表が勝てる戦力を整え、もっとプライドを持って戦わない限り、ギャラをもらって帰るという繰り返しになる。それぞれの試合が興行的に成功しなければ、経済的な負担も大きくなるだろう。(日刊スポーツ評論家)

December 18, 2006 12:33 PM

2006年12月03日

実質5人の外国人が厳しい競争作った

<J1:浦和3-2G大阪>◇第34節◇2日◇埼玉

 浦和が、勝って優勝に花を添えたのは良かった。まあ厳しいシーズンを制してのリーグ優勝は評価できるが、戦力を考えると優勝して当然ともいえるだろう。外国人選手3人と三都主、闘莉王を加えれば、能力の高い外国人選手が実質5人、ピッチに立っているわけだな。勝たなきゃ、優勝しなきゃおかしいよ。単純に他チームと比較して5人対3人の差は大きい。

 外国人がピッチにいるために質の高い日本人選手がベンチにいることになり、層の厚さは他チームにはないものだった。小野や田中達がベンチにいるわけだからな。強いわけだ。チームの中での競争に勝たなければ試合に出られない、厳しい状況が底辺にあった。

 浦和が優勝した意味は大きい。関係者は古い考えを捨て、世界と戦うために強いJリーグをつくるにはどうしたらいいいのかを考えてほしい。質の高い外国人選手と競争しピッチに立つ状況を広げなくてはいけない。枠に守られて質の高くない日本人選手が出ても勝ち抜けるのか? 日本人選手強化のためにも枠を取り払い質の高いレベルでの競争を勝ち抜くことで、Jリーグの質が上がり日本人選手の実力がアップする。保護された中では、体力のない、ひ弱なJリーグになるだけだ。Jにチェルシーがあってもいいじゃないか。

 保護された、ひ弱なJリーガーなんて見たくない。だから、海外に出てもベンチに座っているのが関の山なんだ。厳しい競争状態をつくり出し、勝ち抜いてこそ、Jリーグを通じて世界と戦えるようになるものと思う。(日刊スポーツ評論家)

December 3, 2006 11:28 AM