セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2006年11月27日

レッズはカップ戦決勝のような硬さだったな

<J1:東京0-0浦和>◇第33節◇26日◇味スタ

 浦和には、「勝って優勝するんだ」という気負いというか、硬さがあったな。その分、肝心な場面で力が入ってしまった。リーグ戦の中の1試合という雰囲気ではなく、カップ戦の決勝戦という緊張感があった。下位に低迷している東京に勝てなかった悔しさは残るだろうが、最終戦へ向けて、気持ちの切り替えはできるだろう。

 逆に東京は気楽な立場で、いつもの力以上のものが出ていた。最後までバテずに動き回り、チャンスも数多かった。目の前で胴上げを見たくないという気持ちが大きかったんだろう。最後まで気合負けしていなかったのが、胴上げ阻止につながった。

 G大阪が最終戦の直接対決に持ち込んだが、ホームで戦う浦和の有利な状況は変わらない。勝ち点差3あり、得失点差も5ある。数字上では2点差で負けても優勝できるわけで、断然有利だ。ただ、何があるか分からないのがサッカーだから、浦和としては、圧倒的なサポーターの見守るホームで、勝って優勝しなくてはダメだ。他チームと比べて巨大な戦力(外国人3人と闘莉王、三都主)があるのだから、初制覇は当然のノルマだろうな。(日刊スポーツ評論家)

November 27, 2006 09:05 AM

2006年11月16日

話題性満点、チーム力は50点以下

<アジア杯予選:日本3-1サウジアラビア>◇15日◇A組◇札幌ドーム

 ホームで勝ったこと、グループ1位になったことは評価できるが、サウジアラビアがあまりにも、もろすぎた。これまでの強いサウジが、うそのようだ。ピッチに戸惑っていたようでもあり、サイドから崩すことに成功した日本の実力が、急激に上がったと錯覚してはダメだ。オシム監督が目指す、日本人に合うサッカーというものは、相変わらず見えていない。Jリーグで結果を出している選手を呼んで試してはいるが、どうして海外組を呼んで、試さなかったのか疑問は残るな。

 オシム監督の日本代表が戦った相手は、ワールドクラスではなかった。アジアのトップレベルでもなかった。トルシエ監督時代やジーコ監督時代のチームと比較しても、彼らのチーム以下の実力だろう。スターが誕生しにくいチームでもあり、スターがいないことはレベルが下がっている証拠でもある。ブランドはオシム監督だけで、話題性だけは満点をつけてもいいが、チーム力は50点以下だね。

 来年は、海外組をどのタイミングで合流させ、どういうチームにするのか? 世界のトップチームと戦って、どのような結果が出せるのか? その結果を踏まえて新たなスタートが切られるんじゃないかな?

 そうなると、W杯以降の現在のチームは何だった? ということになってしまうけどな。とにかく、現在のチームは、誰もが声を大にして誇ることができる日本代表には程遠いといえそうだ。(日刊スポーツ評論家)

November 16, 2006 08:48 AM