セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2006年10月12日

大量点こそこの試合の意味

<アジア杯予選:日本3-0インド>◇11日◇インド・バンガロール

 日本の試合内容がひどすぎる。試合を重ねるごとに、だんだん悪くなっている感じだな。レベルの差は日本の方が数段上にもかかわらず、つまらないミスが多すぎる。ボールは止められず、きちんとつながらない。1つ1つのプレーが遅い。全くプレッシャーも受けていないのにクロスの精度の低さは相変わらずだった。播戸が2点取ったが、Jリーグ以下のレベルなら当たり前だろう。取れない方がおかしい。もっともっと得点できなきゃいけない。ただし、中村のロングシュートは鮮やかだった。

 レベルの差を、技術の差の大きさを大量得点で示さなければ、この試合の意味はなかったはずだ。日本の出来の悪さにインド人もビックリだったんじゃないかな。自分たちの実力を普段通りに出していれば、大量得点できただろう。レベルが低い相手にさえ、自分の力を発揮できないようでは日本代表としては恥ずかしい。先行きは不安だ。

 このチームは試合を経験して上手に、強くなっているのだろうか? 若くはないし、正直言って、今後経験を積んでいっても、前の世代を乗り越える力があるとは思えない。(日刊スポーツ評論家)

October 12, 2006 08:43 AM

2006年10月05日

今のJのレベルじゃ世界に通用しない

<国際親善試合・キリンチャレンジ杯:ガーナ1-0日本>◇4日◇日産スタジアム

 強いガーナ相手に対して惜しかった場面も確かにあったが、サッカーのレベルは違っていたね。攻めているように見えても、得点できなかったのは、ガーナの守備陣がミスをしても、あわてずに、きちんと対応していたからだ。選手個々の差もあった。ベストコンディションではなかっただろうが、ホームゲームのように自信を持ってゲームを支配していた。残念ながら日本は、現時点でJリーグで活躍し、結果を出している選手を起用しても、世界では通用しないことをあらためて知らされたということだ。

 Jリーグが世界と比べると、程遠いレベルになっているから、Jのトップ選手を起用しても、通用しないんだ。Jの選手は日本ではトップだが、保護されている中での一流に過ぎない。何度も指摘しているが、クラブレベルではアジアでも勝てなくなっているのが現状だ。低いレベルでの競争意識では、世界レベルのガーナのようにランク上のチームには勝てない。日本代表での強化ではなく、もっとも大事なJリーグで、強い外国人選手との厳しい競争の中で選手の強化をしなければ、世界との差はどんどん離れていくばかりだ。(日刊スポーツ評論家)

October 5, 2006 08:31 AM