セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2006年09月07日

監督だけの責任じゃない!! レベルダウンを忘れるな

<アジア杯予選:日本1-0イエメン>◇6日◇A組◇イエメン・サヌア

 最後にやっと勝つには勝ったが、今後に期待を抱かせるような内容ではなかった。海抜は高かったが、レベルの高さは全く感じられない試合だった。アジアのレベルで楽しむのであればこのチームでもいいかもしれないが、とても世界で通用するとは思えない。やはり、以前から言われていた谷間の世代だな。前の世代を超えるのは非常に難しいだろう。

 相変わらず引いた相手に対して崩すことができない。スキルと意識が感じられなかった。ピッチ状態が悪いんだろうが、個人で突破を図るとか、ドリブルで脅かすとか、サイドから正確なクロスを上げるとか、DFの裏を狙っていくとか、とにかくアイデアが足りない。後ろから単純に上げては競り負けていた。こぼれ球を次につなげることができればそれでもいいが、ほとんどセカンドボールを支配できなかった。クロスの精度の低さは悲しいほどだ。

 勝って当たり前の相手だが、いくらアウエーとはいえ、この程度の相手にこんなに苦労しているチームだ。時間が解決するとは思えない。プアな内容の試合しかできないこのメンバーが、万が一にでも世界と戦えるようになったとすれば、オシム監督は世界一の名監督だろう。

 弱い日本代表はオシム監督だけの責任ではない。サッカー関係者は日本サッカー界、Jリーグのレベルダウンが背景にあることを忘れている。この程度の日本代表しか選べないJリーグの実力低下を認識し、レベルアップを図らなければアジアでも勝てなくなる。現実に、クラブレベルではアジアを勝ち抜くことができないでいる。最低限、Jリーグの外国人枠を撤廃し、日本選手に競争意識を厳しく植え付け、はい上がることから始めないと、世界どころか本当にアジアでも勝てなかった時代に戻ってしまう。(日刊スポーツ評論家)

September 7, 2006 09:12 AM

2006年09月05日

高校サッカーレベル…世界には通用しない

<アジア杯予選:サウジアラビア1-0日本>◇3日◇A組◇サウジアラビア・ジッダ

 選手や監督が代わっても決定力不足は同じ。反省や検証なしで次に進んできた日本サッカー界のツケが表れたにすぎない。これじゃトルシエ、ジーコ時代以下のレベルに戻ってしまった感じがする。最後に「闘莉王を使え」というベンチの声にもかかわらず、選手に伝わっていなかったのはどうしてなのか? 選手とベンチの一体感のなさが日本中に知れ渡ってしまった。大熊コーチの独断だったら、オシム監督としてのメリットはないし、逆に監督の指示であれば、何とも高校サッカーだね。闘莉王をFWとして使うのがオシム監督の切り札であれば、情けないし、寂しい限りだ。世界に通用しない。

 オシム監督は、これまで勝っても手厳しいことを言ってきたが、今回負けて言い訳じみたことを言ったのには興ざめだな。代表の監督は結果を出してこそ評価されるもので、負けてはダメなんだ。若いチームを選んだのは監督自身なんだし、1試合1試合、勝利を重ねていくことで、自信を持ち、強くなっていくのが選手であり、チームだ。負けて言い訳していたら、きりがないよ。

 「オシム監督に任せれば4年後は大丈夫」という根拠のない信仰? を考え直すには、良い負けだったかもしれない。(日刊スポーツ評論家)

September 5, 2006 08:53 AM