セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2006年08月17日

何も変わらぬセットプレーから2得点

<アジア杯予選:日本2-0イエメン>◇16日◇新潟ス

 ホームでの公式戦、なんとか勝ったことは良かったけど、これほど苦しまなくても楽に勝たなければいけない相手だった。「走りながら考える」というキャッチフレーズだが、選手は走れていないし、頭も使っていなかった。単純に同じような攻め方をしていてはゴールをこじあけるのは難しい。セットプレーからの得点は以前と何ら変わっていない。

 オシム監督に代わって、急に日本代表がうまくなったというのは錯覚だったことが分かったはずだ。監督が代わろうが、選手が新しくなろうが、引いて守るというアジアの格下の相手にジーコ監督時代と同じように苦労している。日本のレベルは決して上がっていないことを認識できたのが収穫になるのかな。

 オシム監督が起用した先発の11人だが、何もボランチを4人も起用することはなかった。先発メンバーの選択ミスだ。どのような意図で勝ちに結び付けるのかが分からなかった。後半からスピードのある羽生、佐藤兄弟を入れたのがその証拠だろう。ベンチから多くの指示を出しても選手に伝わっていなかった。

 オシム監督が日本サッカーの救世主のようなムードがあるが、きちんと結果を出してから、評価しても遅くない。(日刊スポーツ評論家)

August 17, 2006 09:06 AM

2006年08月10日

光ったの三都主だけでは…残念

<国際親善試合・キリンチャレンジ杯:日本2-0トリニダード・トバゴ>◇9日◇国立

 オシム監督の初戦は全体的に見れば良くなかったが、勝って良かったとは思う。結果を出して、ホッとしているんじゃないかな。「負けて学ぶものが多い」と言っていたが、勝って学ぶものがあるかどうか? 「古い井戸」からの三都主が光っただけで、新しい井戸からは何もくみ出すことができなかったのは、期待していただけに残念だった。ただし、万全な状態での船出ではなかったから仕方ない部分はある。きちんとした相手、万全な環境、メンバー選びではなかったので、ジーコ時代と比較することはできない。

 2点リードしてから、もっと積極的に柔軟性あるサッカーをして欲しかった。何となくベンチも選手も力が入ってしまったのか、型にはまったような展開しかできなかった点は、先行き不安になった。速さ、俊敏さ、動きだしの速さなどを求めていたのだろうが、それらは見ることができなかった。

 興行的には勝って良かったのだろうが、ぜひとも強化につながる大会にして欲しいものだ。イベントだけに終わってしまってはもったいないよ。(日刊スポーツ評論家)

August 10, 2006 09:20 AM

2006年08月05日

日程重なりすぎ!“ベスト”無理だよ

 海外はシーズン開幕、国内ではA3杯をやっている、五輪代表も立ち上げた、これに日本代表の親善試合もあるんじゃ、スケジュールが重なり過ぎている。オシム監督のデビュー戦でベストメンバーが組めないのは、期待している我々もそうだが、オシム監督も料理のしようがないかもしれないな。今回は、たくさんある材料の中から選んで料理を作るというよりは、冷蔵庫の中にあるものでピラフにするようなものだろう。腕前で、おいしいピラフになるかもしれないけど。

 選ばれたのは若い選手が多く、Jで結果を出し、好調でもあるようなので、自信になるような活躍が期待できるかもしれない。結果が出れば、なおさらいい。かつてジーコ監督が若い選手を起用したが、結果的にポイ捨て同様にした。オシム監督には同じことはしてほしくない。

 今後、真っ白なキャンバスにオシム色を出していくのだろうが、まだどんな色になるのか分からない。不完全な状態の中で結果を出せればオシム監督の評価は上がるだろう。(日刊スポーツ評論家)

August 5, 2006 09:38 AM