セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2006年05月10日

楽に勝てる相手なのに当落線上選手はガチガチ

<国際親善試合・キリン杯:ブルガリア2-1日本>◇9日◇長居

 楽に勝てる相手だったが、取られてはいけない時間帯に失点していては勝てやしないよ。サバイバルというキャッチフレーズに当落線上にいる選手たちはガチガチになっていた。表情に余裕が全くなかった。笑いもなかった。もっとも冷静にならなければいけないゴール前で、力が入りすぎていた。選手にリラックスさせることができなかったジーコ監督の責任でもある。

 逆に、全くサバイバル状態になかったDF陣の2失点をどのように考えるのかな? 左サイドを簡単に破られ、FKでやられていては話にならない。なかなかゴールを奪えないが日本にとって2失点は致命的だ。2失点したら、悲しいかな日本にとってW杯で勝ち抜くことはできない。

 W杯で勝ち抜くという戦略、イメージで戦っていたのではなかった気がする。「おれが、おれが」という気持ちで、23人というハードルを越えようと考えていたんだろうな。選手個人にとっては厳しいプレッシャーを感じていたようだが、逆にいえば、この程度のプレッシャーで力を発揮できない選手はW杯本番では通用しないだろう。W杯は厳しいよ。(日刊スポーツ評論家)

May 10, 2006 11:18 AM