セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2006年05月16日

日本はF組で実力4番目、走って守ってミスにつけ込め

 久保の代わりに巻が選ばれたが、驚くことではない。キリン杯の前から久保の状態が悪かったということだ。巻にしてもレギュラーではなく23人に滑り込んだだけ。柳沢の状態も気に掛かるな。最近、失点が多くなっているのでDF陣にサプライズが欲しかった。高さ、激しさ、勝負強さのある松田、闘莉王を加えてもらいたかった。

 F組の中での実力は4番目。弱いチームが実力が上のチームと戦うわけだから、コンディションがベストで臨まなければならない。ベストになってやっと同じ土俵に上がれる。同時に、相手より1・5倍走り回れる体力をつけなければダメだ。テクニック、体格差では劣っているわけだから、相手の攻撃に耐えるだけの体力が必要。疲れを知らぬスタミナで、相手を根負け状態に追い込みミスにつけ込むことだ。
 海外組が加わろうと、失点したら奪い返すのはまず困難だ。3バックといわずに5バックで守りを重視するべき。耐えて守っている間に、果敢にゴール近くまで攻め込み、エリア付近でファウルを誘発するプレーをするべきだろう。素晴らしいキッカーはいるのだから。日本にとって最大、最高、そして最後の武器だ。

 ジーコ監督が選んだ23人の中から11人を選ぶことはできない。今回は、ひいき目に考えても決勝トーナメント進出は30%程度だろう。ただし、何が起きるか分からないのがサッカーでもある。エースのいない日本は、日替わりで活躍する選手が出てくることを祈るだけだ。(日刊スポーツ評論家)

May 16, 2006 11:30 AM

2006年05月14日

ラッキーボーイの出現待つしか…

<国際親善試合・キリン杯:日本0-0スコットランド>◇13日◇埼玉スタジアム

 3点差以上で勝てばキリン杯に優勝できるという意気込みを感じなかったのは残念だった。少しでもチャンスがある限り、それに向かってチャレンジしてほしかった。惜しいシュートはあったが「惜しい」ということはゴールが入らないと同じ。泥臭くてもいいから結果を出すのがプロだ。

 引いて守る相手に対しては、相変わらず崩すことができない。日本の歴史的な課題だな。中盤でいくらボールを回せても仕方ない。相手ゴールエリア近くで、リスク覚悟でファウルをもらうプレーもなかった。ドリブル突破を図る、積極的に突っ掛ける、個人プレーで打開を図る選手もいなかった。今回のメンバーでW杯、世界で通用するのは小野だけというのは寂しい気がする。

 久保はコンディションが悪すぎた。ボールを追えないし、プレッシャーもかけられない。柳沢の状態も分からない。使い続けた玉田は得点できない。あと1カ月でよほど選手のコンディションを上げない限り、W杯を勝ち抜くことはできない。得点できる可能性が低い日本は相手を0点に抑えることが絶対条件になるが、0-0の引き分けだけでは突破は無理。ラッキーボーイが出てくることを期待するしかない。(日刊スポーツ評論家)

May 14, 2006 11:29 AM

2006年05月10日

楽に勝てる相手なのに当落線上選手はガチガチ

<国際親善試合・キリン杯:ブルガリア2-1日本>◇9日◇長居

 楽に勝てる相手だったが、取られてはいけない時間帯に失点していては勝てやしないよ。サバイバルというキャッチフレーズに当落線上にいる選手たちはガチガチになっていた。表情に余裕が全くなかった。笑いもなかった。もっとも冷静にならなければいけないゴール前で、力が入りすぎていた。選手にリラックスさせることができなかったジーコ監督の責任でもある。

 逆に、全くサバイバル状態になかったDF陣の2失点をどのように考えるのかな? 左サイドを簡単に破られ、FKでやられていては話にならない。なかなかゴールを奪えないが日本にとって2失点は致命的だ。2失点したら、悲しいかな日本にとってW杯で勝ち抜くことはできない。

 W杯で勝ち抜くという戦略、イメージで戦っていたのではなかった気がする。「おれが、おれが」という気持ちで、23人というハードルを越えようと考えていたんだろうな。選手個人にとっては厳しいプレッシャーを感じていたようだが、逆にいえば、この程度のプレッシャーで力を発揮できない選手はW杯本番では通用しないだろう。W杯は厳しいよ。(日刊スポーツ評論家)

May 10, 2006 11:18 AM