セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2005年07月01日

体調、意識、本能…すべてに上

<コンフェデレーションズ杯決勝:ブラジル4-1アルゼンチン>

 意外に大差がついてしまった。ブラジルは王者の意地、貫録を世界に示した。前半、エースによるミドルシュート2発で主導権を握った。アルゼンチンにすれば、守備を崩されたわけでないが、強烈な2発だったな。アドリアーノ、カカともに自分の形に持ち込んでの自信のシュートだった。後半立ち上がりの3点目で、アルゼンチンの反撃の意志を打ち砕くには十分だった。

 コンディションとモチベーションの差が出たのだろう。アルゼンチンは準決勝でPK戦までもつれ込み、中2日しかなかったのに対し、ブラジルは準決勝は90分間、しかも中3日の休養があった。この差が意外な大差になった。立ち上がりこそ五分だったが、時間がたつにつれてアルゼンチンは消耗していった。直前のW杯南米予選でブラジルは負けているだけに、連敗はできないという意識の高さでも上回っていた。ゴールが見えたらシュートを打つという本能も上だった。

 アルゼンチンはリケルメを抑えられると、攻撃のパターンがなかった。ブラジルはピッチを左右に大きく使い、ドリブルとパスを効果的に使ってゴールを目指すことができた。自由にボールを動かすことができればブラジルは強いよ。(日刊スポーツ評論家)

July 1, 2005 11:06 AM