セルジオ越後 ちゃんとサッカーしなさい

プロフィル

 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

※関連ホームページ
(株)パスインターナショナル「セルジオ越後」ページ

2008年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

エントリー

RSSフィード

Powered by
Movable Type 3.34


2005年05月28日

「惜しい」だけじゃ勝てない

<キリン杯:アラブ首長国連邦(UAE)1−0日本>

 いつもと同じリプレーを見ているような感じだ。大黒も孤立していたし、こういう形になったらゴールを奪えるというものが日本には全くない。誰を組み合わせてもゴールははるかに遠いよ。トップ下の小笠原もいい仕事ができなかった。2列目からの攻撃参加も結果を出せなかった。ボールは支配しているがゴール目指して前に向かっていないのが残念だ。惜しいシュートもあるにはあったが「惜しい」だけでは予選を勝ち抜けない。

 直前の練習でユース相手に大量得点でイメージができたように喜んでいるようだが、大人相手では思うようにならないことを忘れている。ユースに通じても大人には通じないのが、現在の日本の実力だろう。中田と中村が加わってどのように変わるのかな? 

 この2戦は勝ちに行って得点できず、カウンターで失点している。逆に、アウエーの方が圧倒的に押されて戦わざるをえないだろうから、じっと耐えに耐えて、少ないチャンスを生かした戦い方ができるから、希望はあるんじゃないかな。バーレーンにどんどん攻めてもらった方がいいような気がする。まあ、勝ち過ぎて自信過剰で行くよりも、憶病になって行くのがいいかもしれない。(日刊スポーツ評論家)

May 28, 2005 12:16 PM

2005年05月23日

中沢いてこそDFに安定感

<キリン杯:ペルー1−0日本>

 得点できなくて、ロスタイムにカウンターで失点してしまうのが、今の日本のサッカーだ。相変わらずFWに決定力がなく、チャンスを生かせない。頼みの綱のセットプレーもダメでは得点できる可能性は限りなく低い。これまでもこういう内容をツキも含め、紙一重の差で勝ってきたんだから、逆になっても驚くことはない。このチームは負ける要素が常にあることを忘れてはいけない。

 中沢のケガが気になる。いるのといないのでは、DF陣の安定感が全く違うね。光明は、右サイドで三浦淳が前向きにゴールを狙う意図を持っていいプレーをしていたのが救いだった。それでも相手守備陣を崩すところまではできていない。FWに関しては、どの組み合わせでも得点の可能性が低いことは分かっているので、次のUAE戦では大黒を先発で使って、90分間戦えるかどうかを試さなくてはダメだ。

 今後、海外組が加わったとしても、新鮮味があるわけではないし、いつものような固定されたメンバーで戦うしかない。ラッキーボーイが出てくれば良いが、出てこない場合は苦しい。これまでと同じハラハラドキドキのゲームは最後まで続く。(日刊スポーツ評論家)

May 23, 2005 11:38 AM

2005年05月09日

J12年、記憶に残るゴール数え切れない

<J1:G大阪3−1名古屋>

 1万ゴールの中には記憶に残っているものがたくさんあるよ。例えば、エドゥーのハーフライン近くからの豪快なロングシュート、レオナルドがリフティングしながらの美しいゴール、開幕戦でのジーコのハットトリック、中山の記録になった連続ハットの時とか、数え切れないな。

 記念ゴールを決めた前田は、Jが始まった時はまだサッカーボールを蹴っている少年だったんだろうな。サッカー選手を夢見ていたのだろうが、ピッチに立って、記念のゴールを決めるなんて思い出にはなるだろう。ただし、これで満足してもらいたくない。レギュラーを、日本代表を目指して成長してほしい。少年が選手になって活躍するぐらいの年月がたったということはJの歴史の積み重ねも感じる。選手の質や、日本サッカー界の底上げもできたということだ。

 ゴールといえば外国人選手の専売特許だった感もあるが、これからはJで得点王を獲得して海外のトップリーグで、世界のストライカーとして活躍してほしい。現在は、高原が孤軍奮闘しているけど、日本人ストライカーが各国で活躍する時代がきてこそ、日本のサッカーが世界と肩を並べることにつながる。(日刊スポーツ評論家)

May 9, 2005 12:12 PM