2006年11月13日

あれから2年3カ月、高松は変わった:押谷謙爾

 今回は堂々とした出発だった。大分のFW高松大樹(25)が日本代表に初選出された。12日朝に大分から東京経由で、札幌へ向かった。大分空港でGK西川を子分のように? 従えて旅立つ姿に、03年8月、不安いっぱいの顔だった21歳の高松を思い出した。

 翌年のアテネ五輪出場権をかけて戦っていたU-22(22歳以下)代表に初選出された。今では大分のエースの高松だが、意外にも日の丸はこの時が初めて。おまけに遠征先はエジプト。「知ってる人がだれもいないし、一緒に行ってくれませんか? エジプト用のコンセント持ってませんか?」。出発前の取材では心配事ばかりが口をつき、意気込みを語るどころではなかったと記憶している。

 当時は自他ともに認める人見知りで、寂しさを紛らわすためのDVDソフトをカバンに詰め込んでいた。だが、そこは同世代。エジプト第2の都市、アレキサンドリアまで30時間の移動や、酷暑での戦いですっかり仲間に溶け込んだ。今回A代表でも一緒のFW佐藤寿(当時仙台)にはふりかけを、ホテルで同室だったMF児玉(当時G大阪の)からは梅干しを分けてもらったと、笑顔で話していた。ヨルダン相手のデビュー戦では出場から1分でゴールするなど結果を残した。帰国後の顔には自信の色が浮かんでいた。

 翌04年夏はクラブ初の五輪戦士としてイタリア戦でゴール。存在感を示した。あれから2年3カ月。当時より筋力アップして体重は3キロ増。エースとして今季チーム最多の12点を挙げる。現在、札幌での代表合宿も好調な様子。2010年W杯南アフリカ大会に向け、今回は自信を持って踏み出したようだ。

November 13, 2006 05:39 PM 投稿者:押谷謙爾

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/7643

このリストは、次のエントリーを参照しています: あれから2年3カ月、高松は変わった:

» Propecia pill. from Lamina propecia.
Propecia. Propecia pill. Buy propecia. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月13日 08:22