2006年01月30日

『小野よ、キャプテン翼になれ!』

煙山光紀(ニッポン放送サッカーパーソナリティー)

 小野伸二選手が浦和レッズに帰ってきました。埼玉スタジアムで開かれた会見には、代表戦の時に匹敵する150人の報道陣がつめかけました。小野のプレーをまた、間近で楽しめるんだという喜びと期待感が、会場に華やいだ空気をかもしだしていました。

僕の中での小野伸二は、本人には迷惑でしょうが『もっとできるんじゃないか』と、いつも、さらに上を期待してしまう存在なんです。その原点となったのは、1998年4月の彼の日本代表デビュー戦、ソウルでの雨の中の日韓戦でした。途中出場でピッチに入るや否や、右サイドを駆け上がる中田英寿にノールック気味のミドルパスをスパ-ンと出したシーンは、今でも目に焼きついています。

 当時中田英といえば、キラーパスを出す司令塔というイメージが定着していただけに、そのヒデを走らせ、当たり前のようにパスを送る18歳のプレーに胸が踊りました。

 試合後は、高揚した素振りも見せず全くの自然体。群がる報道陣を引き連れて選手バスに向かって歩きながら『あっ、後ろ、車が来ますよ。危ないですよー』と、笑顔で気遣う大物ぶりにも感心し『プレーといい、人柄といい、こりゃ、劇画から飛び出した現実版のキャプテン翼になれるんじゃないか』と思ったものでした。当時彼につけたキャッチコピーは、<太陽のような輝き、ひまわりのような笑顔>。

 だから僕の中の小野伸二は<全体のバランスを取りながら気の利いたパスを配給し、チームにリズムとテンポを生み出すプレーヤー>ではなく<太陽のように力強くチームを引っ張り、ゲームを組み立て、味方に点を取らせ、自らもゴールをどんどん決めるプレーヤー>。そうでなければ、満足できなくなってしまったんです。小野伸二が出る試合、ホイッスルが鳴るたび、『プロの実況者にあるまじき、過剰な思い込み』といさめる冷静な声を打ち消して『さあ、今日こそ出るか!キャプテン翼!』(笑)と身を乗り出してしまいます。だから今季、浦和レッズでの小野伸二が、劇画のヒーローのようにプレーすることをどうしても期待してしまう。ほんとに楽しみだなあ。ニコニコしちゃうよなあ。頼むぜ、伸二!

January 30, 2006 09:41 AM