« サムソン実力は偽装じゃない/有馬記念 | メイン | 朝青龍「帰りたい」モンゴル年越し直訴 »

2007年12月24日

伏兵マツリダゴッホが快勝/有馬記念

<有馬記念>◇23日=中山◇G1◇芝2500メートル◇3歳上◇出走15頭(フサイチパンドラ出走取り消し)
 大番狂わせが待っていた。1番人気の天皇賞馬メイショウサムソンも、ダービーを制した歴史的牝馬ウオッカも敗れ、07年の頂点を極めた1頭は9番人気の伏兵マツリダゴッホ(牡4、国枝)だ。有力馬が後方でけん制し合う中、好位から抜け出してG1初制覇を達成。馬単、3連複、3連単でレース史上最高配当が飛び出した。ゴッホを管理する国枝栄師(52)は、今年のNHKマイルC(G1)でも重賞最高配当973万円の波乱を演出。「穴男」の本領で、有馬記念初Vも成し遂げた。

撮影:鹿野芳博
レイアウト:沢野建太
東京本社発行

投稿者 newspaper : 2007年12月24日 09:57