2006年09月23日

藤田さん、史上3人目はアナタでした:北村泰彦

 横浜戦に向けた練習を終えた名古屋MF藤田俊哉(34)から、何気なく尋ねられた。「この間ニッカンにさあ、(磐田の)中山さんがJ1で13年連続ゴールって書いてあったでしょ。あの記録って途中で(日本を)離れたりするとダメなのかな?」。言わんとすることは理解できた。が、念のため中山が今季初得点を決めた9月18日付の日刊スポーツを読み返してみた。13年連続は現J2横浜FCのFWカズ、元清水MF沢登に続く「3人目」のJ1タイ記録と書いてあった。

  大事な名前が抜けている。実は、藤田も8月27日のG大阪戦(瑞穂陸)で今季初得点となるPKを決め、磐田時代の94年から続く連続ゴールを13年に伸ばしている。03年後半にオランダ1部ユトレヒトに在籍したが、それはJ1連続ゴールを打ち消す材料ではない。「ま、これも記録と呼ぶのか難しいとこだけどね」。弊紙のミスをかばうかのように気づかってくれたが、偉大な記録ホルダーです。お詫びと訂正、そして敬意を込めて…。「3人目」は藤田。中山は「4人目」です。

 その13年連続となった今季初ゴールを決めるまで、20試合を要した。ずいぶん時間がかかった裏には、主に2つの理由がある。4月初旬に右ひざ内側じん帯を損傷した。「きついね、左足1本でやるのは」と言いながら出場を続けた。右足で蹴れば、激痛が走る状態。本来のプレーをできるはずがなかった。もう1つは戦術上、守備的な役割を任される機会が多くなったことだ。ゴールに遠い位置にいれば、当然得点チャンスも減る。ただ、そんな逆境を乗り越える過程にベテランの妙味が詰まっていた。

 右ひざを痛めていた時期。初夏の気候でも冬用の長いジャージーを履いて練習に臨んだ。ひざに巻いたテーピングを隠すためだった。故障を言い訳にしてたまるか-。プロ13年目のプライドを見るようだった。得点力を生かしづらいボランチで起用されたり、控えに回されても「若い時だったら反論してたかもしれない。でも今は違う。オレの力が必要になる時が必ず来る」と耐えた。先発に本格復帰してからチームは5勝2分け1敗。この数字が何より存在感を物語っている。

 G大阪戦でPKを決めた後、何度も振り下ろした拳には魂がこもっていた。あと3回、ガッツポーズを繰り返せば、今度はJ1史上「3人目」の通算100ゴールだ。10月4日で35歳。円熟味を増した藤田のプレーからますます目が離せなくなった。

September 23, 2006 12:27 PM 投稿者:北村泰彦