2007年10月30日

トムのサイエントロジー流子育てが話題に

 さまざまな奇行で世界を驚かせてきたスーパースター、トム・クルーズも、このところはすっかりメディアの喧騒(けんそう)から離れていましたが、昨年誕生したスリちゃんのサイエントロジー流子育てを巡って、久々にタブロイド誌のトップを飾っています。

 トムは新興宗教サイエントロジーの熱心な信者であることは有名ですが、スリちゃんは生まれながらにして徹底してサイエントロジストとして英才教育を受けているそうで、そのちょっと奇妙? な子育て方がメディアの注目を集めています。

 サイエントロジーでは、子供に「NO」つまり、「だめ!」とは言ってはいけないという教えがあるため、子供をしかったりすることは一切禁じられています。そのため、どんな時でも怒らずに、常に友人のように優しく論するように接しなければならないのだとか。「親は常に子供の良き友達であれ」という教えに従い、トムとケイティも、スリちゃんには寛大で、どんなことをしても全て許してしまっているといいます。例えば、夜寝るのをぐずった時は無理やり寝かせずに好きなだけ起こしておく。プールに行って嫌がって泣いた時はすぐに水から出す。食事の面でも嫌いな物は食べさせず、欲しがる物だけを与える…といった具合。

 トムとケイティ以外にも、スリちゃんの周りにいる2人の乳母もサイエントロジーの信者。そのため、大人は皆、常にスリちゃんが喜ぶように、何でも好きなようにさせており、まさに小さな女王様状態なのだとか。欲しい物がもらえないと、大声で泣きわめくなど、わがままぶりで周囲を困らせることもありますが、そんな時でも決して怒ることはしないそう。

 今やサイエントロジー信者となったケイティにとってスリちゃんは、小さなガールフレンドのような存在で、高級ブランドの洋服を着せて、仲良く出歩く様子が目撃されており、トムも良きパパとして時間のある限り、一緒に遊んでやっているようです。最近も、トムの新作映画の撮影地ベルリンをケイティと共に訪れ、親子水入らずで楽しい時間を過ごしたようです。ここでも、真夜中にレストランでスリちゃんを連れて食事する姿がパパラッチされており、トム流子育てが話題となっていました。

 現在1歳半のスリちゃんは、すっかりセレブとしての生活もすっかり板についてきた様子。ロサンゼルス・ギャラクシーの試合では、ベッカム夫妻の子供たちと一緒にVIP席から試合を観戦。ベルリン滞在中は動物園を貸切にするVIP待遇を受け、トムのプライベートジェットで世界中を両親と一緒に飛び回る。さらに、時にはトムやケイティの仕事のミーティングなどに同席することもあるといいます。

 今後は大きくなるにつれ、本格的にサイエントロジーの勉強を受けることになるスリちゃん。すでに、トムはサイエントロジスト以外の人とスリちゃんが関わることを極端に嫌っているといわれており、しっかりとトムの教えがたたき込まれていくことでしょう。

 ハリウッドでは、スターの子供たちは幼い頃からなんでも欲しい物を買い与えてもらい、我がままに育てられるケースが多い。最近では、飲酒と薬物を使用して高速道路を逆走して逮捕された二コール・リッチーもその一人で、あるインタビューで、「(養父のライオネル・リッチーは)子供の頃から何でも欲しい物は買い与えてくれた」と語っていました。その結果、10代からドラッグに手を出し、ヘロイン所持で逮捕されたことは有名です。

 トムの子供として常に世間の注目を集め、幼い頃から甘やかされて育ったスリちゃんは、果たしてどんな大人になるのでしょう…。

 (このコラムの更新は毎週火曜日です)

October 30, 2007 11:31 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/13945

このリストは、次のエントリーを参照しています: トムのサイエントロジー流子育てが話題に:

» トム・クルーズ 『新興宗教サイエントロジー』流子育てが話題に from セレブ画像の解説サイト セレブ画像に関心ある方へ
サイエントロジーでは、「親は常に子供の良き友達であれ」という教えにより、子供をしかったりすることは一切禁止しているという。 子供を一個の人格として尊重する... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月30日 17:20