虎番ブログ

2008年02月25日

育成枠・田中が野球漬け1日1000スイング:福岡吉央

 安芸キャンプで報道陣が選手を取材する安芸ドームの通路で、記者に混じって1人、ほかの選手のマシン打撃を黙々と見続けている選手がいる。阪神初の育成枠、田中慎太朗内野手(22=立正大)だ。

 昨年12月の入団会見では「僕は育成選手なので、勘違いしないようにしたい」と話していた。その姿勢は、1軍に帯同している今も変わっていない。先輩のバッティングを見るたびに「ぼくは一番ヘタな選手。どんなところでも、盗めるところは全て盗んでいきたい」と、とことん貪欲だ。

 夕食後の夜間練習でも、連日広沢打撃コーチの指導を仰ぎ、1日の合計スイング数は1000本近くに達している。部屋でも娯楽を極力排除。自ら野球漬けの厳しい環境に身を置き、支配下選手登録に向けて、常にアピールのチャンスをうかがっている。

 「大学時代は自分はしっかりしていると思っていたけど、プロの選手を見て、自分はまだまだ抜けていると思った」と、技術だけでなく、意識の面でもプロのレベルになろうと必死だ。「こないだもグラウンドで歩いていたらこけちゃいましたからね。そんなことのないようにしないと(ケガにつながる)」。

 宿舎では、ほかの選手とともにファンにサインを求められ、照れながらペンを走らせた。「ちょっとだけ(サインも)慣れました」。色紙に書き込まれた背番号は「120」。この数字が2ケタになる頃、田中はどんな選手に変わっているのだろうか。彼の成長ぶりが、阪神が今後も育成枠で選手獲得を続けていくかどうかの答えにもなるはずだ。

<お知らせ>
 「虎番ブログ」は下記のアドレスに移転いたしました。
 http://www5.nikkansports.com/baseball/toraban/top-toraban.html
 今後とも、よろしくお願い致します。


February 25, 2008 08:57 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/16005