虎番ブログ

2008年01月07日

楽しみだ“ね”8度目子年の甲子園:町田達彦

 あけましておめでとうございます。右のプロフィルにあるように、わたしが初めて阪神担当に就いたのが96年です。干支は今年と同じ子(ね)年でした。途中抜け(オリックス担当など)はありますが、まずは12年経って十二支が1周したという、新しい2周目のスタートを切るにあたり、感慨もひとしおです。

 リニューアル工事の進む本拠地甲子園は、大正13年、1924年の8月に完成しました。十干と十二支のそれぞれ最初となる「甲(きのえ)」と「子」がめぐり合う縁起のいい年ということで、そのまま名前になったのは有名ですね。

 その完成から85年目、十二支がぐるり7周して8度目の子年を迎えたマンモス球場。オフの間に内野外壁を覆っていた工事用のフェンスも徐々に取り外され、壮大なその姿がじわじわあらわになってきています。

 岡田監督は年末年始の恒例ハワイ旅行で「これまでより打者有利になる」と分析していましたが、観客席がグラウンド側にせり出す影響が阪神の、そしてセ・リーグの野球をどう変えるのか。今は即答できません。「エーット」考えておきます。

January 7, 2008 08:01 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/15167