虎番ブログ

2007年12月31日

林、自信をつけた「躍」の1年:酒井俊作

 つい先日、大阪・北新地のバーで、知人から尋ねられた。「今年1年、キミにとっての漢字1字で表すと何?」。年の瀬を迎え、07年を回顧する。世相を示す字は食品偽装多発に象徴される『偽』だった。身辺で変化がなかった我が身を振り返ると『留』(とどまる)といったところか。シーズン終盤、逆転首位に立ちながら失速したタイガースは…。激動、そして波乱に満ちた07年が終わる。

 今年も、野手を中心に取材した。台頭した林威助の連載「威風一撃」を担当させてもらったのは記者冥利に尽きる。いまでも忘れられない言葉がある。7月上旬、岡山駅のプラットホーム。前夜3日はヤクルト戦で石井一から本塁打を放つなど大暴れした。連日スタメンに名を連ねるのは初体験。ねぎらうつもりで「カラダ休めればな。疲れもあるだろうし…」と聞いたときだ。普段は温厚で軽妙なジョークも飛ばす林が、珍しく語気を荒げて言った。

 「休めないやろ。疲れがあったら休めばええの? 休めるわけないやんか。やるしかないんやから…」。あれほど感情をあらわにしたのは、たった1度だけだった。立ち止まってしまえば、レギュラーを手放すリスクをはらむ。わずかなスキも見せまいとする強い意思が言外から漂っていた。

 5月の試合で帰塁の際、右肩を負傷。以来、痛み止めの注射を打ちながら、試合に強行出場。プロ入り前からの古傷である右ひざを保護するため、テーピング固定してプレーしたこともあった。1度は離脱したが夢中で1年を駆け抜けた。

 林にとっての07年は『耐』だろうか。いや、そうではないと思う。歯を食いしばり耐えたから、いまがある。自信をつけた『躍』の1年だった。「向こうで頑張ってくるわ」。そう言って機上の人となった。12月14日、苦慮の末に米国で右肩の手術を受けた。年越しは母国台湾で過ごす。復帰まで、しばしの時間がかかる。08年は、さらに縁起良き1字を描けることを祈りつつ、ひとまず今年最後の筆をおく。

December 31, 2007 03:00 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/15112

このリストは、次のエントリーを参照しています: 林、自信をつけた「躍」の1年:

» 野球・強打者への道標・スイングタイム from         打撃連勝、球速タイム
野球が始められてから百数十年を経てもなお、今以て誰一人として正確な答えがだせない・・・ タイミングを合わせてバットを始動・スイングし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月05日 17:44