虎番ブログ

2007年10月29日

心ある2人の未来に期待:今井貴久

 11月から阪神担当を離れることとなり、小嶋と坂が送別会を開いてくれた。15歳年下の両選手と握手する。小嶋は柔らかく、坂は力強く握り返してきた。

 小嶋は申し訳なさそうだった。約1年前、自主トレでの投球から目を奪われた。切れのある直球とスライダーの変化の鋭さに、大物の片りんを感じた。必ずやる。だが開幕ローテーション入りしながらも、2勝止まり。「すみません」。期待を寄せた私に、小さくつぶやいた。

 坂はプロ初本塁打を放つなど、潜在能力を見せた。人なつっこい表情は野球の話になると一変する。私が来季期待する数字を提示すると「1年間ずっと、1軍にいないとダメですね」と答えた。毎日が勝負だったに違いない。だが来季はさらに大きな勝負をかけるという、強い意志を感じた。

 小嶋は雪辱を、坂は飛躍を誓った。何も誓えない私だが、1つだけ確信している。たった1年の短いつきあいでも、送り出してくれた「心」が2人にはある。野球にあぐらをかき、立場だけで人を判断する者なら、一流でもメジャーでも尊敬はできない。心ある2人の未来に期待する。

October 29, 2007 04:43 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/13933