虎番ブログ

2007年10月16日

最後まで声枯らした虎党の熱さ:町田達彦

 直前まで盛り上がった分、クライマックスシリーズは拍子抜けというか何というか、見せ場無く終わってしまった。先発が初回に崩れて、攻撃陣は相手先発に牛耳られる。あっという間に2試合が過ぎていった。

 正直、見ていてつまらなかったというファンは多いだろう。テレビを消した方、翌日のスポーツ新聞を買わなかった方(なるべく買ってくださいね)いろいろおられるはずだ。ファンにもそれぞれ。ナゴヤドームで取材していた身として、敵地のスタンドの約4割を埋めた阪神ファンのパワーはちょっと類が無かったと、実は少し感心している。

 満員の甲子園なら分かる。阪神が優勢なら、もっと分かる。あの局面、状況で「絶対勝つぞ!」の連呼。定番のヤジやば声を、完ぺきにかき消していた。やけくそなのか、あきめない気持ちなのか、この際理由はどうでもいい。最後まで声を枯らしたあのファンの熱い思い…きっと選手は来年こたえてくれるだろう。でなければ、2年分のば声を浴びるしかない。

October 16, 2007 12:00 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/12757

このリストは、次のエントリーを参照しています: 最後まで声枯らした虎党の熱さ:

» 2007年度九州地区社会人野球ドラフト候補(2007/10) from B,R,R & K BLOG(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオ、ラグビーetcのファン)
<2007年度九州地区社会人野球ドラフト候補> 【投手】 原田 貴弘   (JR九州)       26歳 175cm77kg 右投右打 小林... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月20日 01:01