虎番ブログ

2007年10月08日

短い指に中西投手コーチが…:今井貴久

 プロ野球選手の素材はどこにあるか分からない。阪神中西投手コーチにボールの握り方について取材したときだった。握る手を見て「お前の指、堀内さんみたいだな」と人差し指を触られる。中指と並べても関節ひとつ分ほど短い。大学時代まで野球部に所属していた私も、自覚はしていた。

 内野手だった大学時代、普通に投げればスライダー回転してしまった。受ける野手からは嫌がられ、少しでも良くしようとシュートを投げるかのようにひじをひねった。自分の短い人差し指を恨む余裕などない。レギュラーになるために、必死にひじを折り曲げた。引退して10数年、引け目がプロの目に届くとは思わなかった。

 V9の巨人時代にエースだった堀内氏も人差し指が短かったことで、得意のカーブを投げられるようになったと伝え聞く。私は投手などできるはずがないと思っていた。そして野球に携わる仕事に就かせてもらった。人生は分からない。もしかしたら不得意と思うことは、環境で得意になるのかもしれない。

October 8, 2007 11:11 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/12661