虎番ブログ

2007年10月01日

鳥谷、また新たな「歴史」作ればいい:酒井俊作

 記者席から眺める甲子園球場は涙雨に濡れていた。それは、あまりにも切なさを感じさせる光景だった。9月29日、リニューアル前の甲子園最終戦。鳥谷の連続フルイニング出場が、398試合で途切れた日。セレモニーを終え、三塁側のファンにサインボールを投げ入れる鳥谷の姿が映る。

 上からは投げない。5球をすべて下から投げ入れたが、1回だけフェンスに阻まれてしまった。何度投げてもグラウンドへと跳ね返る。1度、2度、3度…。9月25日の横浜戦で食らった死球の代償は、あまりにも大きかった。右わき腹周辺の激痛は癒えずに、あっけなく幕切れ。とはいえ、遊撃手として歴代1位の記録は高く評価されていい。

 強いハートがプレーの源だった。シーズンの序盤。ある打撃投手が、こんなことを言っていた。「アイツね、意識が完全に前を向いているんだよ。若い選手だと普通、後ろに監督がいたら『見てるかな』という感じで意識するんだけど、まったく気にしない。自分はこうするんだという強い意志があるからだろうね」。

 フリー打撃での集中力。頑固一徹な姿勢が、これまでグラウンドに立たせてきた。まずは右わき腹の回復を最優先させる。クライマックスシリーズが「ぶっつけ本番」になる可能性もある。まだ26歳。また、新たな「歴史」を作ればいい。

October 1, 2007 11:36 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/12623

このリストは、次のエントリーを参照しています: 鳥谷、また新たな「歴史」作ればいい:

» 高校生ドラフト会議、主な指名漏れ選手 from B,R,R & K BLOG(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオetcのファン)
≪プロ野球ドラフト会議2007(高校生)・主な指名漏れ選手≫ ■プロ志望届提出者 投手 :西村 優希  (遠軽高)      186cm 77kg... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月05日 20:40