虎番ブログ

2007年09月24日

日焼けした吉野の両腕は努力の証:佐井陽介

 炎天下の鳴尾浜で奮闘した証は、両腕に刻まれていた。シーズンもいよいよ大詰め。今年は若虎のブレークが目立ったが、その裏には鳴尾浜で朝から練習に励むベテランの姿がある。猛暑が続く8月下旬。2軍で調整を続ける吉野誠投手からパワーをもらった。

 この頃、色白の人がうらやましくて仕方がなかった。汚く黒光りした自分の肌と見比べて、うっとり見惚れてしまう。6月に阪神担当となり、はや3カ月。鳴尾浜で日焼けに勤しんだ甲斐あって? 顔と両腕が真っ黒に焦げついてしまった。別に美白に興味がある訳ではないが、ここまで黒くなると健康にも悪い気がする。

 あっという間に秋がやって来るし、これ以上は焼けられない。美白の秘訣を探るべく、爽やかな白い肌の持ち主・吉野投手を直撃した。「日焼けしない吉野さんがうらやましいっす」。吉野投手はすぐさま反応した。「いや、実は今、人生最大に日焼けしてる。しかも進行形で焼けて続けてるし」。爽やかな笑顔で反論された。

 でも、目の前にある吉野の両腕は、間違いなく白い。疑いの目でマジマジと両腕を見つめていると、吉野はTシャツの袖をめくり上げた。「ほらね」。顔を出した二の腕は、さらに真っ白だ。Tシャツ袖の上と下では、明らかに肌の色が違っていた。

 00年から貴重な中継ぎ左腕として猛虎を支えてきた吉野だが、今季は6月9日に1軍登録を抹消されて以来、2軍暮らしが続いている。それでも腐らず、炎天下の鳴尾浜で汗を流し続けている。「焼け具合は今年がピークだね。外食に出かけても店員さんに『白~い』って日焼け跡を笑われるし」。最後まで笑顔を絶やさない吉野。両腕に刻まれた努力の証を目にして、自分ももっと太陽の下で走り回らねば、と反省させられた。

September 24, 2007 11:16 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/12560