虎番ブログ

2007年08月27日

無失策記録支えた細心のグラブ管理:酒井俊作

 二塁方向へのゴロには、いつも安心感を抱く。関本の堅実な守備。二塁手としての連続守備機会無失策のセ・リーグ記録保持者なのだが、8月23日のヤクルト戦でついに「804」で途切れた。7回にガイエルの一、二塁間へのゴロをダイビングで好捕。しかし、一塁への送球がそれて、05年5月3日広島戦以来の失策を犯してしまった。だが大敗した試合後のコメントは、すがすがしく潔かった。

 「集中してやったし、全力でやった結果だから悔いはないです。また自分の記録に挑戦したい」

 地味な大記録の背後にはグラブへの細心の管理があった。遠征での移動。選手は大きなキャリーバッグに生活に必要なものを詰め、専用トラックで輸送する。そのなかには、バットやグラブも含まれる。関本は大切な「商売道具」を専用ケースに入れて運んでいる。形崩れを防ぐための配慮。それだけではない。ときには、なかに除湿剤を入れる念の入れようだ。スラッガー社の担当者は説明する。

 「輸送する車のなかは石油(の蒸気)もすごいですからね。グラウンドで汗をかくこともありますし。大切に使ってくれるのは、うれしいことですよね」

 グラブが蒸気を吸えば、その分だけ重くなる-。感覚も変わる-。とてつもなく細かい部分へのこだわりに、一流の凄みを感じた。関本のほかには鳥谷や藤本らも同じケースを使う。阪神の内野手が用いるグラブには愛情がたっぷり詰まっている。

August 27, 2007 09:40 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/12304