虎番ブログ

2007年06月04日

虎ベストファーザー賞は久保田?:吉富康雄

 日本ハム戦を終えて仙台に移動するチームを見送った札幌新千歳空港。出発ロビーでひと息つきながらレッドソックス-ヤンキース戦の中継を見ていると、NHKのアナウンサーがサラリと言っていた。

 「レッドソックスの投手コーチですが、娘さんの高校の卒業式でお休みらしいですね。今日はマイナーのコーチが代役です」。

 日本に来る外国人選手も夫人の出産などで帰国することは多い。お国柄、文化の違いは理解しているつもりだ。しかし、そんな理由で『伝統の一戦』を休めるとは、まだまだアメリカを甘く見ていた。

 「ウチのベストファーザー賞は久保田でしょう」と牧田球団社長が最近、冗談めかして言っていたのを思い出した。昨年、ベビーカーから落ちそうになった愛娘を助けようとした際に、右手甲を骨折するアクシデントがあったからだ。もちろん当時は深刻で久保田は「チームに迷惑をかけてしまって申し訳ない」と頭を下げていた。しかし、その借りを返そうとする今季のフル回転ぶりを見ると、納得。冗談抜きで、ベストファーザーの資格あり、だと思う。

June 4, 2007 05:34 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkansports.com/mt/mt-tb.cgi/11359