虎番ブログ

2006年10月30日

記憶に残る強烈な新庄の記憶:酒井俊作

 記録より記憶に残るスターが球界から去った。日本一を決めて引退。何となく予感すらできる、新庄らしいフィナーレだったとは言い過ぎか。中学2年のときに初めて見た新庄の姿は、私にとって強烈だった。広島戦のピンチをダイビングキャッチで防ぎ、その直後に大野からサヨナラ弾…。劇的過ぎる結末に、数十年前に味わった言い知れない興奮は今でも覚えている。

 「新庄」を時間軸に、誰もが何となく思い出を持っている。それとも持たされるほど、強烈なキャラクターなのか。入れ替わりで阪神に入団した赤星もそうだ。こんな裏話を聞いたことがある。「入団会見のときにね『新庄さんの穴を少しでも埋められるよう頑張ります』って言おうと前もって準備してたんだよ。緊張したのか、かんじゃって。ヤバイと思ったときには『新庄さんの穴を埋められるよう…』って言ってしまって。あれでビッグマウスと言われちゃったからね」。

 当時、私は大学4年生だった。「すごく思い切ったこと言うなあ」なんて感じていたものだ。そして、どうしたことか、巡り巡って取材する立場にいる。先輩記者から武勇伝を聞くことはあっても、新庄選手を取材したことは1度もない。それでも、日本シリーズで森本と涙している姿を見たときは、感傷的にさせられた。何だろう、この感覚。少しばかり月日が流れたのは確かだ。

October 30, 2006 08:49 PM | トラックバック (4)

2006年10月24日

MVP投票、阪神の逆転Vだったら…:浜田 司

 セ・リーグMVPの投票で、優勝に敬意を表して中日勢3人の名前を書いた(3人まで投票できるシステムのため)。福留、ウッズ、川上、岩瀬…。3人に絞るのが大変だったが、もし阪神の逆転Vだったら…。その時は、逆の意味で迷ったと思う。

 今年の虎から、絶対に○○! という名前を想像できない。周辺の記者に聞くと「やっぱり球児(藤川)」という声が多かった。右肩の異変で8月中旬に離脱したものの、その活躍は今年も素晴らしかった。確かに、私も3人の中には入れたと思う。ただ、1人と言われれば、福原を選ぶつもりだった。
 福原の今季の働きについては、言わずもがなで省略。独特のカーブについて、面白い話を聞いたことがある。リリースのイメージは「馬場チョップ」。手首をひねらないコツを「高校時代に覚えた」という。低めの制球を徹底して、今季は決め球にも多用した。馬場チョップで「KO」した打者は、数え切れない。
 関係者によれば、本人はエースと呼ばれたくないらしい。ゆったりとしたテンポの語り口同様、2、3番手でのんびりしていたいタイプとか。性格的なものは変えがたいが、生え抜き最年長投手でもある。下柳みたいに、野手に声を荒らげてもいい。個人的には、今季以上の数字と存在感を来季に求めたい。人事異動で、これが最後の虎番ブログ。「馬場チョップ」の福原をMVPに指名して、締めくくりたい。

October 24, 2006 03:30 PM | トラックバック (3)

2006年10月16日

オレ竜苦しめた、猛虎に拍手:片山善弘

 セのペナントレースが終わった。藤川の涙、井川の涙。そしてフィナーレは中日落合監督の涙。それぞれに魂を揺さぶられた。特に試合中の敵将の涙腺の緩みっぷりには驚かされた。

 「順調に戦ってきたんですが阪神の追い込みというのは…」。優勝インタビューで、その理由が明かされた。この言葉をテレビで聴いたタイガース関係者は一様に、V逸の「悔しさ」「むなしさ」から、少しは逃れられたようだった。

 「相当のプレッシャーをかけるところまで追い詰めたんだ、我々は間違ってなかったと思った」と久保投手コーチ。宮崎オーナーは「甲斐があったというか、腹の底ではタイガースの力を評価してくれたのかなと…。落合監督の人柄を見直した気がする」と語った。

 V逸の翌日、記者は朝駆けスタートだった。カー・ラジオでは早朝から「落合を泣かしたった!」との虎党の声が紹介されていた。『泣かしたった』とまでは思わぬが、涙が出るほど、互いに死力を尽くしたのは間違いない。来季に向けストーブ・リーグも本格化。でも、この日ばかりは、すがすがしい気分で虎ナインを追いかけた。限りなく優勝に近づいた敗者。『ようやった!』。心の中でだけ拍手して。

October 16, 2006 03:53 PM | トラックバック (4)

2006年10月09日

オレ竜野球に、岡田監督「イライラ」:吉富康雄

 脅威の追い上げを見せながらも、ついに崖っぷちに立たされたタイガース。ここまでやったのだ。中日が逃げ切れば敵も立派だったと思うしかないのだが、素直に祝福しようという気持ちが沸いてこない。

 9月30日の甲子園。7-1と中日6点リードで迎えた9回裏。落合監督は1死一塁となるとゆっくりとベンチを出て投手を鈴木から小林に代えた。さらに2死になると岡本へ。慎重と言うには度が過ぎる小刻み継投で、球場全体がしらけ切った。

 阪神戦だけではなく、続く広島戦でも8点リードの9回に同様の継投策を敢行していた。もちろん落合監督がルール違反をしているわけじゃない。リリーフ投手の調整もあるだろう。しかし相手ベンチ、そしてお客さんにとっては何とも間延びするインターバルとなった感は否めない。

 岡田監督は「別にイライラもしてへんわ」と話す(ちょっとぶっきらぼうに)。ただ球団関係者は「メジャーでああいうことをやったら大変やろうな」とも。落合監督にすれば次の試合も見据えて完膚なきまでに…といったところかもしれないが、やり過ぎは野球そのものを不快にしてしまう。来季こそは、もっとすっきり、正々堂々の戦いが見たい。

October 9, 2006 04:44 PM | トラックバック (8)

2006年10月02日

岡田阪神、初の月間17勝:町田達彦

 いやあ、勝った勝った。猛反撃の9月は17勝4敗! 月間17勝は岡田阪神では初で、振り返ると03年5月に18勝して以来となる。シーズンも煮詰まった時期に、それも首位にかなり離されてからのチャージは、ちょっと記憶にない。

 見渡すと球界では、いろんなことが起きていた。ベテラン桑田や中心投手金村のゴタゴタとか。むか~しなら、優勝争いが過熱している最中に蚊帳の外の阪神で起きていたような騒動に、懐かしような寂しいような気分になった。

 で、そんなことは構っちゃいられないと快進撃の金本選手にぶら下がる。「ネタがないのか。何が欲しい」。よだれを垂らさんばかりの記者を見て、こう続けた。「球団批判か、首脳陣批判か、ワハハハ」。新喜劇ばりにずっこけた。

 むか~しなら、謹んでお聞きして真面目に書かしていただいたことでしょう。こんなジョークがブラックではなく、ゲラゲラ笑えるバカ話になるのも、チームにたっぷり貯金があるからだろう。♪ジョーク考えよう~お金は大事だよ~と今回もダジャレ締め。

October 2, 2006 01:43 PM | トラックバック (3)