虎番ブログ

2007年10月29日

心ある2人の未来に期待:今井貴久

 11月から阪神担当を離れることとなり、小嶋と坂が送別会を開いてくれた。15歳年下の両選手と握手する。小嶋は柔らかく、坂は力強く握り返してきた。

続きを読む >>

October 29, 2007 04:43 PM | トラックバック (0)

2007年10月08日

短い指に中西投手コーチが…:今井貴久

 プロ野球選手の素材はどこにあるか分からない。阪神中西投手コーチにボールの握り方について取材したときだった。握る手を見て「お前の指、堀内さんみたいだな」と人差し指を触られる。中指と並べても関節ひとつ分ほど短い。大学時代まで野球部に所属していた私も、自覚はしていた。

続きを読む >>

October 8, 2007 11:11 PM | トラックバック (0)

2007年09月03日

上園のアドレナリンが球種変えた?:今井貴久

 上園はフォークを投げ、仁志はスライダーを打った。7月1日の横浜戦で2勝目を挙げた上園は、3回の2打席目に仁志に中前打を浴びている。不思議なのは両者の言い分の違いだった。仁志は「スライダーだと思った」と振り返り、上園は「フォークです」という。映像を見直すと握りはフォーク。だが変化は外角へのスライダーだった。

続きを読む >>

September 3, 2007 05:49 PM | トラックバック (0)

2007年07月30日

下柳がアルプス席の珍客発見:今井貴久

 魔物ではない。甲子園球場の一塁側アルプス席に現れたのは、イタチだった。試合前練習中に階段でトレーニングをしていた下柳が発見。黄金色の体を素早く切り返し、イスの間をすり抜けて逃げていった。

続きを読む >>

July 30, 2007 07:38 PM | トラックバック (0)

2007年07月02日

ボーグルソンが小声で「ありがと」:今井貴久

 新しい環境でスタイルを貫く。現在、右肩腱板(けんばん)炎で2軍調整中のボーグルソンは開幕してから、登板直後以外、報道陣の質問を受け付けなかった。「アメリカでもずっと、こうしてきたから」が理由。調整中でも集中力を切らせたくなかったのだろう。

続きを読む >>

July 2, 2007 04:34 PM | トラックバック (3)

2007年05月21日

高橋勇の短髪「十分、格好いい」:今井貴久

 持っているものを、あえて捨てる。多くの若者にとって、オシャレは大切な感覚であるはずだろう。だが甘いマスクを持つ20歳の阪神高橋勇は、その髪を短く切った。

続きを読む >>

May 21, 2007 03:32 PM | トラックバック (0)

2007年04月23日

小嶋は逃げなかった:今井貴久

 阪神の希望枠ルーキー、小嶋は公約を守った。シーズン前、「どんなに打たれた後でも取材に応じる」と報道陣と約束。巨人相手に3回3失点でKOされた22日の試合後も、申し訳なさそうな表情をしながら、質問にていねいに答えた。

続きを読む >>

April 23, 2007 03:29 PM | トラックバック (0)

2007年03月19日

太陽とキャッチボール:今井貴久

 太陽とキャッチボールをした。春季キャンプ打ち上げ翌日の3月2日。休日返上で鳴尾浜球場に姿を見せ、剛球を受けるチャンスが訪れた。大学時代に硬式野球部に所属していたという空虚な自信だけで、グラブを左手に付けた。

続きを読む >>

March 19, 2007 07:44 PM | トラックバック (0)

2007年02月19日

暖かな沖縄キャンプに体が異常反応:今井貴久

 初の沖縄キャンプで肌から洗礼を受けた。これまで鹿児島、宮崎、高知などでの取材経験はあったが、阪神の宜野座キャンプで強い日差しに体が異常反応した。6日からの第2クールは連日気温20度中盤で、暑さのあまり半そで。数日後、手の甲は黒く、時計の下は白いまま。リストは皮がむけ赤くなってしまった。

続きを読む >>

February 19, 2007 03:50 PM | トラックバック (0)

2007年01月23日

井川、自分の1秒先を支配:今井貴久

 ヤンキース井川慶投手(27=阪神)のグラウンド外の行動に目を見張る。7、8時間の自主トレを行っている中、激励会出席や母校訪問の映像を良く見る。ニューヨークでの入団会見を終え帰国した直後でも、深夜のスポーツ番組に出演していたのには、頭が下がる思いがした。

続きを読む >>

January 23, 2007 10:55 AM | トラックバック (0)

2006年12月11日

“あくび騒動”謝罪の関本に名刺:今井貴久

 東京から派遣となり1カ月半がたつ。大阪本社の100枚入りの名刺入れは底を突きそうで、渡した数だけ受け止めてくれる側の人柄に触れることができる。

 契約更改交渉での“あくび騒動”を謝罪したばかりの阪神関本が、トークショー後に取材に対応してくれ、名刺を手渡した。

続きを読む >>

December 11, 2006 04:10 PM | トラックバック (0)