虎番ブログ

2006年10月24日

MVP投票、阪神の逆転Vだったら…:浜田 司

 セ・リーグMVPの投票で、優勝に敬意を表して中日勢3人の名前を書いた(3人まで投票できるシステムのため)。福留、ウッズ、川上、岩瀬…。3人に絞るのが大変だったが、もし阪神の逆転Vだったら…。その時は、逆の意味で迷ったと思う。

続きを読む >>

October 24, 2006 03:30 PM | トラックバック (3)

2006年09月19日

2位ほど残酷な順位はない:浜田 司

 前回のブログで「意地というより、存在を見せてほしい」と綴った。阪神が8月中旬のナゴヤドームで3タテを食らい、8・5ゲーム差まで広げられた直後のことだ。優勝がどうというより、このまま終わってほしくない-。そんな気持ちをぶつけた。チームはその後、最大の9差から4差まで縮める。いまなお竜は前を走っているが、逆襲劇に前年覇者の「存在」を感じることができた。正直なところ、もう2位でも…と思い始めていた。

続きを読む >>

September 19, 2006 12:35 PM | トラックバック (4)

2006年08月14日

残る中日戦「存在」見せつけて!:浜田 司

 大学時代、柔道の五輪金メダリスト古賀稔彦さんの講演を聞いた。「今の若者は、簡単に自分を諦めてしまう。自分で自分の限界を作ることほど愚かなことはない。君たちには可能性がある」といった内容だったと思う。元来が影響されやすい性質。何を思ったか、この業界を目指し、いつのまにか潜り込んで10年以上がたつ。

続きを読む >>

August 14, 2006 07:54 PM | トラックバック (4)

2006年07月10日

球速い藤川も流行に乗るのは…:浜田 司

 「虎の無失点男」の微笑ましい一面を見た。最近、藤川がハマっているのは韓流ドラマ「冬のソナタ」。秋田遠征に向かう空港ロビーで「ユジンですわ、ユジン」とチェ・ジウ演じるヒロインの名前を連呼してきた。

続きを読む >>

July 10, 2006 07:33 PM | トラックバック (5)

2006年06月05日

HDとかけてFKと解く。その心は?:浜田 司

 村上氏の会見によって、昨年9月からの騒動が終焉(えん)を迎えようとしている。球団株の上場提案などでタイガースにも飛び火。スポーツ新聞とて見過ごせない事態になり、我々も右往左往してきた。

続きを読む >>

June 5, 2006 04:26 PM | トラックバック (3)

2006年05月01日

封印解けた強気な「球児節」:浜田 司

 5月といえば…。ゴールデンウイーク? 鯉のぼり? 五月病? 発想が貧困なので、これ以上出てこない。世間は9連休だ、海外旅行だと騒いでいるのに、当方は貧乏ひまなし。頭の回転も悪くなる一方だ。

続きを読む >>

May 1, 2006 03:09 PM | トラックバック (4)

2006年03月20日

WBC阪神トリオの幸運を:浜田 司

 2月20日から、はや1カ月。虎番をいったん離れて、WBC日本代表の阪神勢3人を取材している。「藤川と久保田の2人やろ」って? いやいや、もう1人いるんです。通の虎党なら紙面やサイトを通じて、ご存知のとおり。球団の桧作トレーナーが帯同中だ。

続きを読む >>

March 20, 2006 06:11 PM | トラックバック (3)

2006年01月16日

始動できない…ダイエット:浜田 司

 12球団、自主トレ花盛り。連覇を目指す虎ナインも各地で汗を流している。定位置を狙う顔、1軍入りに必死な顔…。それでもシーズン中に比べると、どこかほのぼのとしている。

 若手が集う鳴尾浜で、猿木チーフトレーナーとの雑談に花が咲いた。「いろいろあったなあ。昔、掛布がスキーやっとったのを思い出すわ。新聞の写真は温泉に入ってるのが大きくて、そのために行ったんかと笑ったもんや」。

続きを読む >>

January 16, 2006 09:15 PM | トラックバック (1)

2005年12月12日

酷寒の鳴尾浜で大橋“超人”:浜田 司

 嫌がらせのように寒い…。文句のひとつも言いたくなる。松井キャップと後輩の酒井記者は常夏のハワイV旅行に同行中。かたや私は鳴尾浜にいた。時に突風が吹き、日中でも気温10度に満たない虎の穴。あっちのビーチの水着美女を思い浮かべると、こっちは悲しくなる。

 そんな鳴尾浜にも肌を露出させた輩がいた。あり得ない寒さの中、見事に半袖半ズボンだった。気が狂ったんか? 大橋くん。子供は風の子っていうけど、もう19歳のはず。

続きを読む >>

December 12, 2005 09:08 PM | トラックバック (2)

2005年10月18日

ロッテの特ダネ…スペ砲が否定:浜田 司

 ロッテといえば…。ソフトバンクに比べて馴染みの薄いチームが阪神の相手になり、身近な人にささやかなアンケート調査を実施した。一番多かったのはサブマリン渡辺俊。次にバレンタイン監督だった。あとは西岡、今江らの名前が挙がったが、少数。今季Aクラスを走り、熱いプレーオフを見せたわりには名前が売れていない。

続きを読む >>

October 18, 2005 08:38 PM | トラックバック (7)

2005年10月04日

優勝の余韻に浸るはずが…:浜田 司

 余韻に浸ろうと思ったのが間違いだった。優勝を決めた9・29以来となる甲子園でのゲーム。祝賀ムードを、おかわりしようと球場に出向いたが、それどころじゃない関係者を前に恐縮してしまった。

続きを読む >>

October 4, 2005 08:28 PM | トラックバック (2)

2005年09月21日

シーツ呼び止め…「ハウ(HOW)、ハウ」:浜田 司

 久しぶりに焦った。登録抹消中のシーツが、ブルペンでのマル秘トレーニングを終え、1人で歩いてくるではないか。何をしていたのか、聞きたい。でも英語は苦手。意を決して「アンディ」と呼びかけたまではいいが、慌ててしまって「ハウ(HOW)、ハウ」と言ったきり言葉続かない。

続きを読む >>

September 21, 2005 08:15 PM | トラックバック (1)

2005年09月19日

阪神久保投手コーチが…「党首コーチ」?:浜田 司

 関西に移り住んで11年目になる。それなりに鍛えてきたつもりだが、まだまだボケもツッコミも三流のようだ。今日は、久保投手コーチに置いていかれた。

続きを読む >>

September 19, 2005 04:39 PM | トラックバック (5)

2005年09月07日

番記者浜ちゃんのストレス解消は…「そら太るわ」:浜田 司

 トラ番になってから、食べることでストレス解消している。遠征先の名産を食すのはもちろん、ホームゲームになると1日4食イッてしまうこともある。一般的な時間帯に朝&昼食をかきこみ、さらにナイターの前と後…。岡田監督の口ぐせ「そら」をプラスして、「そら太るわ」と周囲から猛省を促される日々だ。

続きを読む >>

September 7, 2005 05:24 PM | トラックバック (0)

2005年08月28日

幼稚園児のレフト争いが白熱!?その訳は…:浜田 司

 今、レフトが熱い。まさか、そこまでとは思わなかった。先日、5歳の長男が公園で「野球デビュー」を果たした。残念ながら“歴史的瞬間”には立ち会えず、人づてに聞いた話。幼稚園の友達が集まってプレーボール…したかと思ったら、いきなりケンカが始まったという。

続きを読む >>

August 28, 2005 05:15 PM | トラックバック (3)

2005年08月23日

広島でホリエモンの知名度大したモン…福原は知らないモン:浜田 司

 「昔、広島でホリエっていえば、大洋にいた堀江でしたけどねえ」。タクシーの運転手がシミジミと話した。地元広陵出身のプロ野球選手より、今や後ろに「モン」がついた若社長の方が有名だ。

続きを読む >>

August 23, 2005 08:20 PM | トラックバック (0)

2005年08月20日

阪神が驚異的なスピードで12球団トップ?:浜田 司

 前日19日、阪神が驚異的なスピードで12球団のトップに立った。「派手に負けたのに、なんでやねん」と首をかしげたアナタに、ヒント。今季は交流戦で1試合の雨天中止があっただけ。それも予備日で消化。ここまで予定どおりのゲーム数をこなしてきた。

続きを読む >>

August 20, 2005 07:50 PM | トラックバック (1)

2005年08月16日

前近鉄選手からの暑中見舞い:浜田 司

 先日、前近鉄選手から暑中見舞いが届いた。新規参入の楽天で活躍する彼は、2歳の娘さんと笑顔で写真に収まっていた。ただ今季成績はイマイチ。表情も少し寂しげに見えた。

続きを読む >>

August 16, 2005 08:01 PM | トラックバック (1)

2005年08月03日

161キロ、ヤバっ!これじゃ虎戦士も調子くるぅん!?:浜田 司

 球場を入りをいつもより早めて、ウワサの「161キロ体感マシーン」に挑戦してきた。日本記録保持者クルーンを売りにする横浜が、同スタジアム内に設置したアレだ。

続きを読む >>

August 3, 2005 08:05 PM | トラックバック (0)

2005年07月29日

虎の発明家・ドクター遠山のあやしいムチ:浜田 司

 「そうじゃないよ!」。大声の先に、刺激的な光景があった。所は鳴尾浜のブルペン。遠山2軍投手コーチが、なぜか釣り竿を手にしている。しかも竿先から、新体操のリボンみたいに細長いロープを垂らして。マウンド上には3年目の左腕田村。これぞ本当の愛のムチ? 見てたらマズイのかと思ったら、今度は自らの体に巻きつけ始めた??

続きを読む >>

July 29, 2005 07:35 PM | トラックバック (0)